【法人向け】置くだけWiFiおすすめのポイントはコレ!

 

置くだけWiFiは、工事不要、簡単導入でインターネットが使えるのが最大の魅力です。

ですが、置くだけWiFiを会社や個人事業主、店舗で利用するときに、速度や安定性、導入コストなどをトータルで考えたときに業務用として向いているのでしょうか?

インターネットを利用サービスは利用者の用途や利用場所によっても選択が様々なので、各サービスを比較しながら検討すると良いでしょう。

本記事では、置くだけWiFiの特徴とおすすめのポイント、導入の注意点などを解説していきます。

法人向けWiFi と光回線の違いは?

正しいインターネット利用を行うために、まず、WiFiと光回線について特徴を確認しておきましょう。

光回線とは?

光ファイバーを屋内に引き込んで、データ通信を行う固定回線です。

光回線の最大のメリットは、通信速度が非常に速く安定していることと思われがちですが、これは帯域確保型回線の場合です。

帯域確保型回線は、通信が速く且つ安定している反面、料金が高くなる傾向にあります。

更に光回線であれば、利用する前に回線を引き込む工事とその初期費用が必要になるので、WiFiに比べ全体的にトータルコストが高くなりがちです。

光回線とWiFiの大きな違いは、無線LAN(WiFi)と有線LAN(光回線)による接続方式です。

光回線は光ファイバーケーブルで有線通信するネット回線で、WiFiは無線で通信を行う通信方式であることが大きな違いです。

接続方式の違いによって、設定されているテータ容量や通信環境によって回線の安定性にも大きく影響します。

WiFiとは?

無線通信(無線LAN)で端末同士がネットワーク接続できる通信方式です。

無線LANで電波を接読する、置くだけWiFiやポケットWiFiなどのモバイル回線は、光回線とは異なり、基地局の電波を直接受けて端末で通信することができます。

また、光回線と大きく異なる点は、工事不要なため、初期費用を抑えて利用できることです。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

法人向けWiFiとは?

法人向けとして利用できるWiFiには、大きく分けて以下の2種類あります。

利用する用途に合わせて使用すると良いでしょう。

  • 置くだけWiFi:モバイル回線を使用した屋内置き型の通信機器
  • ポケットWiFi:持ち運び自由なコンパクト型の通信機器

置くだけWiFiとは?

置くだけWiFiは、オフィス内に設置して利用するサービスです。

光回線のような初期工事は不要なので、ルーターを設置してコンセントをさすだけですぐに利用開始することが可能です。

同じく法人向けで利用できるポケットWiFiとの大きな違いは、通信の安定性と利用場所です。

置くだけWiFiは屋内専用でポケットWiFiと比較すると速度も安定しています。

費用面では、初期費用がかかる光回線と比較すると、月額料金も安いのでコスパが良いと言えるでしょう。

置くだけWiFiは、利用開始までに時間をかけず安く導入できることが大きな特徴です。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

ポケットWiFiとの違いは?

ポケットWiFiは、持ち運び自由に利用できるサービスです。

置くだけWiFiとの大きな違いは、電源コンセントが必要なく外出先で使えることです。

外出先で利用できる公共施設や店舗での無料WiFiと比べて、通信速度やセキュリティの面からも安心して利用できます。

ポケットWiFiは端末によって送信できるデータ量が決まっているため、複数人で利用することは難しくなります。

持ち運びが必要なければ、オフィスに設置する置くだけWiFiの方がおすすめです。

置くだけWiFiのおすすめポイント

置くだけWiFiを利用する際のおすすめポイントについて解説します。

工事不要ですぐ利用できる

置くだけWiFiは、電源ケーブルをコンセントにさすだけでWiFi接続ができるので、回線工事が不要です。

回線工事が不要ということは、工事費用がかかりません。

置くだけWiFiは、オフィスに設置すればすぐに利用開始できるのでおすすめです。

引っ越し作業もカンタン

オフィス移転の場合の引っ越しでは、面倒な作業も不要で、移転先変更の申請手続きとルーターの移動のみでインターネット利用を再開することができます

オフィス移転ではインターネット以外にいろいろと移転のための手続きが必要なため、置くだけWiFiであればその時間をかけずに設置することが可能です。

初期設定が簡単にできる

光回線を利用したい場合は、導入するための時間とある程度の知識が必要です

一方、置くだけWiFiの場合は、面倒で難しい設定が必要ないため、初心者でも簡単に利用するまでの準備ができます

ポケットWiFiよりも通信が安定している

置くだけWiFiは、複数人で同時利用できることや、ポケットWiFiよりアンテナの感度が良く、通信が安定しているのが特徴です。

持ち運びの自由度という点ではポケットWiFiがおすすめですが、安定したネット利用を求める場合は、屋内専用型の置くだけWiFiがおすすめです。

ワークスペースがすっきり

置くだけWiFiのルーターに付属しているのは電源ケーブルだけなので、光回線(有線LANの場合)のようにオフィスのレイアウトに邪魔になる配線の整理が不要です。

オフィス環境でネットを効率的に使って業務を行うためには、こういった配線の無いオフィスであることが、快適な働き方に繋がる要素となるでしょう。

初期費用なしで月額料金も安い

置くだけWiFiは、工事不要なので初期費用は手数料のみのところが多いです。

さらに月額料金も光回線に比べると比較的安く利用することができます。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

置くだけWiFi 利用の注意点

置くだけWiFiを利用する際の注意点について解説します。

屋外で利用はできない

置くだけWiFiは、電源ケーブルをコンセントにさす通信方式なので、屋内専用機器として導入することは可能です。

外出先で利用することが多い場合には、持ち運び専用のポケットWiFiを利用しましょう。

電源のある場所であれば社外でも利用可能ですが、ルーターがある程度の大きさと重さがあるため、持ち運び専用としては利用する事が難しいです。

速度制限や通信制限がある

置くだけWiFiに限る話ではないのですが、一定のデータ利用量を超えると通信速度が遅くなることがあります。

選択するプランによっては月間の利用量が制限されたり、通信制限が設定されることもありますのでご注意ください。

また、ユーザーがよく利用する時間帯や利用場所の環境によって、回線が混み合って繋がりにくくなるケースもあります。

IPアドレスを固定できない

置くだけWiFiは、IPアドレスを固定することができません。

光回線のようにIPアドレスが固定されていると、社外から社内のサーバに容易にアクセスできるようになります。

例えばファイルサーバ内に保存してあるファイル(データ)を、社外に持ち出したノートパソコンやスマホ、タブレットから閲覧したりコピーしたりできます。

置くだけWiFiのデメリットはテレワークや外出の多い営業には向かないところです。

まとめ

置くだけWiFi を法人向けで利用する際のおすすめポイントと導入の注意点について解説しました。

置くだけWiFiの最大のメリットは、工事不要で初期費用が抑えられる点です。

光回線のような回線工事が不要なため、簡単で時間をかけずにネットを利用したい場合におすすめのサービスとなります。

オフィスで利用する際の用途や場所に合わせて 導入を検討するのも良いでしょう。

 

最後に、工事不要の「置くだけWiFiルーター」を購入検討されている法人の方には、置くだけWiFi ルーター「BizAir」をおすすめしています。

「BizAir」は、高速で大容量通信の5G対応で、全国どこでも利用できるサービスです。

また、光回線に劣らない通信速度と安定性を誇っています。

本記事で解説したWiFiのおすすめポイントに十分対応していますので、ぜひ購入の参考にしてみてはいかがでしょうか。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

おすすめの記事