求人広告代理店と求人直販メディアの違い、メリット・デメリット、おすすめの求人広告代理店もご紹介!

「求人広告代理店と求人メディアの違いって?」
「求人広告代理店の特徴を知りたい!」

求人広告代理店と聞いてどんな印象を受けますか?
求人を実際にメディアに掲載する際、「求人広告代理店」と「求人メディア」にはそれぞれ異なる特徴があります。

こちらの記事では、「求人広告代理店」と「求人メディア」の違いや特徴などをご紹介していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

おすすめ求人広告代理店はFREE JOB

おすすめポイント
  1. 無料プランがある為、お試しで使い始められる
  2. 様々な分野で一位を獲得している実績あり!
  3. 最短2週間で始められるスピディーな対応

求人広告代理店と求人直販メディアの違いとは?

求人広告代理店と求人直販メディアは似たようで、全く異なる特徴があります。

求人広告代理店と求人直販メディアとは?

どちらも求人を掲載することができますが、一番の違いは求人数です。

求人直販のメディアは自社サイトのみとなり、求人広告代理店の場合は複数の求人サイトで求人を取り扱うことが可能になります。

求人広告代理店とは?

代理店と聞くと、あまり良い印象を持たない人もいらっしゃると思いますが、

求人広告代理店は複数の求人メディアを取り扱っているため、採用成功の実現がしやすくなります。

また、求人掲載にかかるとぼ全ての手間を代理店が引き受けてくれるます。
複数の求人メディアに掲載しても窓口が1つなので、情報を一度で入手でき、手間や時間がかかることはありません。

また各店舗のキャンペーンなどを組み合わせることで、各店舗に直接発注するよりもコストを抑えることもできます。

求人直販メディアとは

求人直販メディアとは簡単に説明すると、求人メディアの運営元の会社を指します。

直接求人直販メディアと契約をすることで安心感があり、また有名で知名度の高い求人直販メディアに求人を掲載することで、

全国の求人を探している人の目にとまりやすいいという特徴があります。

ちなみに、求人直販メディアという言葉を聞いたころがない方の為にご説明しますが、「リクルート・マイナビ・リクナビ・doda」などになります。

▼おすすめ求人広告代理店の詳細はこちら!▼

求人広告代理店と求人直販メディアに依頼する際の違い

続いて、求人広告代理店と求人直販メディアに依頼する際の違いについてご紹介します。

求人広告代理店と求人直販メディアには主に以下のような違いがあります。

求人広告代理店と求人直販メディアの違い
  1. 取り扱い媒体数の違い
  2. 得意な提案内容の違い
  3. 料金の違い

    求人広告代理店と求人直販メディアの違い1
    取り扱い媒体数の違い

    求人広告代理店と求人直販メディアは圧倒的に取り扱い媒体数の違いがあります。

    簡単に説明すると、求人直販メディアの方は自社メディアのみの取り扱い、

    求人広告代理店は会社や求人を掲載するメディアが代理店によって異なるため、取り扱い媒体数は求人広告代理店の方が多いです。

    求人広告代理店と求人直販メディアの違い2
    得意な提案内容の違い

    求人広告代理店と求人直販メディアでは得意な提案内容も異なります。

    求人広告代理店の場合は様々な求人メディアと契約をしているため、職種や雇用形態をはじめ、

    クライアントの採用条件やターゲットなどをヒアリングしてクライアントの条件に合った相性の良い提案が可能です。

    一方で求人直販メディアの場合は取り扱っているメディアでのおすすめの求人の出し方やオプションの提案などが可能になります。

    求人広告代理店と求人直販メディアの違い3
    料金の違い

    求人掲載を考えている誰もが気になる料金についてですが、

    正直求人広告代理店も求人直販メディアも基本的にそこまで料金に違いがあるわけではありません。

    もちろん各会社や代理店によっても多少料金の前後はありますが、どちらが安いと言い切ることは難しいです。

    ▼おすすめ求人広告代理店の詳細はこちら!▼

    求人広告代理店と求人直販メディアのメリット・デメリット

    続いて、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

    求人直販メディアに依頼する際のメリット・デメリット

    まずは求人直販メディアのメリットとデメリットをご紹介します。

    求人直販メディア メリット・デメリット
    メリット
    ・安心感がある
    ・自社求人のメディアについて詳しい

    ■大手企業や知名度が高い会社が多いので、安心感がある

    求人直販メディアは一般的には先ほど紹介したリクルートやマイナビ、リクナビ、dodaなどの一度は聞いたことがあるような全国展開している大企業がほとんどです。

    そのため、求人広告代理店が契約しているメディアよりも知名度が高く、会社の信頼度が高いというメリットがあります。

    また、利用者からしても名前の聞いたことがあるメディアから求人を探す人も多いために応募者の確保や良い人材の確保が期待できます。

    ■自社求人のメディアについて詳しい

    求人直販メディアは自分たちで取り扱っているメディアにて求人の掲載を行ってるため、自社求人のメディアには詳しいです。

    直販のみが持っている情報やノウハウを得ることができるため、代理店へ共有される前の情報が分かります。

    求人直販メディア メリット・デメリット
    デメリット
    ・手間がかかる
    ・自社メディアへの掲載しかできない

    ■基本的には自身で進めていく必要がある為、手間がかかる

    求人直販メディアに依頼する場合は基本的に運用作業は自身で進めていく必要があります。

    運用ノウハウがある人が会社に一人でもいない限り、なかなか難しいと言えるでしょう。

    求人を直販メディアに掲載しても、運用はとても重要な作業となります。

    自社の求人墓募集ページなども自身で作る必要があるため、時間や労力がかかるというデメリットがあります。

    ■自社メディアへの掲載しかできない

    求人直販メディアは自社のメディアへの掲載しかできません。

    そのため、複数の求人メディアに自社の求人を掲載することができなく、地元に強い求人サイトなどの掲載を行うことも難しくなります。

    求人広告代理店に依頼する際のメリット・デメリット

    次に、求人広告代理店に依頼する際のメリットとデメリットをご紹介します。

    求人直販メディアのメリット・デメリットと比較してみてください。

    求人広告代理店 メリット・デメリット
    メリット
    ・採用成功が実現しやすい
    ・複数メディアの情報をフラットに比較できる
    ・手間を抑えられる

    ■複数メディアに一括掲載出来るため、採用成功が実現しやすくなる

    求人広告代理店に依頼する場合は代理店が契約している複数メディアに一括で掲載出来るため、採用成功が実現しやすくなります。

    複数のメディアに求人を掲載することで、たくさんの利用者に自社の求人を見てもらうことで、より良い人材を確保することができます。

    ■複数メディアの情報をフラットに比較できる

    複数メディアの情報を自社でフラットに比較できるため、様々な対策が取りやすいです

    情報を一度整理した上で、採用ニーズに合わせた求人メディアを選択することができます。

    ■ やり取りが代理店だけで済むため、手間がかからない

    複数の直販とやりとりをしていると、何か変更点がある際は1社1社にわざわざ連絡しなければいけません。

    しかし、求人広告代理店はやりとりが代理店だけで済むため、手間がかかりません。

    求人広告代理店 メリット・デメリット
    デメリット
    ・対応が遅れる可能性がある
    ・営業担当によって商材知識に偏りがある

    ■求人直販メディアより対応が遅れる可能性がある

    求人広告代理店の場合、自社で取り扱いをしているメディアに求人を掲載するわけではありませんので、

    相談したいことや変更点があった場合は利用者→代理店→直販メディアといった流れで話を進めるため、

    内容によっては対応が遅れる可能性があります。

    ■代理店や営業担当によって商材知識に偏りがある

    求人広告代理店のレベルや商材知識は全て同じというわけではありませんので、契約する代理店や代理店の営業担当によって偏りがあります。

    その為、まずは営業担当の話し方や雰囲気、提案能力などを見極める事も大事になります。

    ▼おすすめ求人広告代理店の詳細はこちら!▼

    求人広告代理店と求人直販メディアどちらが向いているか

    求人広告代理店と求人直販メディアそれぞれのメリットとデメリットが確認できたところで、

    自社の求人掲載はどちらに依頼するか迷う人もいらっしゃると思います。

    求人広告代理店と求人直販メディアそれぞれには異なる特徴があり、実際にそれぞれにおすすめする場合の例をご紹介します。

    求人直販メディアがおすすめの場合

    求人直販メディアは以下のような状況の人や会社におすすめです。

    • 自社の求人サイトの掲載は1つに決まっている場合
    • 求人のメディアこだわりがある場合
    • 知名度がある求人メディアに求人を掲載したい場合

    求人広告代理店がおすすめの場合

    求人広告代理店は以下のような状況の人や会社におすすめです。

    • サイトの違いを分析して求人メディアの違いが知りたい場合
    • 他の業務効率を良くしたい場合
    • 求人の提案の幅を広げたい場合

    ▼おすすめ求人広告代理店の詳細はこちら!▼

    求人広告代理店を選ぶ際に確認すること!

    求人広告代理店を選ぶ際は様々ポイントを事前に確認しておくことで、後々失敗してしまうリスクを回避できます。

    求人広告代理店を選ぶ際のポイント!
    1. 企業として信頼できるか
    2. 人材採用に関するスキルやノウハウはありそうか
    3. 制作する広告の質は問題ないか
    4. 営業担当のレベルはどうか
    5. 掲載前後のフォローはどうか

    求人広告代理店 選ぶポイント1
    企業として信頼できるか

    依頼しようと考えている企業はしっかり信頼できるのかがまずは重要です。

    求人掲載は数日は数か月ではなく年間を通して契約する場合が多いため、信頼できる企業かどうかを確認しましょう。

    求人広告代理店 確認ポイント
    1. 運営しているのは、法人か個人事業か
    2. HPはあるか
    3. 経験年数は豊富か
    4. 所在地はどこでしっかりしているのか

    運営しているのは、法人か個人事業か

    求人広告代理店は正直やろうと思えば誰でもできます。

    現状、求人広告代理店を個人事業主として運営している人も中にはいます。

    HPはあるか

    法人の場合でも個人で求人広告代理店を運営していたとしても、HPの作成はできます。

    HPがないところは運営の許可を得ていない可能性があります。

    経験年数は豊富か

    どれだけ優秀な企業でも、経験年数がない企業は契約している求人直販メディアの会社との信頼関係もまだ築けていない場合があるため、企業の経験年数や設立年月日などを確認することをおすすめします。

    所在地はどこでしっかりしているのか

    法人の場合は特に問題ないかと思いますが、個人事業主などは会社の所在地がしっかりしているか確認しましょう。

    マンションの一室が住所の場合や繁華街の中の雑居ビルに住所がある場合は信頼度が低いと言えます。

    求人広告代理店 選ぶポイント2
    人材採用に関するスキルやノウハウはありそうか

    依頼を考えている求人広告代理店は人事採用に関わるスキルやノウハウがあるかどうかを確認することも重要です。

    求人広告代理店 確認ポイント
    1. 求人広告代理業がメイン事業
    2. 企業規模
    3. 取り扱い媒体数
    4. 新しい商材の取り扱いがある
    5. デメリットを伝えてくれるか

    求人広告代理業がメイン事業

    広告代理店の中には代理店業と並行して他の事業を展開しているところもあります。

    代理店の場合は直販の企業よりも人材採用に関する知識が少ない場合が多く、ましてや他の事業を展開している場合はノウハウやスキルなどが少ない場合があります。

    企業規模

    企業規模が大きければ大きいほど、自分以外にその代理店を信頼している人が多い表れでもあります。

    取り扱い媒体数

    取り扱い媒体数は多ければ多いほど良いでしょう。

    媒体が多いとうこともその企業の信頼度を確かめるポイントになります。

    新しい商材の取り扱いがある

    時代が進むにつれて、求人の方法は年々変わってきます。

    10年前に良いとされていた媒体でも、10年後の今はほとんど使われていないこともあるため、新しく今の時代に合った新しい商材があるかどうかを確認しましょう。

    デメリットを伝えてくれるか

    求人掲載を依頼する前に相談をすると思いますが、その際に企業のデメリットを伝えてくれるかどうかも確認しましょう。

    求人広告代理店 選ぶポイント3
    制作する広告の質は問題ないか

    広告代理店はそれぞれ広告の質や制作のレベルが異なります。

    広告の質は求人採用にとっても重要なポイントでとなりますので、必ず確認しましょう。

    求人広告代理店 確認ポイント
    1. 過去の制作実績を見せてくれる
    2. 制作担当者がいる
    3. 修正に対応してくれるか

    過去の制作実績を見せてくれる

    相談をする際、代理店によっては過去の制作実績を見せてくれるとこもあります。

    制作担当者がいる

    代理店によっては営業担当者と制作担当者が同じところもあります。

    質という部分だけみれば、制作だけを行っている担当者の方が良いと言えますので、できれば営業担当者と制作担当者が別の代理店がおすすめです。

    修正に対応してくれるか

    制作が完了しても、想像していたものと違う場合は修正が生じることもあります。

    必ず修正対応してくれる代理店を選びましょう。

    求人広告代理店 選ぶポイント4
    営業担当のレベルはどうか

    営業担当者のレベルも良い求人広告代理店を選ぶ際の重要な判断基準となります。

    求人広告代理店 確認ポイント
    1. 最低限のビジネスマナーができているか
    2. こちらの質問に対して的確な回答ができるか
    3. 電話やメールでの連絡はスムーズか
    4. 求人情報について、しっかりヒアリングをしてくれるか

    最低限のビジネスマナーができているか

    ビジネスをする上で、制作の質や企業の知名度も大切ですがそれ以前に最低限のビジネスマナーができていない代理店はおすすめしません。

    こちらの質問に対して的確な回答ができるか

    こちらの質問に対して「わからない」と回答する人もいますが、分からないならすぐに確認して連絡するのがマナーです。

    そのため、こちらの質問に対して分からないことでも適格な回答ができるかどうかを事前に確認しましょう。

    電話やメールでの連絡はスムーズか

    電話に出ない、折り返しの電話もかかってこない、メールの返信も遅い営業担当者は論外です。

    そのような対応の場合は依頼するのはやめておきましょう。

    求人情報について、しっかりヒアリングをしてくれるか

    求人情報は採用に関わるとても大切なことです。

    また、利用者からするとどのような求人内容が良いかなどを把握することは難しいです。

    求人広告代理店 選ぶポイント5
    掲載前後のフォローはどうか

    求人の掲載前後のフォローも重要な判断基準の一つです。

    万が一掲載した後に間違いを発見した時や不具合が発生した時に対応してくれないような代理店は選ばないようにしましょう。

    求人広告代理店 確認ポイント
    1. 掲載中や掲載後に効果確認の連絡がこまめにある
    2. 効果が出ない場合は再提案がある
    3. 振り返りをしてくれるか

    掲載中や掲載後に効果確認の連絡がこまめにある

    求人はメディアに掲載してからがスタートです。

    求人を掲載した後、代理店の方から何も連絡がない場合は別の代理店に切り替えた方が良いかもしれません。

    効果が出ない場合は再提案がある

    自分で完璧な求人を掲載しても、実際には効果が得られないこともよくあります。

    その際に、再提案などのアプローチがあるかどうかを確認しましょう!

    振り返りをしてくれるか

    求人の掲載をやめるときに次回の提案や改善点などを伝えてくれる代理店は良い代理店と言えます。

    もしも何もアプローチがない場合は、次は別の代理店に依頼するほうが良いかもしれません。

    おすすめの求人広告代理店一覧

    ここからは、おすすめの求人広告代理店を4社ほどご紹介します。

    1:FREE JOB

    おすすめポイント
    1. 無料プランがある為、お試しで使い始められる
    2. 様々な分野で一位を獲得している実績あり!
    3. 最短2週間で始められるスピディーな対応

     

    2:ONE

    引用元:「ONE

    特徴

    ① 中途・新卒・アルバイト、全ての採用に対応可能。
    ② 取扱求人広告が非常に多い
    ③ 求人広告掲載だけではなく、採用代行・人材紹介など複数の採用手法から選択可能

    3:マルニ

    引用元:「マルニ

    特徴

    ① 最短3日で掲載可能!連絡も24時間365日受付中で安心
    ② 掲載前後のしっかりとしたサポート体制が充実
    ③ 都度キャンペーン情報などを公開中の為割引が受けられるかも

    4:ULFORCE ONE

    引用元:「ULFORCE ONE

    特徴

    ① 中小企業の人材採用に特化している
    ② 製作スタッフ在中なので現行のクオリティは高い
    ③ 掲載前後のしっかりとしたサポート体制が充実

     

    一番おすすめはFREE JOB!

    求人広告代理店の一番のおすすめはFREE JOBです!

    FREE JOB

    特徴

    ① 知名度の高い有名な5つの求人メディアに無料で掲載可能
    ② 連携メディア数が魅力の採用支援サービスNO.1
    ③ サポートが充実している採用支援サービスNO.1

    FREE JOBは5つの求人メディアに無料で求人を掲載、応募管理までできます。

    また、求人の情報だけFREE JOBに連携することで、自社の求人ページを自動で作成してくれるため、手間も時間もかかりません。

    無料で求人情報を掲載できますので、まずは無料のメディアでの求人効果を実際に体感した上で有料プランに切り替えてみるのも良いかもしれません。

     

    まとめ

    こちらの記事では、求人広告代理店と求人直販メディアの違いやそれぞれのメリットとデメリット、おすすめの求人広告代理店などをご紹介してきました。

    これまでの内容を簡単にまとめます。

    求人広告代理店と求人直販メディア まとめ
    • 求人広告代理店と求人直販メディアの一番の違いは求人数
    • 料金はどちらあまり変わらない
    • 代理店に依頼する場合は信頼できる代理店かどうかを契約前に確認する
    • 代理店の一番のおすすめはFREE JOB

      最後までご覧いただきありがとうございます。

      ▼FREE JOBの詳細はこちら!▼

      おすすめの記事