【2022年最新】法人携帯のおすすめはどれ?お得に契約するテクニックも解説

「法人携帯のおすすめキャリアはどれ?」
「法人携帯をお得に契約したい!」

業務で携帯電話を使用する機会が多いという方は少なくないでしょう。

従業員個人の携帯電話を業務でも兼用する企業もありますが、必要以上にコストがかかっていたり、経理作業に負担がかかったりするなどデメリットも多いです。

これらの課題を解決するために、法人携帯の契約をおすすめします。

とは言っても、どのようなメリットがあるのかだけでなく、そもそもどの法人携帯を契約すれば良いのか迷っている方もいるかもしれません。

この記事では、法人携帯について説明するだけでなく、おすすめのプランも紹介します。

法人携帯を契約するか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

携帯法人契約の代理店おすすめは【法人スマホコム】

ソフトバンクの法人専用プランで、「かけ放題プランを2178円~」ご案内が可能です。

今・だ・け!端末代金の一括0円キャンペーン開催中!!

携帯電話の法人契約とは?

携帯電話を法人契約するなら、まずは法人携帯について簡単に知っておきましょう。
ここでは、法人携帯とは何かだけでなく、個人契約との違いを解説します。

法人名義で携帯電話を契約すること

携帯電話の法人契約とは、法人名義で携帯電話を契約することです。

法人とは、株式会社・有限会社・各種団体など「法律によって人と同じ権利や義務を与えられた組織」のことであり、個人とは明確に区別されます。

個人事業主は法人格を有していないため、法人契約できない場合があります。

法人携帯を契約することで得られるメリットも多く、切り替えを検討してみましょう。

個人事業主の方で法人携帯を契約したい方は、こちらの記事をご覧ください

個人契約との違い

三大キャリアをはじめとする携帯会社では、法人向けのプランを用意しています。

個人ではなく法人で契約するため契約形態が違うのはもちろんのこと、お得なプランを活用することで、基本料金や通話料金などでコストダウンが図れるでしょう。

他にも、法人契約なら専用のSMSサービスやMMSサービスの提供を受けられます。

会社のドメインでメールアドレスも設定できることも個人契約との違いです。

法人携帯を契約する5つのメリット

先にも紹介したとおり、携帯電話を法人契約するメリットは多岐にわたります。
法人携帯に切り替えることで自社の課題をクリアできるかもしれません。

法人携帯契約のメリット5つ
  1. 通話料金をコスト削減できる
  2. 契約プランを一括管理できる
  3. 経理作業の簡略化で業務効率がアップする
  4. 情報漏えいリスクを軽減できる
  5. 従業員の待遇改善につながる

法人携帯契約のメリット1
通話料金をコスト削減できる

法人契約に切り替えることで、通話料金のコストダウンが可能です。

営業職など個人の携帯電話を業務で使用し、使用料に応じて手当を支給する企業も少なくありませんが、従業員によって契約しているプラン内容が異なります。

契約内容によっては通話料金だけでかなりの経費がかかるでしょう。

一方で、法人携帯を契約すれば通話料金を50〜80%削減できることもあります。

契約回線数で割引率が異なるため、プランを比較してから契約してください。

法人携帯契約のメリット2
契約プランを一括管理できる

少しでもコストを削減するなら、定期的な契約プランの見直しが必要です。

個人の携帯電話を仕事で使用しているケースならプラン変更をできるのは本人だけですが、携帯電話を法人契約することで、プランやオプションを社内で一括管理できます。

法人契約であれば、従業員の使用量に合わせてプランやオプションの変更も可能です。

いつでも見直しができることは、大きなメリットと言えるでしょう。

法人携帯契約のメリット3
経理作業の簡略化で業務効率がアップする

法人携帯に切り替えることで、経理作業がスムーズになります。

個人の携帯電話を併用している場合は、業務内での通話料金を算出して支給する必要があり、従業員全員分の明細を確認することは合理的とは言えません。

法人契約なら明細が一つで管理できるため、担当者の工数削減につながります。

業務効率もアップするため、労働時間の短縮にもなるでしょう。

法人携帯契約のメリット4
情報漏えいリスクを軽減できる

法人携帯を従業員に貸与することで、情報漏えいリスクを軽減できます。

個人の携帯電話を使用している場合に限らず、取引先や顧客情報などの社内機密情報が記録されていることもあり、取り扱いには注意が必要です。

従業員が退職したり、紛失したりすれば、情報が流出する恐れもあります。

法人携帯を貸与すれば、万が一の場合でも遠隔端末ロックやデータ削除が可能です。

情報セキュリティを強化するなら、法人携帯への切り替えをおすすめします。

法人携帯契約のメリット5
従業員の待遇改善につながる

個人の携帯電話を業務で使用する場合、プライベートとの使い分けが課題です。

個人の電話番号を顧客に教える必要があり、休日にも仕事の電話が入るなど、常に仕事を意識する緊張状態にあることは大きなデメリットでしょう。

一方で、法人携帯を貸与することで、従業員の待遇改善につながります。

また、業務における携帯料金の負担額がゼロになることもメリットと言えます。

携帯の法人契約したい方必見!

法人携帯を契約するデメリット・注意点

法人携帯を契約する際に、デメリットがあることも頭に入れておきましょう。
それぞれの注意点を把握するとともに、解決策も考えてください。

法人携帯を契約するデメリット・注意点
  1. 導入・運用コストがかかる
  2. 従業員のストレスが増える可能性がある

法人携帯を契約するデメリット・注意点1
導入・運用コストがかかる

法人携帯を契約すると、導入・運用コストがかかります。

企業が法人携帯に切り替えることはメリットも多いですが、携帯電話・スマートフォンの購入費、通話料や通信費のランニングコストがかかることも考慮しましょう。

コストを抑えるためには、最適な法人プランを選ぶことが大切です。

法人契約できる携帯電話はさまざまなので、各社のプランをしっかりと比較してください。

法人携帯を契約するデメリット・注意点2
従業員のストレスが増える可能性がある

携帯電話の2台持ちは従業員のストレスが増える可能性があります。

たとえば、休日でも業務対応をしなければならない場合、定期的に貸与された携帯をチェックする必要があり、オンオフの切り替えが難しいでしょう。

法人携帯を従業員に貸与するにあたって、社内ルールを作り周知するようにしてください。

たとえば、メールなら自動返信などの機能を活用する方法が考えられます。

法人携帯はスマホとガラケーのどっちがおすすめ?

法人携帯に、スマホかガラケーのどちらを選ぶべきなのか悩む人も少なくないでしょう。
ここでは、それぞれのメリットから向いている人の特徴を解説します。

法人携帯でスマホが向いているのはこんな人

通話以外にも、ネットやアプリで業務効率化をするなら「スマホ」がおすすめです。

スマホなら出先でもあらゆる作業が可能になるのが最大のメリットです。

導入コストはガラケーよりも割高で経費削減は難しいと思われがちですが、プランや機種次第ではガラケーと同じくらいに安く済ませられます。

★スマホが向いているのはこんな人
  • 通話以外にも業務利用することが多い
  • 出先でWord、Excel、PDFなどを開きたい
  • 外出時の急なパソコンメールにも対応したい
  • 地図アプリや乗り換えアプリを利用したい
  • 業務効率化のためのアプリを使用したい

法人携帯でガラケーが向いているのはこんな人

通話利用をメインで使用するなら「ガラケー」がおすすめです。

業務における携帯電話の利用が通話やメールの確認といった最低限の機能さえあれば十分ということであれば、電話機能に特化したガラケーで問題ありません。

また、プライベートでガラケーを使っているなら、スマホの操作は難しく感じるでしょう。

月額料金は基本的にスマホより安く済むため、通信コストを抑えられるのもメリットです。

★ガラケーが向いているのはこんな人
  • 導入・運用コストを安く抑えたい
  • 通話とちょっとしたメールのやり取りしか使わない
  • スマホに慣れておらず、操作は簡単なほうが良い
  • 出先での通話が多くバッテリーは長持ちして欲しい

法人携帯はiPhoneとAndroidならどっちがおすすめ?

法人携帯をスマホにするなら、iPhoneとAndroidの選択で悩むところです。
ここでは、それぞれの特徴からメリット・デメリットを解説します。

法人携帯でiPhoneを選ぶメリット・デメリット

iPhoneのメリット・デメリットは以下のとおりです。

iPhoneメリット・デメリット
メリット

  • 古いモデルでも高性能・高機能で使える
  • 安定性があり数年後でも不具合が起こりにくい
  • セキュリティ面に強くウィルス感染などのリスクが軽減できる
  • シンプルな操作感で初心者でも扱いやすい

デメリット

  • Androidと比べると高額なモデルが多く導入コストがかかる

シンプルな操作感で扱いやすいことから、スマホ初心者にはiPhoneが良いでしょう。

ただし、高額なモデルが多いため、Androidよりも導入コストがかかります。

法人契約でAndroidを選ぶメリット・デメリット

Androidのメリット・デメリットは以下のとおりです。

Androidメリット・デメリット
メリット

  • さまざまなメーカーから発売され豊富な機種から選べる
  • 価格帯が幅広く高コスパのスマホが多い
  • カメラ機能に特化したハイスペックモデルも存在する
  • 拡張性が高いことから自分好みにカスタマイズが可能

デメリット

  • iPhoneと比べるとセキュリティ面はやや不安
  • 端末ごとに操作方法が異なるためスマホ初心者には難しい

豊富な機種から選べることから、目的や予算に合わせるならAndroidが良いでしょう。

ただし、端末ごとに操作方法が異なるため、スマホ初心者には難しく感じるかもしれません。

おすすめの法人携帯プラン|ソフトバンク

ソフトバンクに法人携帯に特化した料金プランがあることをご存知でしょうか?

ソフトバンクは安く法人携帯を契約できるのはもちろん、

導入・運用に対しても手厚いサポートをしてくれるので、多くの会社が契約しているキャリアです。

さっそくソフトバンクの魅力を見てみましょう!

法人契約なら24時間かけ放題がついて驚愕の値段!

ソフトバンクには、法人限定の24時間通話無料プランがあります。

具体的な月額料金は下記の通りです。

端末月額料金
ガラケー2,178円~
スマートフォン2,728円~

ガラケーもスマホもリーズナブルな料金ですね。

このお値段で24時間通話無料なので、非常にコスパが良いプランと言えます。

しかし法人携帯で写真・ファイルの送受信、ビデオ通話をする機会が多い人は、データ容量の追加をしなければいけません。

そうは言うものの、テキストの送受信・LINEのやり取りなら基本料金のみで十分の可能性が高いです。

ソフトバンク契約なら「法人スマホコム」がおすすめ

ソフトバンクの法人専用プランで、「かけ放題プランを2178円~」ご案内が可能です。

今・だ・け!端末代金の一括0円キャンペーン開催中!!

 

おすすめの法人携帯プラン|ドコモ

ドコモは、ビジネス形態に合わせてプランを組み合わせることができます。

また長期利用者向けの優遇施策があるので、同じキャリアを長く使いたい方におすすめですよ。

ドコモのおすすめプランは下記の通りです

  • ケータイプラン+ビジネス通話割引
  • ギガホプレミア

プランの詳細を解説します。

 

通話がメインの場合は「ケータイプラン+ビジネス通話割引」がおすすめ

法人携帯では主に通話をするという人には、下記の2パターンのプランがおすすめです。

  • ケータイプラン+かけ放題オプション

  →月額料金の合計3,190円

  • ケータイプラン+5分かけ放題オプション+ビジネス通話割引

  →月額料金の合計2,090円

※それぞれの月額料金は、ケータイプラン1,320円・かけ放題オプション1,870円、5分かけ放題オプション770円です。

ビジネス通話割引は、グループ内での国内通話がかけ放題というオプションです。

取引先とではなく、社内で通話する機会が多い方に向いているオプションと言えます。

 毎月無制限でたっぷり使える「ギガホ プレミア」

コモは毎月最大30GBまで使える大容量プラン「ギガホ プレミア」があります。

月額料金は7,865円と少々高め。

しかし、

  • みんなドコモ割(3台以上の契約で1台あたり1,100円割引)
  • ドコモ光セット割(最大20台まで1,100円割引)

を併用できるのでお得に契約できる場合もあります。

またギガホ プレミアとデータプラス(1,100円)を組み合わせると、効率よくデータ容量を分けることが可能。

具体的なプランは下記の通りです。

親機の法人携帯(ギガホ プレミアで5,478円)+サブスマホのデータプラス(1,100円)

※ギガホ プレミアは、「みんなドコモ割」「2年定期割引」「ギガホ割」が適用された時に5,478円となります。

周りの従業員もドコモにする場合はお得に契約できることが分かります。

一方従業員1人だけがドコモの法人携帯を契約すると、少々高めなので注意しましょう。

携帯の法人契約したい方必見!

おすすめの法人携帯プラン|au

auは法人携帯のプランが充実しているだけでなく、高音質な通話を利用できます。

業務効率化だけでなく、コストも削減できるソリューションを実現しているキャリアなのでおすすめです。

通話の頻度が多いなら「ケータイカケホプラン」がお得

通話の頻度が多い方でauを検討している場合、「ケータイカケホプラン」がお得です。

24時間通話が無料のプランです。月額料金は3,278円。

通話に特化したプランではありますが。1GBのデータ容量が含まれているので通信も可能。

Webサイトの場合、1GBなら約3,490ページが閲覧可能です。そこまでインターネットを使わず通話がメインの方は、ケータイカケホプランがおすすめです!

業務でネット通信がメインなら「使い放題MAX 4G/5G

お仕事の業務でネット通信がメインな方は、「使い放題MAX 4G/5G」がおすすめ!

月額料金は6,580円。利用できる通信量は無制限なので、大容量でインターネットを使いたい方に最適なプランと言えます。

また今までのデータMAX 4G LTE(月額7,650円)・データMAX 5G(月額8,650円)と比べて、2,000円〜1,000円安くなっているのも嬉しい点です。

注意点として、テザリングは月30GBの上限が設けられているので覚えておきましょう。

携帯の法人契約したい方必見!

おすすめの法人携帯プラン|UQmobile

auの子会社として運営しているUQ mobileは、格安SIMなので安いプランで法人携帯を契約できます。

安定した通信・通話ができるので、安心感を持って利用できるキャリアです。

しかしUQ mobileは法人契約の割引がありません。そのためお得感は少ないです・・・。

そうは言うものの、料金設定が元々安いので割引キャンペーンなどは重要視しなくてもいいでしょう。

 

データ通信が少ないなら「くりこしプランS/データ通信が多いなら「くりこしプランL

UQ mobileは「くりこしプランS」「くりこしプランM」「くりこしプランL」があります。

それぞれのプランの内容をまとめました。

くりこしプランSくりこしプランMくりこしプランL
月額料金1,628円/月2,480円/月3,828円/月
基本データ容量3GB/月15GB/月25GB/月

基本データ容量超過時

or

節約モード時

最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps

ータ通信が少ない方には「くりこしプランS」、多い方には「くりこしプランL」がおすすめです。

またくりこしプランの魅力は、当月に使いきれなかった通信量を翌月に繰り越せる点です。そのためデータ容量を無駄にすることなく使うことができます!

通話をするなら3種類のオプション適用がおすすめ

通話をする機会が多い方は、3種類のオプションをつけることをおすすめします。

3種類のオプションは下記の通りです。

  • かけ放題(24時間いつでも):1,700円/月
  • かけ放題(10分/回):700円/月
  • 通話パック(60分/月):500円/月

各くりこしプラン+オプション料金が発生します。

オプション料金自体は安いですね。通話をする機会が多い方は、オプション適用を検討してみてはいかがでしょうか?

携帯の法人契約したい方必見!

おすすめの法人携帯プラン|ワイモバイル

ソフトバンクの子会社ワイモバイルは、格安SIMなので格安プランで法人携帯を契約できます。

魅力は安いだけにとどまりません。

ソフトバンクの高品質な通信が使えるので、格安SIMでも安心感を持って利用できます。

データ通信が少ないなら「シンプルS/データ通信が多いなら「シンプルL

ワイモバイルは3つのシンプルプランがあります。

シンプルS シンプルMシンプルL 
月額料金2,178円/月3,278円/月4,158円/月
データ容量3GB15GB25GB
データ容量超過時の通信速度最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps
通信方式4G/5G対応 ※5Gは限定エリアで提供
通話料22円/30秒

データ通信が少ない方は「シンプルS」、多い方は「シンプルL」がおすすめです。

そうは言うものの、シンプルLは月額料金が少々お高め。

「月のデータ容量は15GBで十分!」という方は、シンプルMを検討するのも良いでしょう。

通話をするなら2種類のオプション適用がおすすめ

通話する機会が多い方は、2種類のオプションをつけることをおすすめします!

だれとでも定額国内通話10分かけ放題770円/月
スーパーだれとでも定額時間・回数制限なし!1,870円/月

対象プランは先ほど紹介したシンプルS/M/Lです。

「取引先や同僚と通話する機会が多い」という方は、上記のオプションを検討してみましょう。

法人携帯プランおすすめ比較ひょう

キャリア名SoftBankNTT docomoauUQ mobileY !mobile
月額料金2,178円〜2,090円〜3,278円〜1,628円〜2,178円〜

携帯の法人契約したい方必見!

法人携帯をよりお得に契約する方法とは?㊙テクをご紹介!

法人携帯をお得に契約する方法は下記の通りです。

  1. 法人向けの正規代理店で契約する
  2. 業務内容に合ったプランを選ぶ
  3. 定期的なプランの見直し

1つずつ丁寧に解説します。法人携帯の導入を検討している方はご覧ください!

法人向けの正規代理店で契約する

法人携帯のコストを抑えるなら、法人向けの正規代理店で契約しましょう。

正規代理店を通してキャリアと契約した方が、端末代に限らず料金プランも安く契約できる可能性が高いです。

代理店契約は不安..

と感じている方もいますよね。

しかし、キャリアと正規代理店は価格競争をしているので、正規代理店にしかない格安プランを利用することができます。

もちろん信頼できるキャリアから契約するのも良いでしょう。

しかし法人携帯の料金を安くしたい場合は、正規代理店のキャンぺ―ンを利用して安く買うのがおすすめです。

大手の安定した通信回線を格安で利用できるので、

一石二鳥でしょう!

業務内容に合ったプランを選ぶ

法人携帯の料金を安くしたい場合は、業務内容に合ったプランを選びましょう。

たとえば・・・

◇ インターネットを使うことが多い
   →データ容量が多いプラン

◇ 取引先との通話が多い
   →通話し放題のプラン

◇ 毎月のデータ通信量がバラバラ
   →使った分だけ料金が発生するプラン

などなど。

自分の業務内容に合うプランで契約すれば、無駄な料金を払うことなくコストを削減できます。

またキャリアによっては、他の従業員とデータ容量をシェアできるプランもありますよ。

定期的なプランの見直し

法人携帯を安く契約したい場合、定期的なプランの見直しをしましょう。

なぜ見直す必要があるのかというと、最新のプランやオプションなどが出てる可能性があるからです。

代理店は常にキャリアと価格競争をしているので、突然料金が変わる場合があります。

プランを見直すことで、現在のプランよりもお得なプランを契約できる場合もあります。そのため、定期的にプランの見直しをおすすめします!

携帯の法人契約したい方必見!

法人携帯を乗り換える際の注意点

少しでもコストを抑えるために、法人携帯の乗り換えを検討することもあるでしょう。
法人携帯を乗り換える際にはいくつかの注意点があるため紹介します。

法人携帯を乗り換える際の注意点
  1. 違約金・残債などの請求を確認する
  2. NMP手続きをしなければ番号を引き継げない

法人携帯を乗り換える際の注意点1
違約金・残債などの請求を確認する

すでに法人携帯を契約している場合は、違約金や残債などの請求を確認しましょう。

スマホで「2年縛り」などの契約をしていることもあり、契約途中で他社に乗り換えると違約金が発生するかもしれないので注意が必要です。

コストを抑えるなら、契約満了まで待つことをおすすめします。

契約を解除するにあたって、どの程度の費用がかかるのかを確認してください。

法人携帯を乗り換える際の注意点2
NMP手続きをしなければ番号を引き継げない

取引先との連絡に支障が出ないように、電話番号の変更は避けたいところ。

法人携帯を乗り換える場合、NMP手続きをしなければ番号を引き継ぐことはできません。

何もしなければ新しい番号へと自動的に切り替わるため注意が必要です。

電話番号が引き継がれれば、取引先や顧客に電話番号を教える手間も省けます。

携帯の法人契約したい方必見!

目的に応じて法人携帯のプランを契約しよう

法人携帯を導入することで、企業にさまざまなメリットがあります。

また、適正なコストで契約するためには、従業員による携帯電話の使用状況を把握し、それに見合ったキャリアやプランに加入することが大切です。

利便性の高いスマホは人気ですが、通話メインの利用ならガラケーでも問題ありません。

目的に応じて法人携帯のプランを契約することで、無駄なコストの削減が可能です。

さまざまな観点から比較して、自社に合った法人携帯を契約してください。

ソフトバンク契約なら「法人スマホコム」がおすすめ

ソフトバンクの法人専用プランで、「かけ放題プランを2178円~」ご案内が可能です。

今・だ・け!端末代金の一括0円キャンペーン開催中!!

 

おすすめの記事