会社への導入におすすめの法人契約できるWiFiルーター5選!選び方も解説

 

WiFiルーターとは無線でインターネットを使用できるシステムです。

スマートフォンのデータ容量を使わずにインターネットを利用できるメリットがあり、今ではWiFiの利用が当たり前になっています。

一般家庭だけでなく企業でもWiFiの導入が進み、会社向けのWiFiルーターが販売されています。

しかし、WiFiルーターの種類は豊富であるため、ルーターを購入する際にどの製品を選べばいいのか悩む方は多いはずです。

本記事では、WiFiルーターの選び方やおすすめの製品について解説します。

これからWiFiルーターの導入を検討している方、どのルーターを自社で利用するべきか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

WiFiルーターとは


WiFiルーターとは無線でインターネットが使えるシステムです。

通常、スマートフォンを使用した分だけデータ通信料がかかりますが、WiFiを利用すると定額料金で動画視聴や通話など、容量を気にせずにデータ通信を利用できます。

WiFiは無線LANにおける世界標準であり、無線ルーターとも呼ばれます。

WiFiのない環境下では有線のLANケーブルでインターネットに接続をしますが、LANケーブルにWiFiルーターをつなげることで無線のWiFiの使用が可能です。

オフィスやトイレ、フロントなど場所に関係なくインターネットを利用できるのがポイントです。

会社へ導入するWiFiルーターの選び方


数あるサービスの中から最適なものを選ぶにはポイントがあります。

WiFiルーターの選び方は次の通りです。

  • 通信規格を確認する
  • 環境に適しているかチェックする
  • 機能を把握する

通信規格を確認する

ルーターを選ぶ際は、WiFiの通信規格が会社に適しているか確認するべきです。

規格とは種類の違うシステムどうしが通信できるようにする決まりごとを意味します。

規格ごとに通信速度や周波数は異なるため、適宜確認が必要であり、WiFi5、WiFi6と数字が大きくなるにつれ、通信速度や周波数は向上します。

規格に対応していないパソコンやスマートフォンはインターネット接続ができなくなるので注意が必要です。

環境に適しているか確認する

ルーターを導入する際、ルーターが環境に適しているかのチェックは必須です。

費用や時間をかけてまでルーターを導入したのに、会社に不向きな機能であるケースや電波が不安定になるケースが考えられます。

オフィスの間取りが大切であり、空間によってインターネット接続環境の悪い箇所が出てきます。

具体的な対策として、間取りの大きさよりWiFi環境のスケールが大きい製品を購入することが挙げられます。

スマートフォンを複数使う場合は、同時接続できるルーターがおすすめです。

ストリーム数を確認する

ストリートとはアンテナの本数を意味し、アンテナは送信用と受信用と2つの種類に分かれます。

数が多くなると通信速度が高速に、電波も良い状態になります。

会社では使用するシステムが多いため、できる限りストリーム数の多いルーターを購入するべきです。

アンテナの形も重要で、外付けタイプのアンテナは動かすと電波の送信方向を変化できる一方、内蔵タイプはコンパクトであるため設置しやすい特徴を持ちます。

会社におすすめのWiFiルーター

会社におすすめの法人契約できるWiFiルーターは次の通りです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME 5G L11は、5G対応のWiFiルーターです。

インターネット回線やプロバイダー契約は必要なく、工事せずにWiFiルーターを導入できます。

コンセントに差すだけで使用できるため、固定型WiFiとしてはもちろん、持ち運ぶことでモバイル型としても利用可能です。

5Gに対応しているため、高速な通信速度と大容量のデータ通信が期待でき、データの読み込みにストレスを感じることなく、インターネットを利用できます。

利用可能な通信au / WiMAX
データ容量無制限
接続可能台数最大30台

BizAirであれば、Speed Wi-Fi HOME 5G L11のルーターで、高速通信WiFiで利用する事が可能です!

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

WSR-5400AX6-MB/BUFFALO

利用可能な通信au / docomo / Softbank
データ容量回線ごとに異なる
接続可能台数

WSR-5400AX6-MBは、BUFFALOが販売する固定型WiFiルーターです。

モバイル機器を同時に接続しても、通信が乱れにくく、安定した通信状態でインターネットを利用できます。一定範囲内であれば、快適にWiFiを利用可能であり、最新のWiFi規格に対応しています。

5G回線に接続できるため、超高速な通信速度と大容量のデータ通信を利用でき、スムーズに業務を進めることができるでしょう。

 

WN-TX4266GR/IOdata

 

利用可能な通信au / docomo / Softbank
データ容量回線ごとに異なる
接続可能台数最大36台

WN-TX4266GRは固定型WiFiルーターです。360度の方向に電波を送信するため、ルーター設置箇所のフロアだけでなく、上や下のフロアにも電波を届けることができ、高速で安定したデータ通信を利用できる特徴を持ちます。ビフォーミング機能でモバイル端末に電波をしっかりと届け、不安定な電波状態に陥るケースをなくします。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は、5G回線対応のモバイル型のWiFiルーターであり、持ち運びが可能であるため、電波の届く範囲内であれば、電源を入れるだけでどこでもWiFiを利用できます。近年のビジネスシーンでは、ビデオ通話やテレワークなど、インターネットの利用が必須である業務が多々あります。通信制限に悩まされ、作業に支障が出てしまうのを防ぐには、大容量のデータ通信を利用できる環境づくりが必要です。UQ WiMAXはデータ容量や通信速度における課題をクリアにします。

利用可能な通信au / LTE / WiMAX
データ容量無制限
接続可能台数5G対応スマホ 最大40台

 

まとめ|WiFiルーターはSpeed Wi-Fi HOME 5G L12がおすすめ

WiFiルーターとは無線でインターネットが利用できるシステムのことです。

WiFiの使用が当たり前になった現代では、世界のあらゆる場所にWiFiルーターが設置されています。

WiFi環境下であれば、容量を気にせずデータ通信を使えるため、ストレスなく円滑に作業が進みます。

新たに会社へWiFiルーターの導入を考えているのであれば、Speed Wi-Fi HOME 5G L12がおすすめです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は5Gに対応しているので通信速度に悩まされることはなく、容量も制限なしであるためスムーズに業務へ取り組めるはずです。

導入の際の工事は必要なく、コンセントをさせばどこでもWiFiを利用できます。

WEBから申し込みすると、WiFi利用プランは初月無料で契約できるため、Speed Wi-Fi HOME 5G L12の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

おすすめの記事