最速な通信回線に対応する法人向けポケットWiFiサービスの選び方や特徴を解説!

 

法人契約するWiFiの前提条件として、データが大容量であることが挙げられます。

WiFiがあれば、一定額の料金で大容量のデータ通信を利用できるため、法人向けWiFiを活用する企業の数は多いです。

WiFiを使用する中で、スマートフォンやパソコンなどの通信機器における作業効率を高めるには、速く快適に使える通信回線が必要です。

しかし法人契約できるWiFiサービスは多々あるため、どれを選べばいいのか疑問に思う方は多いのではないしょうか。

本記事では、法人向けポケットWiFiの特徴や選び方と、おすすめのWiFiサービスについて解説します。

契約先を選ぶ判断材料にしてみてください。

ポケットWiFiとは


ポケットWiFiとは、持ち運びが可能なモバイル型のWiFiのことです。

電波の届く場所であれば、どこでもWiFiが使用できるため、外出先でもデータ容量を気にすることなく業務へ取り組めるでしょう。

ポケットWiFiのメリット

ポケットWiFiのメリットは以下の通りです。

ポケットWiFiのメリット
  • どんな場所でもWiFiに接続できる
  • 導入がスムーズ
  • 価格がお手頃

ポケットWiFiの1番のメリットはどこでも使用できる点です。

固定回線は決まった場所でしかWiFiを利用できませんが、ポケットWiFiは電波の届く範囲ならどこでも使用できます。

場所に関係なく大容量のデータ通信を使用できるため、作業もスムーズに進みます。

また、工事は必要ないため、導入までに手間や時間がかからず、最短で数日後にはWiFiの導入が可能です。

工事がない場合は初期費用が無料であるケースが多く、お手頃な価格でWiFiを導入できる点も大きなメリットです。

ポケットWiFiのデメリット

ポケットWiFiのデメリットは以下の通りです。

ポケットWiFiのデメリット
  • 通信が不安定であるケースもある
  • 持ち運ぶ必要があり荷物になる
  • 複数人での利用が難しい

どこでも使用できる点がポケットWiFiのメリットではありますが、場所によって電波の届きにくいところもあるため、通信が不安定である点がデメリットと言えます。

また、ポケットWiFiということで小型サイズではあるものの、持ち運ばなければ通信を行うことができず、ポケットWiFiに依存した働き方でポケットWiFiを忘れた場合は業務に支障をきたしてしまうでしょう。

ポケットWiFiは複数人での利用を想定していない為に複数人での利用が難しいところもデメリットの一つです。

法人向けWiFiの選び方


法人契約できるWiFiサービスは数多く存在するため、どれを選べば良いのか悩む方も多いでしょう。

自社に最適なものを選ぶにはポイントがあり、以下の項目を意識しましょう

ポイント
  • 月額料金
  • データ通信量と速度制限
  • 使用できるエリア
  • 回線の種類
  • レンタルが契約か

月額料金

月額料金は会社ごとに異なります。

安いものから高いものまでさまざまですが、特に5G回線に対応するサービスは質の高い内容が期待できる分、価格も高い傾向にあります。

WiFiの利用には毎月一定の料金がかかるため、自社が許容できる範囲の料金であることが必要です。

「こんなはずでは」とならないように、サービス内容と料金が見合っているかの確認も行うようにしましょう

データ通信量と通信速度

WiFiサービスを選ぶ際は、データ通信量と通信速度を確認する必要があります。

多くの従業員は作業を効率よく進めるために、できる限り最速な回線を利用したいはずです。

ビデオ通話や動画視聴など、容量を多く使う業務が多い会社は大容量のWiFiサービスを選ぶと良いでしょう。

契約前に自社が普段どれくらいデータ容量を使用しているのか把握することもポイントです。

使用できるエリア

例えばポケットWiFiは持ち運びが容易であるため、どの場所でもWiFiの利用が可能です。

しかし、WiFiが使用できるエリアは世界中が対象ではなく、一定の範囲が限られています。

業務中にWiFiを使おうとしても、その場の電波が悪く活動エリアに対応していないケースがあり、特に地下や高所は電波が届きにくいです。

契約前にエリアを確認して、自社が活動する範囲内にWiFiを接続できるかどうか確かめる必要があります。

回線の種類

WiFiの通信回線にはさまざまな種類があり、具体例を挙げるとキャリア回線やWiMAXなど、それぞれ違った特徴を持ちます。

オフィス環境や企業の状況によって回線との相性は異なり、相性が良いものがあれば悪いものも存在します。

そのため、回線の特徴とオフィス環境は事前に把握するべきです。

レンタルか契約か

法人に向けたWiFiサービスは2種類あり、レンタルと契約に分かれるため、どちらに該当するかの確認は必須です。

レンタルは数日単位の短期間でWiFiを利用することを意味し、契約は月・年単位で長期的にWiFiを利用することを意味します。

WiFiは契約期間が決まっているサービスが多く、一度契約すると、解約する際に解約金がかかります。

レンタルを利用しようとしたが、間違えて契約を終結させてしまうと無駄な費用につながるでしょう。

自社に必要なサービスはレンタルなのか契約なのかを事前に把握して、不必要な契約は避けましょう。

法人契約できるおすすめのWiFiサービス3選


通信回線やデータ容量が優れており、多くの企業から支持を集めるWiFiサービスは次の通りです(ポケットWiFi以外のWiFiサービスも紹介しています)。

UQ WiMAX

5G回線を含め、4GやWiMAXの計3種類のネットワークが利用できるため、ビジネスにおける業務へ快適に取り組めます。

テレワークやビデオ通話を頻繁に使用する企業は速度の速い通信回線や大きなデータ容量が必要ですが、UQ WiMAXはどちらにおける課題の解決が可能です。

15日間無料でWiFiをお試しできるため、気になる企業は一度使用してみることをおすすめします。

月額料金4.950円(税込)
初期費用3,300円(税込)
データ容量無制限
海外エリア使用可
利用可能な通信au / LTE / WiMAX
契約期間なし
接続可能台数最大10台

ワイモバイル

ワイモバイルは5G対応のモバイルWiFiであるため、ストレスなく作業を円滑に進めることが可能です。

契約を2回線数以上に増やすと、すべての回線が割引されるお得な料金プランを提供します。

5G回線に接続できるだけでなく、長時間使用できるバッテリーを搭載しているので、どこでもWiFiを利用できるといったメリットがあります。

月額料金4,818円(税込)
初期費用28,800円(税込)
データ容量無制限
海外エリア使用不可
利用可能な通信5G / 4G / LTE / AXGP
契約期間なし
接続可能台数最大30台

BizAir+5G

BizAir+5Gは5G回線に対応する店舗用WiFiで、高速通信や大容量のデータ通信が利用できる特徴を持ちます。

制限なしでデータ通信が使い放題で工事が不要であるうえ、コンセントに差すだけでWiFiを利用できるので、どこでも設置可能です。

また導入スピードが早く、最短3日でWiFiを利用できます。

WEBからの申し込みで初期利用料や工事費用、手数料が無料になるキャンペーンも実施しています。

月額料金6,578円 → 6,028円(税込)
初期費用3,300円 → 0円(税込)
データ容量無制限
海外エリア使用可
利用可能な通信au / WiMAX
契約期間初期は25か月 以降はいつでも解約OK
接続可能台数最大30台

まとめ|BizAir +5は最速の5G回線に対応

法人向けWiFiは大容量のデータ通信が一定料金で利用できるため、多くの企業が導入を進めています。

WiFiは容量も大事ですが、業務を効率的に進めるために最速の通信回線も重要です。

BizAir+5Gは、データ容量を制限なく使用することができるうえ、5G回線を利用できます。

容量を気にすることや情報の読み込みにストレスを感じることなく、作業を進めることが可能です。

WEBからの申し込みで初月料金が無料になるので、導入を検討してみると良いでしょう。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

おすすめの記事