厳選したおすすめの社宅代行サービス5選!対応範囲の業務や特徴についてもご紹介!

 

社宅管理にはさまざまな業務があり、自社だけで行うのは手間がかかると感じている企業も多いでしょう。

このようなケースで、近年活用されているのが社宅代行サービスです。

特にここ最近では注目度も上がり、活用している企業が多いですが、そもそもどのようなサービスなのかいまいち理解できていない方も多いでしょう。

この記事では、代行してくれるサービスの内容から活用するメリットまで紹介します。

また、厳選したおすすめの代行業者についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

社宅代行サービスとは?

社宅代行サービスとは、自社が管理する社宅を外部に依頼して代行してもらうサービスのことです。

活用することによって今まで自社で行ってきた業務を任せることができるため、担当者の負担を軽減させることが可能になります。

社宅代行サービスの業務内容

どのような業務を任せられるのかについては、それぞれの業者によっても異なります。

主に下記のケースで依頼できる内容も変わるため、詳しく見ていきましょう。

社有社宅のケース

社有社宅とは、簡単に説明すると会社が保有している不動産です。

これらのケースで依頼できる業務内容としては主に下記の4つがあげられます。

 

  • 資産管理
  • 入居・退去の手続き
  • 入居者対応
  • 社宅の設備管理(保守・点検など)

 

借り上げ社宅のケース

借り上げ社宅とは、主に賃貸物件を借りて社宅にするという方法です。

物件を探すことからスタートする場合も、それに対応してくれるケースもあるなど幅広くサポートしてくれます。

具体的に対応できる業務は下記のとおりです。

 

  • 物件情報の提供から下見
  • 契約・更新・解約など各種手続き
  • 入居・退去管理
  • 入居者対応
  • 家賃支払い・更新料・修繕費などの支払い管理
  • 預入金残高管理

社宅代行サービスを活用するメリット

社宅代行サービスを活用することによって企業にもたらすメリットは大きく分けて5つあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

複数の社宅を一括管理できる

管理する社宅の数はそれぞれの企業によって異なりますが、中には全国に設置されていたり、数が多いところもあるでしょう。

規模が大きな場合に自社で管理をするとなると、

契約時期を一つひとつ把握しなければならなかったり、個々で管理することによってまとまりがなかったりとあらゆる問題が発生します。

特に事務作業は膨大な量となり、人手も必要となるでしょう。

しかし、社宅代行サービスならこれらの業務を一括で管理できるようになり、あらゆる手間を省くことが可能です。

異動時期でも業務の負担が増えることがない

従業員の異動時期は各企業によっても異なりますが、一般的に年度末に行われることがほとんどです。

多くの従業員の異動が行われ、さらに全国規模となると相当な人手が必要になります。

しかし、社宅代行サービスならあらゆる事務作業にも対応してくれるため、異動時期でも膨大な業務に追われることはありません。

特定の時期だけ人手を増やして対応する必要もなくなるため、大幅に負担を軽減させることができるのです。

専門的知識を持つ人材を雇う必要もなくなる

社宅を管理する場合、不動産賃貸契約など資格や専門的知識が必要となり、これらの人材を見つけるのは容易ではありません。

確保ができずに困っている企業も多いかと思いますが、社宅代行サービスなら人材を探す必要はなく、すべて対応してくれます。

依頼をすることで解決することが可能になるため、人材を探すのに困っている状況であれば利用をおすすめします。

社宅代行サービスの選定ポイント

選定するポイントは大きく分けると3つあります。

どこに依頼をしようか迷っている場合は、選定ポイントもチェックしながら検討してみてください。

サービス内容の対応範囲

最も重要なポイントとしては、自社の目的とマッチしているサービスに対応しているかです。

例えば、事務作業に膨大な時間がとられているケースでは、契約や更新、解約など事務手続きにも対応してくれるところなら安心です。

せっかく活用しても負担が大きい業務をカバーできなければ無駄になってしまう可能性も高いため、目的に応じたサービス内容に対応しているか確認しましょう。

提案力や分析能力があるか

社宅の管理では、それぞれの企業によって課題も異なります。

それぞれの課題に応じて、解決のための分析や提案も行ってくれる社宅代行サービスなら安心です。

外部委託はコストを重視しがちですが、あまりにもコストが安いとサービス内容も充実していないケースがあるため、しっかりと確認しておきたい部分と言えるでしょう。

セキュリティにもこだわっているか

社宅は従業員の住まいにもなり、そこに家族で暮らす従業員も数多くいるでしょう。

個人情報や財産を預かる業務の一つとも言えるため、情報を守るためのセキュリティ対策もしっかりと行っているところを選びましょう。

例えば、守秘義務やコーポレートガバナンスがしっかりとしているところなら安心ですので、選定の際にはチェックしておきたいポイントです。

厳選したおすすめの社宅代行サービス5選!

ここでは厳選したおすすめの社宅代行サービスについて紹介します。

それぞれ特徴なども異なりますので、比較しながら自社に合うサービスを選択してみてください。

ハウスメイト Value System

 

料金お問い合わせ
サービス対応範囲

Value BASIC

・お部屋探し

・仲介割引

Value EXTRA

・お部屋探し

・新規契約

・更新業務

・支払い代行

・契約金立替

・契約精算

・データ管理

・支払調書

・入居管理

全国対応
導入事例

・製造業

・小売業

・商社

ハウスメイト Value Systemの特徴

ハウスメイトValue Systemは、企業のニーズに合わせて適切なコストで提供してくれる社宅代行サービスです。

特にValue EXTRAは法人向けに適しており、大幅な社宅管理業務削減につながります。

主な社宅管理業務の窓口はハウスメイトValue Systemで一本化できるため、業務の負担が大きすぎると感じている企業にとっておすすめなサービスと言えるでしょう。

また、コスト削減にも役立ちます。

例えば社宅関連の費用の入出金を一本化することによって、振込手数料を大幅に削減できます。

その他にも敷金精算業務を適切に行ってくれることによって原状回復費用をいつも以上に抑えることが可能です。

ハウスメイトValue Systemは実績も豊富にあり、セキュリティ面でも信頼性の高いサービスとなるため、中小企業から大企業までおすすめと言えるでしょう。

ANSWER

 

料金お問い合わせ
サービス対応範囲

借上社宅

・お部屋探し

・新規契約業務

・更新契約業務

・解約精算業務

・支払い代行業務

社有社宅

・入居者の管理

・適正賃料の試算

・建物の管理から運営業務

・社有社宅の有効活用の提案

全国対応
導入事例

・食品メーカー

・金融機関

・医療品会社

ANSWERの特徴

ANSWERは、株式会社タイセイ・ハウジーが運営しているサービスの一つで、日本で最初に社宅管理代行業務を開始したとされています。

受託戸数10万戸を突破しており、業界トップクラスの実績があるのです。

選ばれている理由の一つとなっているのが、全国ネットによるきめ細かいサービスとなります。

ANSWERは全国に1,800社ある不動産会社とのネットワークを結んでおり、全国の優良物件情報を企業に提案してくれます。

それぞれ従業員の希望に沿った対応が可能なため、満足のいく物件を探し出すことができるでしょう。

また、オプションとしてカーリースや引っ越し、家具・家電のリースにも対応しています。

従業員が快適に暮らせるよう万全な体制でサポートしてくれるので安心です。

大東建託リーシング

 

料金お問い合わせ
サービス対応範囲

・お部屋探し

・新規契約手続き

・更新・解約手続き

・各種帳票作成

全国対応
導入事例-

大東建託リーシングの特徴

大東建託リーシングの法人向けサービスは、人事異動や現場工事での宿舎、研修など幅広いニーズに応えてくれます。

お部屋探しから契約、解約まで一貫して対応してくれるため、企業の負担を大幅に減らすことができるでしょう。

他社サービスと異なる点としては、住居用管理戸数の多さです。

約114万戸を全国に用意しているため、要望に合う物件をスムーズに探すことができるでしょう。

また、大東建託グールプが管理する物件なら鍵交換などは無料で対応してくれます。

契約から更新、退去にかかるコストを削減できるため、低コストで実現させたい企業にとってもおすすめです。

そのほかにもサポート体制が充実しているのも大きな魅力の一つとなります。

例えば対応言語は英語や中国語、韓国語など幅広く対応しているため、外国人従業員を雇っている企業にとっても安心でしょう。

社宅管理代行サービスの中でも業務負担を大幅に軽減でき、サポート体制も充実しているところと契約をしたいなら大東建託リーシングの法人向けサービスがおすすめです。

LIXILリアルティ

 

料金50,000円〜
サービス対応範囲

・新規賃貸契約業務

・更新時契約業務

・解約精算業務

・定期業務(家賃送金代行や社宅管理データ提供など)

全国対応
導入事例

・製造業

・建設業

LIXILリアルティの特徴

LIXILリアルティは、企業側の立場にたった社宅代行サービスとなっており、「費用対効果が高い」と人気のサービスです。

LIXILリアルティを活用することによって、利用料以上にコスト削減を実現できます。

例えば家賃の振り込みなどは、すべて一本化できるので手数料が多く発生することもありません。

また、専任担当者による原状回復費用の適正化もされるため、貸主が勝手に決めた金額を支払う必要もなくなります。

このようにあらゆる面でコストが削減できるようにサポートしてくれるため、利用料以上の価値があるでしょう。

そのほかにも、充実のサービス内容も人気の理由の一つです。

例えば中小企業でも活用できるように、一戸から社宅代行サービスを依頼できる柔軟さがあります。

複数契約しないと利用できないことはないため、どのような企業でも活用しやすいのが魅力的です。

それぞれの企業に合ったサービスの提案から提供までを行ってくれるため、自社に合った最適なプランを探したいと思っているなら利用を検討してみてください。

株式会社リロケーション・ジャパン

 

料金お問い合わせ
サービス対応範囲

・お部屋探し

・契約業務

・更新業務

・解約業務

・支払業務

・サポート体制

全国対応
導入事例-

株式会社リロケーション・ジャパンの特徴

株式会社リロケーション・ジャパンは、借上社宅から社有社宅まで対応している社宅代行サービスです。

借上社宅では、お部屋探しから各種手続きまで対応可能となっており、物件を探す手間や事務手続きなどの負担を軽減できます。

また、物件探しは優良不動産管理会社のみを取り扱っており、トラブルのない業者を選定しているので安心して契約することができるでしょう。

万が一トラブルが発生したケースでも、専任担当者が代わりに対応してくれるので企業側に負担がかかることはありません。

社有社宅の運営管理では、社員差配から入退去管理業務、建物の保守・点検まで行ってくれます。

入居者管理から建物工事までトータルでサポートしてもらえるため、ほとんどの業務を任せられるとも言えるでしょう。

そのほかにも株式会社リロケーション・ジャパンには、課題を解決するための社宅マイスターが存在しています。

企業が抱える悩みに対し、分析から解決方法の提案までを行ってくれるため、あらゆる問題の解決にもつながります。

そのため、社宅管理から課題解決までトータルでサポートしてもらいたいなら活用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は社宅代行サービスについて、対応している業務内容や活用するメリットについて紹介しました。

対応範囲はそれぞれの業者によって異なりますが、基本的には社宅の管理から各種手続きの負担を軽減できるでしょう。

しかし、充実のサービスを受けるためには、どこの社宅代行サービスに依頼するかがポイントです。

ここでは特に厳選したおすすめの業者についても選定しましたが、社宅管理はもちろんのこと、サポート体制も充実しています。

選定をして後悔をしないサービスのみ紹介したので、選び方で悩まれている企業は参考にしながら自社に合う社宅代行サービスを選んでみてください。

おすすめの記事