TimeCrowd / 業務時間が見える時間管理ツール

 

業務時間の見える化なら
時間管理ツールTimeCrowd(タイムクラウド)

タイムクラウドは、時間管理ツールです。

「誰が」「どの業務を」「どのくらい」行っているかがリアルタイムで把握できることに加えて

会社や部門全体の業務時間の内訳を見える化することが可能です。

それにより、業務見直しによる生産性向上、プロジェクトごとの人件費含めた収益改善を実現することが出来ます。

 

 

サービスのポイント!
  • シンプルな機能で誰でも簡単に使える!
  • 導入することで売上向上、業務改善など様々なメリットが多数!
  • 拡張性が高く、様々なツールと連携可能!

TimeCrowdの概要

「思うように仕事が進まない…」
チームがうまく回らない原因は時間の使い方にあるのかも。
TimeCrowdなら3STEPで時間の使い方を見直すことが出来ます。

 

TimeCrowdでできること

 

TimeCrowdでできること①

ユーザー
テレワークになって、メンバーの稼働状況がわかりづらい

TimeCrowd
テレワーク環境下でも「誰が」「今何の業務を」「どのくらいの時間しているのか」チームメンバーの状況をリアルタイムで把握可能です!
シンプルな時間管理ツール

タスクの時間を記録して見える化することに特化しているから、操作がかんたん。
Chrome拡張を使えば、開いているWebページ名やChatWorkタスクの内容をタスク名にして、文字入力不要で記録を始められます。

 

TimeCrowdでできること②

ユーザー
業務改善を行いたいが、業務の時間配分が分からない

TimeCrowd
どの業務にどのくらいの時間がかかっているか、部門/人/期間も柔軟に設定可能で
幅広い切り口から
工数/業務時間を様々なグラフを元に見える化できます
※CSVでのダウンロードも可能です。
時間もメンバーの動きも見える化

チームのメンバーが時間を記録している状態をチームで共有します。
誰が何をしているかわからない状態がなくなり、時間もメンバーの動きも見える化されます。時間とタスクだけを共有するから、束縛感もありません。

 

TimeCrowdでできること③

ユーザー
案件ごとに稼働時間(人件費)を、簡単に正確に把握したい

TimeCrowd
人ごとに人件費を設定でき、案件/プロジェクトごとに人件費を見える化する事が可能に!
更に、収益性の高い/低いプロジェクトの把握もできるので、人件費を含めた事業の実態収益の把握を実現します
〇レポート機能とCSVで欲しいデータを取得

レポート機能でチーム、ユーザー、期間ごとのグラフを出力することが出来ます。CSVエクスポート機能は全データ出力出来るので、データ分析に最適です。

TimeCrowdの機能一覧

  • Googleアカウントでログイン

    Googleアカウントをお持ちなら、新たにアカウントを作る必要なくご利用いただけます。
    G suiteご利用の方ももちろん対象です。
  • メンバー機能

    現在稼働中のチームメンバーを確認出来ます。同じ場所にいないメンバーから、隣の席のメンバーまで、チームの今を見える化します。
  • 単価計算

    チーム、ユーザーごとに単価を設定することが出来ます。単価を設定すると、その月の金額やタスクごとの金額をレポートから確認することが出来ます。
  • Chrome拡張でより簡単に記録

    タスク名の入力をせずに開いているページ名で記録を開始。ChatWork上から記録をすることも可能です。
  • ツールと連携


    Slack、ChatWorkと連携し、従業員の入力忘れなどを通知できます。現場の定着支援のサポートも充実しています。

  • APIで機能無限大


    TimeCrowdのデータを用いて様々なことに活用いただけます。

TimeCrowdの料金

TimeCrowdについて、詳細を知りたい方は「資料請求」

料金について知りたい方は、お見積りをどうぞ!

 

TimeCrowd導入企業

大手人材派遣業・法律事務所からITサービスまでさまざまな企業・団体さまがご利用中

そのほか延べ2,000以上の企業さまがご利用されています

TimeCrowdの導入事例

キリンホールディングス株式会社

“未来の予測”にも活用予定!キリンホールディングスが期待するTimeCrowdの可能性とは

キリンホールディングスのコーポレートコミュニケーション部IR室は「業務時間の見える化」や「業務改善」を目的に、2021年4月からTimeCrowdを導入しました。 現在は過去実績の分析がメインとのことでしたが、将来的には”未来の予測”にもTimeCrowdを活用したいと考えているそうです。

スパイスファクトリー株式会社

成長を続けるDXエージェンシーへ、TimeCrowdの活用法をインタビュー!

スパイスファクトリーでは「チーム・個人の成長を促進する環境づくり」に力を入れており、その環境づくりに活躍しているツールの1つとなっているのがTimeCrowdです。

株式会社ワークスビジネスサービス

使用率99%!BPOベンダーに聞く、TimeCrowdを使ってもらうポイントとは?

2021年2月よりTimeCrowdを導入し、導入2ヶ月目にして使用率99%を達成したワークスビジネスサービス。今回はTimeCrowdの活用法や使用率UPのために工夫したことなどをお聞きしました。

株式会社スカイアーチネットワークス

TimeCrowdはメンバーを守るツール!サーバー管理会社が実践する活用法も紹介

スカイアーチネットワークスでは、TimeCrowdを「メンバーを守るツール」と捉え、それぞれが本当にやるべき仕事に時間を割く体制を整えています。

GVA法律事務所

法律事務所ならではのTimeCrowdの使い方と活用法とは

GVA法律事務所は、国内のみならず、タイやフィリピンにもオフィスを構え、ベンチャー企業やスタートアップ企業を中心に法務支援を行っている弁護士法人です。 そんなGVA法律事務所のバックオフィス業務を支えているのがTimeCrowd。

 

TimeCrowd会社概要

会社名:タイムクラウド株式会社

本社所在地:東京都港区赤坂二丁目10番2号吉川ビル2階

代表者名:西小倉宏信

 

ミツモルについて

ツール選びのサポートをさせて頂きます!

ツール選びに迷っている方は、「ミツモルコンシェルジュ」にご相談下さい。
第三者目線で、貴社の課題解決に最適なサービスをご紹介させて頂きます。

「ミツモル」に貴社のサービスを掲載しませんか?
サービスの掲載を通じて、認知度の向上・見込み客の獲得のサポートをさせていただきます。
掲載につきまして初期費用や固定費は頂かず、お見積り依頼時に料金が発生する完全成果報酬型となっております。

おすすめの記事