SEOツールとは!?メリットやおすすめのツールも合わせてご紹介!

インターネット検索からのユーザーの流入を図るため、SEOに取り組む企業は非常に多いです。

もし、ビッグキーワードで検索順位1位を獲得すると企業にもたらす利益は非常に大きいものになります。

しかし、上位表示は簡単ではなく、試行錯誤を繰り返しているところがほとんどです。

そこで、有利に対策を進めるため多くの企業ではSEOツールを活用しています。

SEOツールを利用すれば、検索ボリュームを調べることができたり、自社ページの検索順位を手軽に知ることができたりするので非常に便利です。

実際に、上位表示を狙うために活用を検討している人もいるのではないでしょうか。

この記事では、SEOツールの基礎やメリット、おすすめのツールを目的別にご紹介しますので、上位表示を目指したいという方は、ぜひ参考にしてください。

SEOツールとは?

SEOツールとは、上位表示を狙うために必要な情報を提供してくれるサービスのことです。

例えば、実際に活用することで下記のようなことがわかります。

 

  • どのぐらいの人がそのキーワードで検索をしているのか
  • 自社のページが何番目に表示されているのか
  • サイトのアクセス数

 

上記で挙げた例は一部ですが、このような情報を知ることで対策をする際に役に立ちます。

情報を知ることで不十分な点を知ることができたり、最短距離で解決に導けたりするので非常に便利です。

SEOツールと一言でいってもそれぞれの製品によってできることやわかることが異なります。

また、内部・外部対策ツールやキーワード調査、検索順位チェックツールなど、あらゆるものが含まれるため、まずは自分が何を調査したいのか知り、適切なサービスを選択する必要があるでしょう。

 

SEOツールを利用する4つのメリット

SEOツールを利用するメリットは大まかにわけて4つあります。

メリットを知ることでなぜ多くの企業に利用されているのかがわかるので、ぜひ参考にしてください。

自社サイトの課題が見つかる

1つ目のメリットは、自社サイトの課題が見つかることです。

適切な対策をするためには、先に現状を知る必要があります。

例えば、アクセス数やコンバージョン率、ページ数などが挙げられるでしょう。

しかし、これらの指標は自分の力で調べることが難しいです。

たしかに、アクセス数はサイト内にカウンターを実装し、記録することもできますが、実装に時間がかかります。

SEOツールを利用すれば、日付ごとのアクセス数やコンバージョン率などを正確に知ることが可能です。

これにより、現在の自社サイトの状況を正確に把握することができるので、対策をする際の参考にできるでしょう。

正しい対策をサポートしてもらえる

2つ目のメリットは、正しい対策をサポートしてもらえることです。

実際にサイトを運営していると対策の次の一手が見つからないこともあります。

例えば、コンテンツの対策キーワードが見つからない圏外の理由がわからないというような悩みが必ず出てくるのです。

SEOツールを使うことで関連キーワードなどを教えてくれるので手詰まりだった対策が進められるようになります。

また、文字数が足りない、表を挿入したほうがわかりやすいなど、検索順位が低い理由もわかるため、対策には欠かせないツールであるといえるでしょう。

競合調査ができる

3つ目のメリットは、競合調査を行うことができる点です。

競合調査をすることで、競合サイトを見つけることができます。

どのような対策を行っているのかを知ることができたり、対策する際のヒントになったりするので便利です。

コストが安い

4つ目のメリットはコストが安いことです。

充実した機能が無料で提供されていることが多く、導入する際にたくさんの費用がかかることは少なくなっています。

また、有料のサービスも月額数百円〜数千円程度のことが多く、負担はあまり大きくありません。

そのため、多くの企業は気軽に利用することができるでしょう。

SEOツールのデメリットとは?

次は、デメリットについて詳しく解説します。

上位表示を保証するわけではない

1つ目のデメリットは、上位表示を保証するツールではないことです。

SEOツールはあくまでも分析した結果を情報として提供してくれるサービスになります。

そのため、指示された通りに対策を行ったとしても上位表示を保証するわけではありません。

例えば、SEOツールから競合の低いキーワードと指示を受けてコンテンツ制作したのにも関わらず、検索順位は圏外というケースは珍しくないのです。

あくまでも分析や情報提供が目的になるので、導入すれば必ず上位表示できるという認識は危険といえるでしょう。

分析スキルが必要

2つ目のデメリットは、分析スキルが必要であるという点です。

SEOツールの中には、システムが分析してくれるものもありますが、ほとんどのサービスにおいては収集した情報を表示するものが多くなっています。

そのため、データを分析して対策を導き出す力が必要です。

費用がかかる

3つ目のデメリットは、費用がかかることです。

無料で利用できるツールも多いですが、有料のサービスは月額で費用を支払う必要があります

ランニングコストがかかるので、企業の中には負担を感じる方も少なくないでしょう。

しかし、基本的に有料のサービスでも料金は安いですし、無料のツールを利用すればお金はかからないため、比較的導入しやすいです。

キーワード調査ができるおすすめのSEOツール5選

はじめにキーワードが調査できるSEOツールをご紹介します。

コンテンツ制作をサポートしてもらえるため、気に入ったものがある場合は利用するのがおすすめです。

Google キーワードプランナー

公式サイトはこちらから:Google キーワードプランナー

 

料金

無料

特徴

・新しいキーワードを見つけられる

・検索ボリュームを確認できる

提供元

Google

Google キーワードプランナーの特徴

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供しているキーワード調査ツールです。

本来、キーワードプランナーはGoogle広告を利用する人のために提供されているサービスになります。

例えば、WebサイトやGoogle検索に広告を掲載するとします。

そのときにキーワードプランナーを使用して自社商品に関連するキーワードを選び、広告を掲載するのです。

これにより、キーワードで検索したユーザーに広告で自社商品を宣伝できるので、知名度向上を狙ったり、実際に購入してもらえたりすることができます。

本来は上記のように使用するのが一般的です。

しかし、キーワードプランナーを利用すれば、特定のキーワードに対してどのぐらいの検索ボリュームがあるのか調べることができます。

また、上位表示させたいキーワードと関連するキーワードを知ることもできるためSEOツールとして使うと便利です。

キーワードプランナーは無料で利用することができるため、費用が一切かかりません。

しかし、無料のまま利用すると検索ボリューム数が10001万という抽象的な表示になります。

そのため、具体的に表示させたいという方はAdWordsアカウントを有効化するのがおすすめです。

ちなみに、キーワードプランナーを利用するためには、Googleのアカウントが必要になります。

そのため、まだ取得していない方は事前に登録するようにしましょう。

Google Trends

公式サイトはこちらから:Google Trends

 

料金

無料

特徴

・急上昇ワードがわかる

・関連トピックを知ることができる

・関連キーワードを把握できる

提供元

Google

 Google Trendsの特徴

Google Trendsは、急上昇ワードなど今現在どのようなキーワードが注目されているのかを知ることができるSEOツールです。

キーワードプランナーと同様にGoogleによって提供されています。

Google Trendsの『最近の急上昇』をチェックすれば、今現在日本でどのようなキーワードが注目されているのかを知ることができるため、注目のトピックスが把握しやすいです。

また、『毎日の検索トレンド』や『リアルタイムの検索トレンド』など期間を定めたトレンドワードを知ることもできます。

Google Trendsはニュースサイトなど、社会のトレンドワードに関する情報を配信しなければならない運営者におすすめです。

KEYWORD FINDER

公式サイトはこちらから: KEYWORD FINDER

 

料金

【プロフェッショナル】

初期費用:無料

月額費用:100,000(税抜)

管理キーワード数:5,000

 

【スタンダード】

初期費用:無料

月額費用:50,000(税抜)

管理キーワード数:2,000

 

【エンタープライズ】

初期費用:無料

月額費用:200,000(税抜)

管理キーワード数:15,000

特徴

・おすすめのキーワードを自動で取得

・検索順位がわかる

・競合比較機能あり

SEOスコアで客観的な評価を知る

提供元

株式会社ディーボ

 KEYWORD FINDERの特徴

KEYWORD FINDERはキーワード選定や競合調査、サイト評価測定などを提供してくれるSEOツールです。

非常に高機能でキーワード選定だけでなく、SEO対策のさまざまな場面でサポートを受けられます。

例えば、キーワード自動取得機能を利用すれば、おすすめのキーワードを表示するだけでなく、月間検索数やSEO難易度、関連度がわかるので、キーワードの選定が効率的です。

また、コンテンツをリリースした後のページの検索順位も自動で取得してくれるため、検索して今自分のサイトがどの位置にあるのか探す必要がありません。

さらに、SEOスコア機能を利用すれば、項目別に採点をしてくれるため、サイトの改善点が見つかりやすいでしょう。

このように、KEYWORD FINDERはトータルサポートを提供してくれるため、効率的にSEO対策を進めていきたいという方におすすめです。

Ubersuggest

公式サイトはこちらから:Ubersuggest

 

料金

【パーソナル】

月額:2,999

 

【ビジネス】

月額:4,999

 

【エンタープライズ】

月額:9,999

特徴

・人気のページからキーワードを選定

・競合コンテンツの分析

・被リンクデータの取得

提供元

ニール・パテル

 Ubersuggestの特徴

Ubersuggestは、アメリカの有名なマーケター、ニール・パテル氏が手掛けたSEOツールです。

キーワード選定だけでなく、自社サイトの分析なども可能になるため、さまざまな観点からサポートを受けることができます。

Ubersuggestは、人気のあるページからキーワードを選定し、SEO対策をサポートしてくれるツールです。

また、ターゲット市場を分析し、その情報を提供してくれるため、コンテンツ改善などに活かすことができるでしょう。

月額もしくは買い切りの2つのタイプが販売されており、自分に適した購入方法を選択することができます。

また、7日間のお試しプランを利用することもできるため、興味のある方は無料で使ってみてはいかがでしょうか。

Keywordmap

 

公式サイトはこちらから: Keywordmap

 

料金

初期費用+月額費用

※利用する機能によって価格が異なる

特徴

・自然検索調査

・競合ドメイン調査

・流入貢献ページ調査

・リスティング広告調査

提供元

株式会社CINC

Keywordmapの特徴

Keywordmapは、株式会社CINCが提供するSEOツールです。

キーワード選定だけでなく、競合ドメイン調査や流入貢献ページ調査など、分析機能が豊富にあります。

ほかのSEOツールであまり見つけられない機能がリスティング広告調査です。

出稿キーワードから出現数の多い広告クリエイティブを抽出することができるので、企業が導入すれば効率的に自社商品の宣伝を行うことができます。

Keywordmap10日間無料で利用することが可能です。

具体的な料金は使用する機能によって異なるので、お問い合わせをする必要があります。

特に、リスティング広告を利用する機会がある、有料の本格的なSEOツールを利用したいという方におすすめです。

コンテンツ制作に役立つおすすめのSEOツール5

SEO対策をする上でコンテンツ制作は欠かせません。

コンテンツ制作が不十分なサイトは、全体的に上位表示が難しいといわれています。

そのため、サービスや商品に関連のあるキーワードを探し、コンテンツ制作することが求められるのです。

しかし、ただ闇雲に作業するのは効率が悪いため、コンテンツ制作に特化したSEOツールを利用する企業が多くなっています。

ここでは、コンテンツ制作をよりスムーズにするおすすめのSEOツールをご紹介しますので、まだ導入していないという方はぜひ参考にしてください。

MIERUCA

 

料金

【スタンダード】

初期費用:100,000

月額料金:150,000

 

【プロ】

初期費用:100,000

月額料金:200,000

 

【エキスパート】

初期費用:100,000

月額料金:600,000

特徴

・コンテンツSEO分析ツール

・コンテンツ盗用自動チェック

・アクセス解析レポート

・順位調査

提供元

株式会社Faber Company

MIERUCAの特徴

MIERUCAは、カスタマーサクセスの半走サポートを受けられるSEOツールです。

単に、機能豊富なツールを提供するだけでなく、学習コンテンツの配信を行っています。

これにより、知識を高めながらWebサイトを成長させていくことができるので、運営者にとって大きなメリットです。

MIERUCAには、コピーチェックやインサイトの可視化など、コンテンツ制作に特化した機能がたくさんあるので、コンテンツから集客を図りたい人は利用しやすいでしょう。

 

SEOチェックツール高評価Find←→A

公式サイトはこちらから:SEOチェックツール高評価Find←→A

 

料金

無料

特徴

・コンテンツを構成するSEO対策キーワードがわかる

・画像代替テキストの表示

提供元

GMO solutionpartner,INC

SEOチェックツール高評価Find←→Aの特徴

SEOチェックツール高評価Find←→Aは制作したコンテンツを細かく分析できるSEOツールです。

例えば、コンテンツ内に使用されているキーワード上位10位を表示してくれるため、どのようなワードが多く使われているのかを確認することができます。

また、見出しだけを抽出する機能があったり、画像代替テキストを表示させたりすることも可能です。

無料で利用することができるので、コンテンツを充実させるためのSEOツールを安く導入したい企業は利用を検討しましょう。

 

tAMi-CO

公式サイトはこちらから:tAMi-CO

 

料金

【ライト】

月額料金:31,350

 

【通常】

月額料金:59,400

 

【ビジネス】

月額料金:85,800

 

【プレミアム】

月額料金:110,000

 

特徴

・キーワード分析

・タイトルや見出し用のキーワードを提案

・自社・競合の順位調査

・共起語の抽出

提供元

記載なし

tAMi-COの特徴

tAMi-COは、コンテンツ制作に特化したSEOツールです。

新規の記事やリライト記事の上位表示取得率がアップするため、売上の増加などを見込むことができます。

また、記事分析にかかる時間を短縮することができるため、業務効率化を図ることが可能です。

コンテンツマーケティングに必要な50の要素を分析し、記事制作をサポートしてくれるため、興味のある方は無料トライアルの利用を検討しましょう。

TACT SEO

公式サイトはこちらから:TACT SEO

 

料金

初期費用:0

月額料金:50,000円〜(税抜)

特徴

・自社サイトを分析し課題の洗い出しができる

・あらゆる視点からキーワード調査が可能

・順位管理

提供元

株式会社ウィルゲート

TACT SEOの特徴

TACT SEOは株式会社ウィルゲートが提供しているSEOツールです。

コンテンツ制作をサポートする機能が豊富にあり、記事を制作する際に役立ちます。

便利な機能として挙げられるのがキーワードグルーピングです。

キーワードグルーピング機能を利用すれば、狙いたい検索キーワードですでに上位表示されているサイト分析し、出現頻度の高いキーワードを取得することができます。

出現頻度の高いキーワードを抽出することで、求められている情報が明確になるためコンテンツ制作をする際に役立つのです。

そのほかにも流入キーワードの調査、順位計測などさまざまな機能が搭載されているので、コンテンツ制作の万全なサポートを受けられます。

SEARCH WRITE

公式サイトはこちらから:SEARCH WRITE

 

料金

【ベーシック】

月額料金:50,000

特徴

・獲得分析機能の搭載

・順位変動を毎日取得

SEO評価を測定する機能あり

提供元

株式会社 PLAN-B

SEARCH WRITEの特徴

SEARCH WRITEは、あまりSEOに詳しくない人でもスムーズに使いこなせられるツールです。

実際に利用すれば、SEOの重要指標を確認することができたり、上位表示に必要なコンテンツ制作に関する情報を提供してくれたりします。

タスク管理機能などもあるので、チームでSEO対策をする際も管理がしやすいでしょう。

内部対策に特化したおすすめのSEOツール3

次は、内部対策に必要な機能が数多く搭載されているSEOツールをご紹介します。

具体的に内部対策は多岐にわたるため、機能性も非常に高いです。

しかし、料金が比較的高いツールもあるので、少ない予算で内部対策に対応したいという方は、コンテンツに特化したツールやキーワード選定ツールを利用すると費用を抑えられます。

Deep Crawl

公式サイトはこちらから:Deep Crawl

 

料金

【ベーシックプラン】

年会費:360,000

 

【エンタープライズ】

年会費:応相談

 

特徴

・自動解析

・サイトのモニタリング

・サイト構造の最適化

提供元

記載なし

Deep Crawlの特徴

Deep Crawlは、内部対策に特化したSEOツールです。

年間契約となっており、エンタープライズプランは問い合わせをする必要があります。

Deep Crawlを利用すれば、基本的な問題点の洗い出しが可能です。

例えば、不要な内部リダイレクトや無効なリンクを検出し改善を促します。

また、サイトモニタリング機能を利用すれば、KPIトレンドを確認してSEOに関する問題からサイトを守ることができるため、非常に便利です。

Screaming Frog SEO Spider

公式サイトはこちらから:Screaming Frog SEO Spider

 

料金

【フリープラン】

月額料金:無料

 

【購入版】

月額料金:£149.00

特徴

・リンク切れページの検知

・ページタイトル分析

・サイトマップの生成

提供元

Screaming Frog Ltd

Screaming Frog SEO Spiderの特徴

Screaming Frog SEO Spiderは、無料で利用することができる内部対策SEOツールです。

海外で開発されたツールなので日本語化に対応していません。

しかし、さまざまな機能を無料で利用できるため、十分利用する価値があります。

具体的な機能としては、リンク切れページの検出やサイトマップの自動作成などです。

また、Webサイトをクローリングする機能もあります。

PageSpeed Insights

公式サイトはこちらから:PageSpeed Insights

 

料金

無料

特徴

・サイトの読み込み速度を計測できる

提供元

Google

PageSpeed Insightsの特徴

PageSpeed Insightsは、Googleが提供しているサイト読み込み速度を計測できるサービスです。

上位表示するための要素のひとつにサイトの読み込み速度が挙げられます。

読み込み速度が遅いサイトはユーザーの満足度が低下するため、検索順位に悪影響を与えるといわれているのです。

PageSpeed Insightsを利用すれば、サイトの表示速度を計測するだけでなく、遅くなっている原因も表示してくれるため、内部対策に役立ちます。

外部対策ができるおすすめのSEOツール2

自社サイトを上位表示させるためには、外部対策も重要です。

最後に外部対策に特化したSEOツールをご紹介しますので、興味のある方はぜひご覧ください。

サイトエクスプローラー

公式サイトはこちらから:サイトエクスプローラー

 

料金

【ライト】

利用料金:$99

 

【スタンダード】

利用料金:$179

 

【アドバンスド】

利用料金:$399

 

【エージェンシー】

利用料金:$999

 

特徴

・被リンク調査

・有料検索広告調査

・発リンク調査

提供元

Ahrefs

サイトエクスプローラーの特徴

サイトエクスプローラーは、外部対策に特化したSEOツールです。

調査機能がとても充実しており、外部対策に役立ちます。

例えば、オーガニックトラフィック調査を利用すれば、競合がランク付けしているキーワードとそのトラフィック量を確認することが可能です。

また、サイトエクスプローラーの被リンククローラーは業界でももっとも高速なものを使用しているため、非常に高性能になります。

料金も比較的安いので、気になる方は導入を検討しましょう。

Meet Link Explorer

公式サイトはこちらから:Meet Link Explorer

 

料金

無料プランあり

特徴

・被リンク分析

・スパム分析

提供元

記載なし

Meet Link Explorerの特徴

Meet Link Explorerは外部対策に特化したSEOツールです。

ご自身のサイトのURLを入力するだけでさまざまな分析をしてくれます。

ちなみに、Meet Link Explorerは無料プランが用意されているため、さまざまな機能を安く利用することが可能です。

Meet Link Explorerを利用すれば、被リンクがスパムかどうか、どのようなテーマで自社サイトが取り上げられているのかなどを知ることができます。

まとめ

今回は、SEOツールの概要や目的別におすすめのSEOツールをご紹介しました。

まずSEOツールを選ぶときは、自社サイトの課題を洗い出し、それに対応できるツールを選択するようにしましょう。

SEOツールを利用すれば、対策効率が大幅にアップします。

そのため、上位表示を狙いたいという方はぜひ利用するのがおすすめです。

おすすめの記事