法人向けWiFiルーターの選び方、メリット・デメリットは?

 

社内オフィスにWiFi環境を整備するには、導入がしやすいWiFiルーターがおすすめです。

オフィスに初めてインターネット回線を導入する方や、わかりやすく簡単に社内ネット環境を準備したい場合に便利なサービスです。

本記事では、固定回線と比較したWiFiルーターの特徴、メリット・デメリットなどを解説します。

法人で利用できるwifiの種類

法人で利用できるWiFiの種類には、固定回線とWiFiルーターがあります。

いずれもオフィス内に設置して利用するタイプですが、外出先で利用する際は持ち運び自由でコンパクトサイズの「ポケットWiFi」が便利です。

では、固定回線とWiFiルーターについてそれぞれ特徴を解説していきます。

固定回線とは?

固定回線とは、光回線やケーブルテレビなど、屋内に回線を引き込むことでインターネットを利用できるサービスです。

接続方法には、LANケーブルを使った有線接続とWiFiルーターを使った無線接続があります。

有線接続の場合は、配線によってオフィスのレイアウトに自由が効かない場合もあり、無線接続の場合は、配線を気にせずにオフィス環境をつくることが可能です。

固定回線を利用する場合の注意点は、インターネットを利用する前に屋内に直接回線を引き込むための開通工事が必要です。

法人向けとしてオフィスに導入する際は、初期工事の所要時間と工事費について事前の見積もりが必要です。

もし、オフィス移転や引っ越しなどで、固定回線を利用する場合は、移転前の取り外し工事と移転先での回線工事が必要となります。

固定回線の特徴
  • 屋内で利用できる
  • 無線LANと有線LAN接続がある
  • 高速通信が可能
  • 回線工事が必要になる
  • ネット利用開始までに時間がかかる
  • オフィス移転では手間がかかる

WiFiルーターとは?

WiFiルーターはホームルーター、置き型ルーター、置くだけWiFiなどの呼び方があり、ルーターの機器そのものを示す場合にも使われます。

WiFiルーターとは、コンセントに挿すだけですぐにWiFiが使える置き型のインターネットサービスです。

WiFiルーターは無線でインターネットに接続するため、固定回線のような回線工事は不要です。

工事が不要なので、法人向けとしてオフィス環境を整備する際は、手軽に時間をかけずに利用開始が可能です。

WiFiルーターと同じように回線工事なしで利用できるポケットWiFiと比較した場合、大きな違いは通信の安定性です。

ポケットWiFiは外出先でも自由に持ち運びできる便利さはありますが、小型タイプなので通信速度はWiFiルータ―よりも劣ります。

WiFiルータ―は据え置き型なので、大型タイプの形状で感度の良いアンテナが搭載されており速度に安定性があります。

WiFiルータ―を利用した場合の注意点は、設定されている通信制限を超えた場合、速度制限がかかる場合もあります。

WiFiルーターの特徴
  • 屋内で利用できる
  • ルーターを置くだけで利用できる
  • 回線工事がいらない
  • コンセントをさすだけで利用できる
  • 利用開始までに時間がかからない
  • ポケットwifiより安定した通信ができる
  • 複数人でも快適に利用できる
  • 外出先では利用できない
  • 速度制限がかかることがある

WiFiルーターのメリット・デメリット

WiFiルーターを導入する際のメリット・デメリットについて解説します。

WiFiルーターのメリット

デジタル苦手でも対応できる

デジタル化が益々進んでいく今、デジタル苦手な初心者でもインターネット環境に順応していくことが必須となっています。

WiFiルーターは面倒な回線工事や初期設定が不要なので、デジタル苦手な方でも十分対応できるサービスになります。

法人向けとしてオフィスにWiFiルーターを導入する際は、光回線の初期工事のように工事立ち合いの時間やインターネットの設定を行う必要がないので、導入に躊躇することなく安心して利用開始することができます。

自由なワークスペースが利用できる

WiFiルーターは、無線で電波を受信する回線タイプなので、有線接続のように屋内に配線がむき出しになることはありません。

働き方改革やテレワークなど働くスタイルの変化により、仕事を行うデスクを固定せず、オフィス内の好きな場所や席に座ってデスクワークをする有効スペース活用型の働き方が増えて来ています。

自由なワークスペースを確保するためには、無線接続型のWiFiルーターは、オフィスのレイアウトや有効活用が可能となり、見た目にもスッキリで社員が働きやすいオフィス環境が整います。

初期費用と時間がかからない

WiFiルーターは、回線工事に係わる時間と手間を省き、工事費用もかからないので、手軽に社内ネット環境を整備できるサービスと言えます。

固定回線の工事費用は契約する会社や設置場所の環境によって異なりますが、およそ20,000円〜40,000円程度になります。

WiFiルーター利用の場合、初期工事費と立会時間が要らないため、導入コストがおさえられるメリットが大きいです。

また、初期工事の他にオフィス移転や引っ越し時には、撤去費用がかかります。

以上のメリットから、回線工事不要で簡単導入できるWiFiルーターが、最近では法人向けに需要が増えている傾向です。

WiFiルーターのデメリット

速度制限がかかる場合がある

WiFiルーターに限らない話ではありますが、容量制限を超えた場合に速度制限がかかる可能性があります。

プランによりますが、定められた通信量を超えた場合や大量のデータ通信を行った場合、混雑する時間に利用した場合、特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合などに速度制限が発生するケースがあります。

屋外対応になっていない

WiFiルーターは屋内で利用するサービスなので、外出先や出張などで利用はできません。

WiFiルーターはコンセントをさして利用する環境が必要です。

出先で利用する機会が多い際は、ポケットWiFiの利用がおすすめです。

WiFiルーターがおすすめな人

WiFiルーターの導入がおすすめな人をまとめてみました。

固定回線との違いを踏まえて、社内オフィスの環境に合うサービスを選ぶようにしましょう。

  • 初期費用をできる限り抑えたい人
  • 面倒な工事をしたくない人
  • 申し込みから利用開始までの時間を短くしたい人
  • 初めてインターネット回線を契約する人
  • 導入コストを安くしたい人

まとめ

法人向けWiFiルーターについて、特徴とメリット・デメリットなどを解説しました。

WiFiルーターは、手軽にオフィスのネット環境を準備したい方におすすめのサービスです。

光回線と比較して通信速度の安定性は劣りますが、その他の利便性は高いので、オフィスでの利用環境に合わせて導入を検討すると良いでしょう。

なお、WiFiルーターを購入検討されている事業者の方向けに、据え置き型WiFiルーターBizAir」がおすすめです。

「BizAir」は、高速で大容量通信の5G対応で、全国どこでも利用できるサービスです。

本記事で解説したWiFiルーターのメリットに十分対応していますので、ぜひ購入の参考にしてみてはいかがでしょうか。

初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

おすすめの記事