法人向けWiFiで契約する際に知っておきたい導入ポイント 

 

法人向けWiFiで契約する際は、家庭で利用するのとは条件やプランが異なるのため、プランを選ぶ場合は法人向けにお得なサービスを選ぶと良いでしょう。

法人向けでは、デバイス台数に合わせて設定できるサービスや契約期間による料金設定など確認しておきたいポイントがあります。

本記事では、WiFiで契約する前の準備として法人向けWiFiの特徴、選び方などを解説します。

法人向けWiFiの特徴

オフィス環境が快適になるサービスを契約するために、まずは、法人向けWiFiの特徴について解説していきます。

法人向けWiFiには3種類ある

法人向けWiFiは、用途に合わせて大きく3種類に分けられます。オフィス内で利用する場合は、置くだけWiFi、光回線などを利用し、外出先で利用する場合はポケットWiFiなどがおすすめです。

それぞれの選択は、用途と目的、サービス料金を比較して検討すると良いでしょう。

各サービスを契約する際は、初期費用(回線工事など)や契約期間による運用コストなどの費用面と、利用場所や、使用するデータ量、利用する台数、対応エリアなどの確認が必要です。

また、法人向けとして割引キャンペーンのあるサービスを活用するとお得です。

光回線

オフィス内で回線工事を行い、WiFiを利用することができます。屋内で利用する際に、通信速度が安定していて、インターネットを快適に利用できるメリットがあります。

光回線を経由してWiFiに接続する場合は、光回線に契約した後、有線接続の利用から無線LANルーターの設置に切り替えて、モデム/ONUに接続し、WiFiの接続設定を行って利用開始できます。

しかし、置くだけWiFiやポケットWiFiに比べると料金が高くなる傾向にあります。

法人向け置くだけWiFi

置くだけWiFiは、オフィス内に設置して利用できるサービスです。

置くだけWiFiは、モバイル回線用のルーターを使ってインターネットにつなぐサービスです。光回線のようにLANケーブルを繋ぐ必要がないため、利用前の回線工事は不要です。

法人向け置くだけWiFiと家庭用との違いは、同時接続台数の対応やセキュリティ機能、導入コスト、設置方法などがそれぞれ異なります。

法人向け置くだけWiFiの場合、利用者数が増えるため、業務用に対応できるスペックに設定されているのが一般的です。

法人向けポケットWiFi

業務上、外出の多い営業職の方が便利に利用できるサービスです。もちろん屋内でも利用することはできます。

1日単位や1ヶ月単位で利用できるため、短期レンタル契約に人気があり、ポケットWiFiの一番のメリットは、持ち運びができることです。

ポケットWiFiを利用する際に気を付けたい点としては、契約期間に縛りがあることや、複数人では利用できない、通信速度の制限があるなど、確認してから契約プランを選ぶと良いでしょう。

法人向けWiFi の選び方

契約前のプラン選びに役立つ、法人向けWiFi の選び方について解説します。

契約期間で選ぶ

法人向けWiFiを選ぶ場合、利用期間に合わせてサービスを選ぶことをおすすめします。

契約期間が長いほど料金は安くなる傾向にあります。

例えば、1年間の利用で1年契約のサービスと1日単位のサービスを比較すると、1年契約のサービスを使った方が安く収まります。

逆に、1日しか利用しないのに1年契約のサービスを利用すると違約金もかかり高くなってしまうので注意が必要です。

通信速度で選ぶ

法人向けWiFi では、通信速度の制限が月間で制限があるサービスと無制限のサービスがあります。

通信速度の制限は、利用者が使用するデータ容量によって制限のかかるケースが異なりますので、サービスを導入する前に必要なデータ量を計算してから、各サービスに設定されている通信速度について検討すると良いでしょう。

無制限サービスでは、実質完全無制限となりますが、時間帯や利用場所の条件によって速度制限がかかるケースがあるので注意が必要です。

通信速度の制限は、設定されている容量を超えると低下するため、法人向けで利用する際は、業務に支障が起こるリスク回避のために、使用するデータ量と通信速度について知っておくと良いでしょう。

ルーターの契約台数で選ぶ

法人向けWiFiでは、オフィスで必要な台数に合わせてサービスを選ぶことができます。

提供しているルーターの性能に依存しますので予め最大接続台数は確認するのが必要です。

同時接続数の設定は、各サービスによって異なり、1台から数百台まで対応しています。

オフィスで必要な最大接続数の目安は、従業員数+10くらいで選ぶと良いでしょう。

何台のルーターが必要になるかについては、サービスの担当者に予め確認するようにしましょう。

WiFiの種類で選ぶ

法人向けWiFiでは、固定回線の光回線や置くだけWiFi、ポケットWiFiなど、用途に合わせて回線の種類を選ぶことができます。

光回線は、サービス導入前に回線工事が必要なため、導入にかかる時間と初期費用が発生します。

一方、光回線のような面倒な回線工事が不要な置くだけWiFiの場合、初期費用を抑えることができて、利用する際に専門的な知識がなくても、ルーターをコンセントにさすだけで利用開始ができます。

また、オフィス業務の中で外出が多い利用者の場合は、持ち運びが自由にできるポケットWiFiが便利です。小型でコンパクトサイズなので、場所を選ばずに利用することができます。

法人向けWiFiを選ぶ際は、利用者の用途に合わせた回線の種類を選んで契約すると良いでしょう。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

法人向けWiFi契約のサービスメリット

法人向けWiFiの契約では、家庭用として個人が利用する場合とは異なり、法人向けのサービスやキャンペーン対象のお得なメリットがあります。

法人向けとは、法人や店舗、個人事業主などの対象者が、申し込みできるプランとなっています。

法人向けWiFiでは、個人向けとは異なり大半が複数台での契約と想定されているため、初期費用無料のキャンペーンやWeb限定割引など、各サービスによって割引のメリットが提供されています。

また、複数台の利用ならではの大量注文に対応したサービスを行っている会社もあります。

その他にも、法人向けでは、契約と同時にサポート体制も充実しているサービスが多く、電話や問い合わせフォームからの相談も受け付けています。

まとめ

法人向けWiFiで契約する際のポイントとして、法人向けWiFiの特徴や選び方について解説しました。

法人向けでは家庭向けとは異なり、利用者数と同時接続台数に合わせてサービスプランが設定されています。

また、利用者の用途に合わせて回線種類を選び、オフィス内または外出先で利用の場合は、置くだけWiFiやポケットWiFiなど、それぞれ選ぶことができます。

なお、WiFi 置くだけWiFiを購入検討されている事業者の方向けに、据え置き型WiFi ルーター「BizAir」がおすすめです。

「BizAir」は、高速で大容量通信の5G対応で、全国どこでも利用できるサービスです。

本記事で解説した法人向けWiFiルーターのメリットに十分対応していますので、ぜひ購入の参考にしてみてはいかがでしょうか。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

おすすめの記事