副業のフランチャイズで脱サラ?おすすめの業種や選ぶポイントを紹介

「副業解禁元年」といわれる2018年以降、政府は働き方改革の一貫として、副業を積極的に推進するようになったことを背景に、ふと、周りに副業をしている人が増えてきたと気づいた人も多いのではないでしょうか。

一口に副業といっても多くの種類があります。

中でもフランチャイズは、本部からサポートを受けられたり、既に認知度のある看板を使わせてもらえたりと、たくさんのメリットがある副です。

フランチャイズは副業でできるのか、疑問を持つ人もために、副業におすすめのフランチャイズや、副業でフランチャイズを選ぶ3つのポイントをお伝えします。

ぜひ、副業でフランチャイズを始めてみましょう。

副業でフランチャイズはできる

熱心にパソコンを見つめる男性

規模別比較

小規模フランチャイズ

大規模フランチャイズ

メリット

・無店舗や自宅でも開業可能

・少額の開業資金

・従業員や店舗の管理が必要

・不労所得を得られる可能性がある

デメリット

・大きな収入は見込めない場合が多い

・オーナー自身が就業する必要あり

・まとまった開業資金が必要

主な業種

・テイクアウト

・マッサージ

・結婚相談所

・ハウスクリーニング

・コンビニエンスストア

・コインランドリー

・学習塾

副業でフランチャイズビジネスを行うことは可能です。

フランチャイズビジネスには、コンビニエンスストアに代表されるような大規模フランチャイズだけではなく、テイクアウト店やマッサージ、結婚相談所やハウスクリーニングなど、低資金で始められるフランチャイズも存在します。

これらの店であれば、オーナー自身の都合の良い日にち・時間帯で開業可能なため、まずは週末起業で、休日に副業を行えますね。

大規模フランチャイズ、小規模フランチャイズとも、それぞれメリットとデメリットが存在します。

比較検討しながら、具体的に業種を絞り込んでいくことがおすすめです。

副業におすすめのフランチャイズ3選

メモを取る男性

副業におすすめのフランチャイズを3業種見ていきましょう。

副業におすすめのフランチャイズ3選
  1. 代理店業
  2. EC・物販業界
  3. 婚活業界

代理店業

副業におすすめのフランチャイズとして1つ目のおすすめは、代理店業です。

代理店とは文字通り、商品やサービスを代理販売する店、といった意味を持ち、取引業務を請け負うことを業務内容としています。

  • 販売
  • 取次
  • 特約
  • 紹介
  • 総代理

 

代理店には5つの種類があり、それぞれ少しずつ業務内容が違います。

サラリーマンの副業として取り組みやすい「紹介」

この中でもサラリーマンの副業として取り組みやすいのは「紹介」です。

紹介は「リファラル営業」とも呼ばれ、見込み客を実際に販売やサービス提供を行う会社へ紹介を行うと、成約時、会社からバックマージンが発生する仕組みを持ちます。

保険業や不動産業に多く、隙間時間を活用できるため、今までの人脈を活かすことも可能です。

仕事終わりや休みの日を使い、紹介代理店として活動し、将来的に独立開業を目指すキャリアプランも描けます。

EC・物販業界

2つ目のおすすめは、EC・物販業界です。

ECとはElectronic Commerce(電子商取引)の略で、インターネットで商品やサービスを売買することを意味しています。

実店舗を持つ必要が無く、コロナ禍で在宅勤務や外出自粛が増えたことから利用者が増加傾向にあるため、年々需要が望めるビジネスです。

無在庫販売の対応をしているフランチャイズも

かつてはEC・物販業界では、在庫を持つことが当たり前でしたが、現在では、無在庫販売の対応をしているフランチャイズも多くあります

無在庫販売とは注文を受けてから仕入れを行う販売方法のことで、無在庫販売業者に在庫管理から梱包、発送を委託すると、業務に充てていた時間を、ビジネス運用に利用できる点が大きなメリットです。

無在庫販売の対応をしているフランチャイズであれば、インターネット環境がある場所ではどこでもビジネスが可能なため、サラリーマンの副業にはピッタリですね。

婚活業界

3つ目のおすすめは、婚活業界です。

婚活市場の拡大やニーズの増加の影響を受けて、成長が著しい業界でしょう。

オーナーは婚活アドバイザーとして、真剣に結婚を目指す人のサポートを行うことが業務内容です。

結婚を望む人の相手を探すのに、個人の人脈では限界がありますが、結構相談所のフランチャイズに加盟することで、全国から条件に合う相手を探せます。

「人の世話をするのが好き」な人にピッタリのフランチャイズビジネスです。

副業でフランチャイズを選ぶ3つのポイント

チェックリストに印をつける

副業でフランチャイズを選ぶ際にポイントとなる3点を見ていきましょう。

副業でフランチャイズを選ぶ3つのポイント
  1. ビジネスモデルで選ぶ
  2. 必要資金で選ぶ
  3. 実働が必要かで選ぶ

副業を行うことで本業がおろそかになってしまうと、元も子もありません。

本業をしながらできる副業を、これらの3点から見極めていきましょう。

ビジネスモデルで選ぶ

ビジネスモデルで選ぶのも副業でフランチャイズを行うには大切な観点です。

主に2つのビジネスモデルで分かれます。

2つのビジネスモデル

ストック型ビジネス

フロー型ビジネス

メリット

・収益が安定して入ってくる

・過度な営業活動は必要ない

・収益を上げるまで時間がかからない

・大きな収益を得られる可能性がある

デメリット

・収益を上げるまで時間がかかる

・大きな収益増加は見込めない

・収益が安定しない

・営業が必要

主なサービス

・ウォーターサーバーの設置

・新聞や雑誌販売

・学習塾

・コンビニエンスストア

・飲食店

・美容室

本業があってフランチャイズビジネスを副業として始めるのであれば、ストック型ビジネスの方がおすすめです。

ストック型ビジネス

ストック型ビジネスは、継続して収入が入ってくる点が、一番のメリットです。

一度商品の定期購入やサービスの継続の契約を行えば、その後の過度な営業は必要なく、安定収入が得られます。

消費者にとって毎月継続して払いやすい金額が設定されている場合が多く、爆発的に大きな収入は見込めませんので、長く細くのイメージで続けて行きましょう。

フロー型ビジネス

フロー型ビジネスは、商品の販売など、単発の収入を得られるビジネスモデルです。

販売した分だけ利益となりますので、月に多額の収入を見込める可能性もあります。

ストック型ビジネスのようにある程度、販売数が予想できるものではなく、収益が安定しないことがデメリットとなります。

しかし、イベントごとに合わせた営業が実を結ぶことも多いため、次第によっては、大きな収入となることも多いモデルです。

必要資金で選ぶ

フランチャイズを始める際には、開業資金が必要になり、その金額は会社や業種によっても違うため、必要資金で選ぶ方法もあります。

業種

目安の開業必要資金

代理店業

50万〜200万円(どこの代理店をするかによる)

EC・物販業

0円〜1,000万円

婚活業界

200万円

コンビニエンスストア

200万〜300万円

コインランドリー

2,500万〜4,000万円

このように、業種によって開業に必要な資金は大きく変わるため、実際にオーナーが出せる金額で見積もることをおすすめします。

実働が必要かで選ぶ

3つ目は、実働が必要かどうかで選ぶ方法です。

フランチャイズビジネスに取り組みオーナーになると、従業員を雇って、自身は働かない仕組みを作ることも可能となります。

副業でビジネスを行うのであれば、全ての業務をオーナーが行うことは、時間的・体力的に難しい場合がありますよね。

ただし、従業員を雇えば、その分人件費がかかってしまうことがデメリットになります。

オーナー自身で作業を行い、実働が必要かどうか、人件費が必要になるが実働は必要ないスタイルを取るのか、現在の本業の兼ね合いも視野に入れつつ、考えていきましょう。

副業でフランチャイズをする2つのメリット

同じ方向を見ている豚の貯金箱

副業でフランチャイズをするメリットは、2つあります。
副業でフランチャイズをする2つのメリット
  1. リスクを分散させられる
  2. フランチャイズ本部のノウハウを活かせる

以下でご説明します。

リスクを分散させられる

副業でフランチャイズを行うことで、リスクを分散させられる点がメリットです。

自分の作った商品やサービスで商売を始める場合、その開発にかかる費用や時間は並大抵なものでは無い上に、もし思惑通りに売れ行きが伸びなければ、新しい商品やサービスの開発に着手しなければなりません。

その間、負債が残る可能性もありますし、新たな開発のために追加で大きな費用がかかる可能性もありますね。

フランチャイズであれば、既に完成した商品やサービスを、会社の看板を使って始められるため、開発費用が必要ありません。

更に、複数の会社とフランチャイズ契約を結ぶことも可能で、どれかの売れ行きが悪くなっても、他で全体の売上を支えるなど、リスクを分散させられますので、倒れにくい傾向があります。

フランチャイズ本部のノウハウを活かせる

2つ目は、フランチャイズ本部のノウハウを活かせる点です。

フランチャイズ契約では、会社の商品やサービスを、会社の看板だけでなく、会社が長年の経験から作り上げてきた、経営ノウハウなども提供してもらえます。

特に長年に渡りサラリーマンを本業にしてきた人にとっては、経営とはの基本的な知識から身につけた方が良い結果を生むこともあるでしょう。

経営をしていく中で、もし大きな壁にぶち当たってしまった場合でも、経営ノウハウがあれば、アクシデントを乗り越えることも可能です。

副業でフランチャイズをする2つのデメリット

困っている人いに寄り添う人

副業でフランチャイズをするデメリットについても見ていきましょう。
副業でフランチャイズをする2つのデメリット
  1. 開業資金で最低200万は準備
  2. 事業開始後もロイヤリティが発生する

 

フランチャイズは、特に資金面でのデメリットを事前に確認してください。

会社に加盟して、収益を得ることは、対価を支払わなければならないことが多いです。

開業資金で最低200万は準備

フランチャイズを行う上での開業資金は、最低200万円は準備しておきましょう。

近年「0円起業」の言葉を耳にしたことがある人も多いと思いますが、確かに初期費用無しでフランチャイズを開業することは可能です。

しかし、フランチャイズは、あくまでサポートのため、売上の保証がなく、開業したは良いものの運転資金でマイナスになってしまう、ということも考えられます。

0円起業や、低資金で開業可能な業種の場合でも、最低200万円は用意しておいた方が、今後のためになりますね。

また、初期費用は不要でも、開業資金を売上から徴収されたり、ロイヤリティが高く設定されたりなども起こりえますので、経営するにあたってどんなお金が必要になるのかは事前にチェックしておきましょう。

事業開始後もロイヤリティが発生する

2つ目は、事業開始後もロイヤリティが発生するという点です。

ロイヤリティとは、フランチャイズ本部が所有する商標や経営ノウハウを使う対価として、加盟店が毎月の売上に応じて支払うお金のことを指します。

  • 売上歩合方式
  • 粗利分配方式
  • 定額方式

ロイヤリティには3つの方式があります。

どの方式であれ、本部へのロイヤリティ支払いは必ず発生するものですので、フランチャイズで儲けた利益が全て懐に入るわけではないことを覚えておきましょう。

まとめ

副業でフランチャイズは可能です。

フランチャイズには、自宅でオーナー自身が就業してできる小規模フランチャイズもあれば、従業員を雇い店舗を回していく大規模フランチャイズもあります。

始めは小規模フランチャイズで週末起業のような形でほそぼそと行っていた事業も、波に乗れば独立も夢ではありません。

フランチャイズビジネスには、メリットもあればデメリットも存在しますので、それらを良く理解した上で、まずは一歩踏み出してみてください。

副業で少しずつ積み上げていくと、未来の選択肢が広がりますよ。

ツール選びのサポートをさせて頂きます!

ツール選びに迷っている方は、「ミツモルコンシェルジュ」にご相談下さい。
第三者目線で、貴社の課題解決に最適なサービスをご紹介させて頂きます。

おすすめの記事