SVF / 選ばれ続けてNo.1の総合帳票基盤ソリューション

 

SVFは、商取引で発生する請求書、納品書、発送伝票や、公的機関発行の各種証明書などの各種帳票類の設計、出力をオールインワンで実現する総合帳票基盤ソリューションです。

 

サービスのポイント!
  • 国内シェアNo.1!導入実績は28,000社以上
  • あらゆる帳票作成、多様なプリンターに対応
  • 堅牢なセキュリティとデジタル化の実現

SVFとは

SVFは、日本固有の請求書や公的証明書といった複雑な帳票フォームを専用のGUIで簡単に設計し、
上位アプリケーションと連携して安定的な業務運用(大量出力、多様な出力、デジタル化)を実現する、総合帳票基盤ソリューションです。

あらゆる帳票作成に対応

あらゆるデータに対応
SVFは、一般的な伝票から日本固有の複雑な帳票フォームの設計まで幅広いデザインが可能です。
印刷するだけではなく、PDFやExcelといった多様な出力形式で運用可能です。
また、帳票のレイアウトを専用のGUIで開発できるのはもちろん、Word、Excel、PDFで作成した帳票、または紙ベースで利用している帳票など、既存の帳票を活用して簡単に帳票設計することも可能です。
これらの機能により、帳票設計の工数を削減し、圧倒的な生産性を可能にします。

多様なプリンターへの対応

独立系パッケージベンダーの強みを活かし、あらゆるメーカーのプリンターに標準対応しています。
豊富なインターフェースで、環境を問わずどのようなシステムでもご利用可能です。
あらゆるプリンターに対応

多様化する業務環境への対応

  • グローバル対応
  • 日本語を含む26ヶ国語で帳票出力することができます。またチャートについても8ヶ国語で表現できます。 英語OSや操作画面の英語・中国語の対応によって、グローバル化を見据えた帳票基盤としてご利用いただけます。

 

  • 多様な閲覧環境への対応
  • HTML5(SVG)形式での出力に対応し、スマートフォンやタブレットなどの様々なWebブラウザで帳票を閲覧できます。 デバイスや専用ビューアーの制約といった閲覧環境における課題を解消し、あらゆる業務シーンで帳票をご利用いただけます。

 

  • RFID出力への対応
  • 小売業と切っても切り離せない要素"在庫管理"において、大量の商品を一括で読み取れるかつ在庫管理のデジタル化を短時間で実現させることができるため在庫管理の効率化につながる技術としてRFIDが注目されておりその市場は拡大し続けています。SVFではTEC機種のラベルプリンターにて、RFIDタグへの出力に対応しています。従来のバーコードによる運用に加え、ICタグによる非接触の商品管理が可能になります。

 

堅牢なセキュリティ

  • 業務に合わせたセキュリティの設定がファイルごとに

さまざまなデバイスで表示・印刷ができるPDFファイル、自由度の高い画像の保存形式であるTIFFファイル、出力後に二次加工が可能なExcelファイル、あらゆるブラウザで閲覧可能なSVGファイルなど、一つの帳票を用途に応じた最適なファイルフォーマットで出力することができます。

PDFファイルは独自のエンジンにより、大量の出力に耐えられるよう軽量化され、暗号化や文書改ざん禁止など業務に合わせてセキュリティ設定することもできます。

  • 各帳票の再印刷や追跡管理が可能

印刷データのスプールファイルやユーザー情報、プリンター情報、運用状況などを管理して、帳票の再印刷や証跡管理を行うことができます。一元的な出力管理環境を構築することによって、セキュリティ対応や運用負荷の軽減など、大規模な帳票運用を実現できます。

専用画面へのログインは、外部の認証サーバーが保有する認証情報を利用して、シングルサインオンすることも可能です。(SAML認証)

これによりパスワード管理が不要になり、セキュリティ面でリスクを低減します。

電子化・ペーパレス化の実現

SVFは、紙帳票の出力だけでなくPDFやExcelといった電子ファイル形式で帳票を出力することで、帳票の長期的な保管を実現します。

また、ウイングアークは環境変化に応じたお客様の帳票運用を支援する製品サービスを複合的にご提供しています。

ペーパーレス

 

SVFでできること

システムの中でも特に帳票はシステムごと、拠点ごとに仕組みが独自化し、調達・運用コストが高くなる傾向にあります。
SVFは企業の中で個別に管理されている帳票システムを拡張しながら共通化できます。
帳票基盤化し、システムを一元化することでビジネスの変化への迅速な対応コスト削減の両立が実現できます。
また、証跡管理等の情報も一元管理できるため、内部統制にも有効です。

 

導入実績

 

svf導入実績 国内シェアNo.1

導入実績

 

革新と安定をお届けするSVFですが、国内シェアNo.1、導入実績は28,000社以上にのぼります。

「商取引に革新と安定を」のフレーズで選ばれ続ける実績あるソリューションです。

 

SVFの評判・口コミ

帳票出力と言えば、昔からコレ!!と言える、信頼感。

デザイナの優秀さと、既存デザインを取り込む補助機能の優秀さで、電子化後の帳票イメージ検討の時間も削減できるし、既存帳票を背景にして新しい帳票を作れるので、新規帳票の作成も効率的に出来ます。
簡単にまとめると、以下が良いポイント。
・既存帳票イメージを画像として取りこみ可能。背景にして電子化を効率的にできる!
・既存帳票ベースで作れるので、電子化後の現場との調整がかなり少なく済む!
・過去からの積み重ねがあるので、デザイナやAPIがかなり優秀。大体の帳票要件が実現可能。
・PDF化する前のタイムスタンプ埋め込みもプログラム側で可能(電帳法改正対応可能)
 ※ファクトリークラスで上手に仕組みを作っていれば、親クラス側で一括対応も可能
・印刷先にネットワークプリンタを指摘することもでき、会社の統合印刷環境を構築も可能。
ITコンサルタント(参照元:ITレビュー
帳票作成ツールのデファクトスタンダード

帳票生成に必要な機能が軒並み網羅されており、かなり高度で複雑な要件にも対応ができるので開発の際に助かります。複雑で細かな業務内容の帳票生成をしなくてはならないときに、イメージどおりに枠組みの動的なデザインを実現することができました。
改善してほしいポイントとして、立ち上げまでに時間がかかるため、性能面が改善されると非常に使いやすくなると思います。
また、トライアルとして期間限定つきで全機能利用できれば、もっと評価&導入がしやすかったかと思います。
情報通信・インターネット(参照元:ITレビュー
帳票開発の必須ソフト

紙ベース帳票をシステム内に盛り込む際に便利です。アドバンス版でなくてもレイアウトの再現は工夫次第でほぼ可能で、細かい条件等を指定して改行や別レイアウトの再現も可能です。
Excel帳票を人を介して出力・記載していた人件費を、システム化して大幅に削減することができました。また既存のワークフローシステム等と連携し、必要な帳票の作成漏れも防げました。
改善点として、SVF上で指定した範囲と印刷結果では、表示される文字数にやや違いが出てきてしまうので都度印刷して確認になっています。また、アドバンス版と通常版の互換性があまり無いです。
ソフトウェア保守・運用管理(参照元:ITレビュー

SVF会社概要

会社名:ウイングアーク1st株式会社

設立:2004年3月

資本金:10億8,400万円(2022年2月末現在)

代表者名:田中 潤

 

ミツモルについて

ツール選びのサポートをさせて頂きます!

ツール選びに迷っている方は、「ミツモルコンシェルジュ」にご相談下さい。
第三者目線で、貴社の課題解決に最適なサービスをご紹介させて頂きます。

「ミツモル」に貴社のサービスを掲載しませんか?
サービスの掲載を通じて、認知度の向上・見込み客の獲得のサポートをさせていただきます。
掲載につきまして初期費用や固定費は頂かず、お見積り依頼時に料金が発生する完全成果報酬型となっております。

おすすめの記事