【簡単!法人向け置き型ルーター】置くだけWiFiの導入とメリット・デメリット

 

オフィスのネット環境の整備には、法人向けのカンタン「置くだけWiFi」がおすすめです。

「置くだけWiFi」は、設置のしやすさ、通信の安定さ、導入コストが安いなど、利用者が気になる点に幅広く対応できるサービスです。

本記事では、法人向けの「置くだけWiFi」について、光回線やモバイルWiFiとの違い、メリット・デメリットなどを解説します。

置くだけWiFiとは?

法人向けの「置くだけWiFi」は、オフィス内の工事が不要で、ルーター付属の電源ケーブルをコンセントに挿すだけで、すぐにWiFiが利用できる置き型のホームルーターです。

手間のかかる光回線工事をせずに、すぐにインターネット環境を利用したい方に便利なサービスです。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

光回線・モバイルWiFiとの違いは?

法人向けの「置くだけWiFi」は、同じくビジネスシーンで利用できる光回線やモバイルWiFiと比較して通信の安定さや導入コストが安いなどの特徴と、何より設置がカンタンなのが大きなメリットです。

  • 光回線通信速度が速く大容量無制限に利用できるサービスです。初期工事が必要なので申し込みから利用までに時間がかかります。置くだけWi-Fi」と比較すると料金が高くなる傾向があります。
  • モバイルWiFi:工事不要で外出先まで持ち運びが自由に利用できることが最大のメリットです。データ容量の制限があるため、一定容量を超えると通信速度が遅くなる場合があります。「置くだけWi-Fi」と比較すると通信速度や電波の安定性は劣ります。

置くだけWiFiの特徴は?

名前の通り、オフィスにルーターを置くだけでWiFi接続ができるため、複雑な配線工事をせずにネット環境をつくることが可能です。

「置くだけWiFi」は通称名で「ホームルーター」または「置き型ルーター」などが正式な呼称になります。

「置くだけWiFi」は、オフィス移転や業務拡大でデバイス数が増えた場合でも、申請手続き完了後にすぐに対応可能なので、新しくワークスペースを構築するのにとても便利なサービスです。

また、ルーターを置くだけで、工事不要、ONUやモデムの設定は不要、コンセントで電源ON/OFFの切り替えのみでWi-Fiが使えるため、導入コストと通信速度とのバランスが良ければ、経費節約型の通信サービスとなるでしょう。

置くだけWiFiのメリット・デメリット

「置くだけWiFi」のメリット・デメリットを解説します。

メリット
  • 初期工事が必要ない
  • 料金が光回線よりも比較的安い
  • モバイルWiFiよりも電波が安定している
  • オフィス移転が簡単にできる
  • オフィスのレイアウトの邪魔にならない

    初期工事が必要ない

    「置くだけWiFi」は工事が不要の為、申込手続きが終わったら最短で利用できます。

    光回線のように初期工事の手間や費用がかからず、ルーターが届いたらコンセントをさすだけでWiFiに接続することができます。

    初期工事が不要なので、工事が必要な光回線よりも早く導入することができるでしょう。

    また、光回線でネットを使う場合はルーターの設定が必要ですが、「置くだけWiFi」の場合は面倒な設定が要らないので、初心者でも対応可能です。

    料金が光回線よりも比較的安い

    「置くだけWiFi」の料金相場は、4,000~5,000円程度です。

    光回線が5,000〜6,000円程度、モバイルWiFiは3,800円程度なので、比較的安い料金で利用することができます。

    置くだけWiFiは、モバイルWiFiよりも通信速度が安定しているので、料金相場からしてもコスパの高いサービスと言えるでしょう。

    モバイルWiFiよりも通信や電波が安定している

    「置くだけWiFi」はアンテナ機能が優れているため、モバイルWiFiよりも通信環境が安定しています。

    モバイルWiFiは持ち運び可能なコンパクトサイズですが、「置くだけWiFi」は屋内に設置するタイプなので、モバイルWiFiに比べて大きいです。

    ルーターの大きさは機能性を維持するために確保されており、搭載されている内臓アンテナの感度が良いため通信や電波が安定しています。

    オフィス移転が簡単にできる

    「置くだけWiFi」は、移転先オフィスに設置し直して電源をオンにするだけで、かんたんにオフィスのWiFi環境を整備することができます。

    ルーター周辺に面倒な配線がないため、引っ越し作業も手間がかかりません。

    オフィスのレイアウトの邪魔にならない

    「置くだけWiFi」は無線LAN接続なので、見た目もスッキリとしていて、オフィス内のレイアウトにも邪魔にならず自由に設定することができます。

    置くだけWiFi」のルーターに付属しているのは、電源ケーブルだけなのでシンプルなオフィス環境をつくることが可能です。

    例えば法人向けで利用する際、会議室やオープンスペースに「置くだけWiFi」を設置すれば、人の出入りも気にならず、スッキリとした空間を活用することができます。

    \高速通信で安定性のある置くだけWiFiはこちら!/

    置くだけWiFiのデメリット

    デメリット
    • 外出先では利用できない
    • IPアドレスを固定できない

    外出先では利用できない

    置くだけWiFiは、置き型のルーターなので、基本的にはオフィス内での利用となります。

    外出先で利用したい場合は、持ち運び自由なモバイルWiFiの方が適しています。

    IPアドレスを固定できない

    置くだけWiFiは、IPアドレスを固定することができません。

    光回線のようにIPアドレスが固定されていると、社外から社内のサーバに容易にアクセスできるようになります。

    例えばファイルサーバ内に保存してあるファイル(データ)を、社外に持ち出したノートパソコンやスマホ、タブレットから閲覧したりコピーしたりできます。

    置くだけWiFiは、テレワークや外出の多い営業には向かないと言えます。

    置くだけWiFiを導入する際のポイント

    法人向けの「置くだけWiFi」を利用する際は、オフィスで利用する人数やデバイスの台数、また利用エリアなどを踏まえて選ぶようにしましょう。

    利用エリアの広さを確認する

    「置くだけWiFi」を契約する際は、利用できる対応エリアを確認することが必要です。

    都市部では一般的に利用可能なエリアとなっていますが、地方や地域によっては通信環境が悪くなる場合もあります。

    オフィス移転先や地方営業所等でも利用可能であるか、事前にサービス対応エリアについて確認するようにしましょう。

    利用するデータ容量で速度制限を確認する

    利用するデータ容量によって通信速度に制限がかかる場合があります。

    利用する時間帯や、特定のエリアでネットワークが高負荷状態になった場合に通信速度が制限されることがあるため、注意が必要です。

    一般的な通信制限では、3日10GBまで、または月間で通信量が無制限の場合等がありますので、利用する際は確認するようにしましょう。

    サービスサポートを活用する

    法人で新しいサービスを導入する際は、サービスサポートが充実しているかどうかを確認しましょう。

    オフィスで利用する際は、利用者が複数で同時に使うため、カスタマーサポートのあるサービスがおすすめです。

    機能や使い勝手の不具合や、社員の疑問にいつでも対応してくれる窓口はしっかり確保しておくようにしましょう。

    まとめ

    オフィスのネット環境をかんたんに設定できる「置くだけWiFi」について解説しました。

    法人向けのWi-Fiには、オフィスに置き型のホームルーターと持ち運び自由なモバイルWiFiがあり、業務形態によって使い勝手の良さは異なります、

    置き型ホームルーターである「置くだけWiFi」を選ぶ際は、利用する場所とデータ制限、導入コストを踏まえて購入を検討すると良いでしょう。

    またサポート体制やお得なキャンペーン割引、オプションサービスなどについても情報を得ておくことをおすすめいたします。

    なお、「置くだけWiFi」を購入検討されている事業者の方向けに、置き型ホームルーターの「BizAir」がおすすめです。

    「BizAir」は、高速で大容量通信の5G対応で、全国どこでも利用できるサービスです。「置くだけWiFi」のメリットに十分対応していますので、ぜひ購入時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

    初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

    おすすめの記事