新電力のデメリットはなに?対処法やおすすめ新電力会社も紹介!

「新電力がいいって聞いたけど本当なの?」
「新電力のデメリットを知りたい!」

新電力は安かったり、ユーザーの自由度が高かったりと、いい話をよく聞きます。
しかし悪いところはないのでしょうか?

じつは、新電力にもデメリットや注意すべき点はあります。

電気は私たちの生活には欠かせません。
新電力のデメリットをしっかりと理解し、相応しい対応をすることで、より満足できる生活や事業を営んでいけるようにしましょう

▼新電力について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください▼

新電力とは

新電力とは
「電力の小売全面自由化(電力の自由化)」以降、新たに参入した電気事業者のこと

新電力とは、2000年からスタートした「電力の小売全面自由化(電力の自由化)」以降、新たに参入した電気事業者のことです。

「電力の小売全面自由化(電力の自由化)」の主な目的は、電力の安定供給、電気料金の低下、電気事業の民営化です。

新電力会社の普及によって消費者の選択肢が広がり、個々人の生活様式にあった電気料金プランを選べるようになりました。

▼おすすめ新電力はハルエネ電気!▼

料金をすぐに知りたい方はコチラ!
見積もり請求をする(無料)

新電力のメリット・デメリット

AI OCRを導入するデメリット

新電力のメリット

新電力のメリット
  1. 電気代が安くなる可能性がある
  2. セット割引が受けられる
  3. 環境に優しい発電方法を選べる

新電力のメリット1
電気代が安くなる可能性がある

電力自由化に伴なって新電力会社の数は増加し、参入企業との優位性を確率するため、電気料金を値下げする新電力会社が増えました。

そのため新電力会社によっては、現在よりも電気代が安くなる可能性が十分にあります。

新電力のメリット2
セット割引が受けられる

新電力会社によっては、ガスやインターネットなどを電気と同時に契約することでセット割引を受けられます。

電気と一緒に現在契約しているガス会社やインターネット会社の契約も見直してみると、さらにランニングコストを下げられるかもしれません。

新電力のメリット3
環境に優しい発電方法を選べる

新電力会社は、契約時に発電方法を選ぶこともできます。

そのため環境に優しい発電方法を選ぶと、次世代の子孫たちに地球の資源を残すお手伝いができます。

▼おすすめ新電力はハルエネ電気!▼

料金をすぐに知りたい方はコチラ!
見積もり請求をする(無料)

新電力のデメリット

新電力のデメリット
  1. 契約プランの検討をする必要がある
  2. 倒産のリスクがある

新電力のデメリット1
契約プランを検討する必要がある

新電力会社は様々な契約プランがあります。
そのため自社に適した契約プランを比較・検討しなければなりません。

電気は長期で契約し続ける場合が多いので、最初の契約時に自社にあった契約プランを見極めましょう!

新電力のデメリット2
倒産のリスクがある

新電力会社も一企業である以上、倒産してしまうリスクは常にあります。

倒産したあとも一時的に電力の供給は続けてくれますが、また新しい電力会社と契約しなければいけないという手間が生じます。

倒産した場合は選んだ側の自己責任となるので、信頼できる新電力会社を選ぶことが大切です。

▼おすすめ新電力はハルエネ電気!▼

料金をすぐに知りたい方はコチラ!
見積もり請求をする(無料)

新電力の注意点・対策

新電力の注意点
  1. 違約金が発生する場合がある
  2. 価格が高騰する可能性がある

    新電力の注意点・対策1
    違約金が発生する場合がある

    新電力に切り替えることで、現在よりも電気代を安く抑えることができます。

    しかし、現在契約している電気会社との契約期間が残っていたりすると、高額な違約金や解約金が発生する可能性があります。

    無駄なコストをかけてしまわないように、現在契約している電気会社の更新の時期を把握しておくなどして、契約するタイミングを見極めましょう

    新電力の注意点・対策2
    価格が高騰する可能性がある

    新電力会社には、市場連動型プランを提供しているところがあります。

    市場連動型プランとは、電気の仕入れ価格の変動に合わせて電気代が変化するプランのことです。
    つまり新電力会社が電気を安く仕入れることができれば電気代も安くなり、逆に仕入れ額が値上がりすれば電気代も高騰するというわけです。

    もし仕入れ額が安い時期に新電力会社と契約した場合、今後電気代が高騰する可能性が高くなるので、気をつけてください。

    もし電気代の高騰が不安な方は、市場連動型プラン以外のプランを選ぶようにしましょう。

    ▼おすすめ新電力はハルエネ電気!▼

    料金をすぐに知りたい方はコチラ!
    見積もり請求をする(無料)

    おすすめ新電力会社

    法人向けおすすめ新電力はハルエネでんき

    ハルエネ電気ポイント
    • 新電力小売事業部門シェア24ヶ月No.1達成!
    • 使えば使うほど安くなる料金プラン!
    • 工事費や立ち合い要らずで手続き簡単!

    ハルエネでんきは、株式会社ハルエネが提供する法人向け新電力サービスです。

    法人向け低圧電力の供給量において、新電力小売事業部門シェア24ヶ月No.1を達成したサービスでもあり、業界内外からの注目度も上がっています。
    (※参考:資源エネルギー庁ウェブサイト|2020年7月時時点)

    使えば使うほど安くなる料金プランになっているため、細かな節電を意識せずとも固定費を安くしやすくなるでしょう。

    また、工事費や立ち合いが要らず、手続きが簡単に済むことも魅力です。
    現状の設備をそのまま利用したい場合や、期間・工数を短縮しながらスムーズに切り替えたい場合におすすめです。

    供給エリア全国(沖縄を除く)
    種類低圧電力
    初期費用3,780円

    料金をすぐに知りたい方はコチラ!
    見積もり請求をする(無料)

    新電力のデメリットまとめ

    新電力はメリットだけではありません。
    しかし、新電力が従来の電気会社に比べてお得なのは紛れもない真実です。

    新電力のデメリットをきちんと理解し、正しく対処することで、より有効に新電力を使っていきましょう!

    ▼おすすめ新電力はハルエネ電気!▼

    料金をすぐに知りたい方はコチラ!
    見積もり請求をする(無料)

    おすすめの記事