FTPとは何か?ファイル転送の仕組みやデメリットを徹底解説!

Webサイト制作をするときによく聞く言葉が「FTP」です。

Webサイト制作をしない方にとっては馴染みのない言葉ですが、Webに携わる方ならばぜひ知っておきたい言葉です。

そこでこの記事ではFTPの仕組みや、フリーソフトなどを紹介します。

FTPについてよくわからない方はこの記事を読めばFTPを理解できるでしょう。

FTPとは?

FTPとは(File Transfer Protocol)の略であり、簡単にいうとファイルの送受信時に使う通信プロトコルのことです。

通信プロトコルとはネットワーク通信をする際の決まり事を意味します。

通信プロトコルにはさまざまなものがありますが、そのうちの一つに含まれるのが本記事で紹介しているFTPです。

FTP以外の通信プロトコルですと、よく聞く「HTTP」も通信プロトコルの1つです。

FTPを使用することで、ファイルとサーバーのやり取り(PC同士)が可能になります。

しかしFTPをコンピューターが認識できなければ、ファイルの受送信は不可能です。

FTPでできること

FTPでできることは主に以下の通りです。

  • サーバーにアップされたファイルの一覧を閲覧
  • ファイルをサーバーへアップロード、ダウンロード
  • FTPサーバーに接続してデータの操作

FTPは主にWebサイトを公開・更新の他、ファイルをFTPサーバーにアップロード・ダウンロード・共有の際にも使用されているものです。

クライアントサーバーからサーバーへアクセスする際は、サーバー側のホスト名、IPアドレス、ユーザー名やパスワードといった情報を入力する必要があります。

もしFTP接続が成功すれば、getコマンドでファイルの習得、putコマンドでファイル転送といったことが可能になります。

FTPサーバーの種類は主に2つ

FTPサーバーには種類があり、主に以下の2つです。

  • anonymous(匿名)タイプ
  • anonymous以外のもの

anonymousタイプは匿名でのアクセスが可能で、公共機関などの情報公開に使用されており、誰でもファイルのダウンロードができます。

しかしダウンロードのみが可能で、ファイルの中身を勝手に書き換えることはできません。

一方のanonymousタイプ以外のFTPは、ユーザーアカウントとパスワードを使用してログインをします。

ログインに成功すれば許された権限内でのアップロード、ダウンロードが可能です。

ファイルのアップロードは、レンタルサーバーなどにFTPでアクセスしてできるようになっています。

最近ではFTPにセキュリティを加えてSFTPをするものが主流です。

FTPのデメリットはセキュリティ面

FTPのデメリットは、クライアントとサーバー間でのやり取りをするときに暗号化されないことです。

そのためもし悪意のある方がいれば、パスワードや大切な情報が盗み取られる可能性があります。

したがってFTPサーバーの種類の項目で紹介した、「STFP」や「SCP」といった通信を暗号化する手段を使用するのがおすすめです。

セキュリティ面を向上させた3つのFTP

FTPはセキュリティ面が弱点でしたが、今は3つのFTPによってセキュリティが向上しています。

それぞれのプロトコルについて見てみましょう。

SCP

SCPとは(Secure Copy Protocol)の略であり、SSH(Secure Shell)を使用した暗号化通信です。

SSHとは遠隔のサーバーを操作するときに、転送される情報を暗号介してくれるものです。

SCPは一度転送を行うと中断や再開ができませんが、通信速度が早いのでストレスフリーに使用できます。

SFTP

SFTPとは(SSH File Transfer Protocol)の略であり、SSH(Secure Shell)を使用した暗号化通信です。

転送の中断、再開は可能なものの通信速度は衰えます。

しかしSSHを使用しているため、暗号化情報の暗号化が可能なためセキュリティ面が強くなっています。

FTPS

FTPSとは(File Transfer Protocol over SSL/TLS)の略であり、「SSL/TLS」を使用した暗号化通信です。

公開鍵暗号、共通鍵暗号の暗号化技術の組み合わせによって、安全に通信が可能です。

よく使用されているFTPのフリーソフト

FTPのフリーソフトはいくつもあります。

ここでは4つのFTPフリーソフトについて見ていきましょう。

FFFTP

FTPクライアントソフトの定番となっているもので、日本人が開発したソフトです。

大量のファイルが一括転送できたり、ドラッグ&ドロップの簡単操作でファイルをダウンロード・アップロードできます。

日本人に嬉しい漢字変換コードもあるため、利用しやすいでしょう。

WinSCP

WinSCPとはオープンソースで開発されています。

暗号化されたデータの受送信ができるため、安全に利用できます。

日本語を含めていくつもの言語が翻訳できるため、グローバルな環境下でも利用できるでしょう。

Filezilla

FilezliiaとはFTP、FTPS、SFTPに対応しているクライアントソフトになります。

ファイルの高速転送ができるため、ストレスなく使用可能です。

FFFTP同様、ドラッグ&ドロップの簡単操作でファイルのダウンロード・アップロードが可能です。

CrossFTP

CrossFTPとは日本語を含めて他の言語も翻訳可能です。

ファイルの高速転送もできるので、ストレスフリーで使用できるでしょう。

リモートファイルの検索機能によって、遠隔地でも便利に使用できます。

FTPのダウンロード方法〜FFFTP編〜

FTPやSFTPを利用してファイルをやり取りするためには、先ほど紹介したFTPクライアントソフトが必要です。

ここではFFFTPの利用方法について紹介します。

FFFTPは窓の社にてダウンロードできます。

Windowsならばコマンドプロンプト、MacであればターミナルでFTP通信が可能です。

有料のソフトもありますが、フリーソフトでも十分使用できます。

そのため初心者の方は無料のソフトがおすすめです。

まとめ

この記事ではWeb制作をする上で知っておきたい言葉、「FTP」について解説しました。

FTPはファイルをやり取りする際の通信の決まり事、ファイルをサーバーにアップロード・ダウンロードする際に必要となるものが分かったでしょう。

FTPを理解するためには、先ほど紹介したフリーソフトといったものを触ってみるのがおすすめです。

おすすめの記事