SNSマーケティングの事例を媒体別に紹介

 

近年、日々の情報収集やコミュニケーションの一部として、SNSの活用が老若男女問わず広く浸透してきています。

このように多くのユーザーが集まるSNSは、ビジネスにとっても重要なマーケットとなり、SNSをマーケティングの一つとして活用する企業も増えてきています。

SNSマーケティングを行うことで、ユーザーニーズを細かく把握できるだけでなく、定期的な情報提供やコミュニケーションなどがコストを抑えた形で運用可能になります。

実際に、「SNSマーケティングをはじめてみたものの途中で挫折してしまった」「どこから手をつけたらいいか分からない」「SNSマーケティングの成功事例を知りたい」といった企業も少なくありません。

では、どのように運用すればSNSマーケティングを成功に導くことができるのでしょうか?

SNSマーケティングを成功につなげる上で一番の方法は、他社の成功事例を上手く活用することです。

そこで今回は、SNSマーケティングの事例について、媒体別にポイントを中心に紹介していきます。

SNSマーケティングとは?

そもそもSNSマーケティングとは、SNSを活用したマーケティング手法です。

現在国内で主にユーザーが集まるSNSは、Facebook、Instagram、Twitter、LINE、TicTokの5つが挙げられます。

いずれのSNSも無料で活用できるため、コストを抑えた形でユーザーにアプローチすることが可能です。

ユーザーと直接コミュニケーションを取りやすいSNSでは、ブランディングや新規ユーザーのリーチ獲得だけでなく、ファンの育成などを目的にマーケティング活用する企業が多い傾向にあります。

ただ、InstagramではShop機能が搭載されたことにより、SNSから直接購入に結びつける手法も可能になりました。

これにより、従来の目的以外にも売上増加を見越してSNSマーケティングに取り組む企業も増えてきています。

効果的にSNSマーケティングを行うポイント

続いて、効果的にSNSマーケティングを行うポイントについても簡単に紹介していきます。

SNSマーケティングを成功に導くためには、以下の要素を押さえておくと効果的です。

①自社のターゲットに見合ったSNSを選定する

SNSは、Facebook、Instagram、Twitter、LINE、TicTokそれぞれに特性があり、ユーザーの属性や目的、利用できる機能や要素が異なります。そのため、自社のターゲットが多く属したSNSを選定しなければ効果につなげることは出来ません。

まずは自社の目的とターゲットを明確化し、その上でターゲットに見合ったSNSを選定することが重要です。

②SNSの特性を理解する

続いては、SNSの特性を正しく理解することです。先程もふれたように、SNSの特性や強み、出来る機能や要素を正しく理解しておかなければ、効果的な運用につなげることはできません。

例えば、テキストが主体のTwitterで画像訴求は場違いですし、ショート動画が主体のTicTokでテキスト訴求しても意味がありません。Instagramではハッシュタグ機能を効果的に活用する必要があります。

このように、各SNSの特性や機能を最大限活用し、ユーザーに訴求していくことが成功へのポイントになります。

③各SNSにマッチした良質なコンテンツの提供

SNSマーケティングで成功する企業の多くは、良質なコンテンツをユーザーに提供しています。この良質なコンテンツとは、ユーザーが「役立つ」「共感できる」「親近感を感じる」「タイムリーな情報である」などといった興味関心を感じるような内容のことを指します。

企業側がただ情報を発信してもユーザーには響きません。ユーザー側の立場に立って興味を惹いてもらうコンテンツ提供を心掛ける必要があります。

④SNSマーケティングの戦略を立てておく

SNSマーケティングを行っていくと、フォロワー数を増やすことや、イイね!や閲覧数を増やすことを目的にしていく内に、段々と毎日投稿することが目的に代わってしまうことが良く起こり得ます。投稿数はもとより、閲覧数やフォロワー数も最終的な目的であれば問題ありませんが、コンバージョンを事前に正しく定めておくことは非常に重要です。

SNSマーケティングはコンバージョンにつなげるための手法として、常にコンバージョンを意識しながら運用していくと効果的です。

 

SNSマーケティングでの注意点

 

一方で、SNSマーケティングにはいくつか注意点も存在します。以下で紹介する2つは運用時に必ず押さえておくと効果的です。

①成果が出るまでに時間がかかる

まず、SNSマーケティングは即効性が高いという訳ではありません。稀に投稿内容がユーザーに刺さり、爆発的な拡散につながる場合もありますが、このような機会は非常に少なく、いつどこでどういった投稿がバズるかも分かりません。そのため、短期的な効果を追い求めるのではなく、中長期的にユーザーとの信頼関係を構築していく必要があります。

②炎上リスク

もう一つが炎上のリスクです。拡散力の高いSNSでは、ふとした内容が一気にネガティブなものとして拡散され、炎上につながる可能性もあります。一度炎上してしまうと、事実と異なったとしてもマイナス影響につながり、売上だけでなく会社の信用問題にまで発展する恐れもあります。SNSマーケティングを行う上では、この炎上リスクを常にふまえた運用を行うことが重要です。

媒体別SNSマーケティングの成功事例

 

最後に、SNSマーケティングの成功事例について、媒体別に紹介していきます。

他社による成功事例は、今後SNSマーケティングを行う上で参考にすると効果的です。

Facebookの成功事例

・UNIQLO

ファッションブランドのUNIQLO(ユニクロ)は、自社のFacebookページの中で多くの商品を魅力的な写真とイラストで訴求しています。

なるべく簡潔に分かりやすいキャッチコピーをもとにユーザーが一目で商品の特徴を掴めるように工夫されています。特に、ユニクロのFacebookページでは更新頻度が高く、毎日1~2回は商品の紹介投稿を行っています。

またユーザーからFacebookページに届くコメントや質問に対しても積極的に返信しており、ユーザーとのコミュニケーションに力を入れていることが伺えます。これによってブランド価値を高め、親近感も与えることで多くのユーザーのファン化に成功しています。

・ポカリスエット

清涼飲料水のポカリスエットは、自社のFacebookページの中でそこまで多く自社商品を紹介しているわけではありません。

ただ、時期的なイベントに応じてユーザーに役立つ情報を配信し、その中にポカリスエットをさりげなくアピールする形で投稿を行っています。写真も敢えて広告色が強くないものを活用し、話題性のある情報の中に自社商品を溶け込ませた構成が多くなります。

ユーザーが気にしやすいイベントごとや話題に関連した投稿を行うことでユーザーの興味を惹き、且つ役立つ情報を提供することでユーザーとの距離を近くした運用で、結果的にブランディングやリーチ獲得といった面で成功につながっています。

 

Instagramの成功事例

・ルクルーゼ

キッチン雑貨を取り扱うルクルーゼには、フラワーコレクションという花をモチーフにした人気の雑貨シリーズがあります。このフラワーコレクションの認知度向上を狙い、Instagramでフラワーコレクションの雑貨と桜をテーマにした写真投稿を募集しました。

写真共有に特化したSNSであるInstagramでは、インスタ映えを狙った企画が多く、ルクルーゼの手法もその一つとなります。「みんなでサクラを咲かせよう」キャンペーンとして扱われたこの企画は、花柄の雑貨と桜を合わせた写真がインスタ映えにつながりやすいネタとなり多くの応募につながりました。

さらに、結果として投稿された画像からフラワーコレクションに興味のあるユーザーも増加し、売上増加にもつながる結果となりました。

・丸の内ドットコム

丸の内の情報発信を行う丸の内ドットコムと集英社の女性誌は、コラボレーションする形でInstagramを活用したイベントを実施しました。それが「丸の内No.1コーデ」という企画です。

丸の内で買った商品をコーディネートしてInstagramに投稿することで、ユーザー訴求を図り、店舗への来店誘導を狙いました。

オシャレなコーディネートに対しては、Instagramのハッシュタグ機能「#maru_fashion」を活用して投稿頂くことでユーザー同士の話題性につながり、実際にコーディネートを真似するユーザーや、商品購入につながる結果となりました。

 

Twitterの成功事例

・アタゴ空調設備株式会社

空調設備工事を扱うアタゴ空調設備は、Twitterを活用してフォローかリツイートしてくれたユーザーの中から抽選で空気洗浄機が1名に当たるキャンペーンを行いました。

キャンペーン自体は一般的によく行われる企画ですが、アタゴ空調設備ではツイートの内容にこだわり、「#数が少なくてごめんなさいアタゴキャンペーン」としてユーザーの心をくすぐるハッシュタグを用いて話題性を狙いました。

結果としてこの企画が拡散され、フォローもリツイートも多く獲得することができています。

・ヤマダイ株式会社

インスタント麺を販売するヤマダイも、Twitterを活用したキャンペーンを行い成功につなげています。

ニュータッチというカップ麺を対象に、新しく発売される麺がどういったものかクイズ形式でユーザーに投げかけ、正解者の中から抽選で5名に商品をプレゼントする企画を行いました。ユーザーにはTwitterのリプライを活用して回答を促し、投稿内容にも回答したくなるようなキャッチコピーや装飾などにこだわった結果、多くの反響につながりました。

 

LINEの成功事例

・シンラガーデン

埼玉県川越市で焼肉店を営むシンラガーデンは、新型コロナウイルスの影響で営業自粛となる中、LINE公式アカウントでテイクアウトとデリバリーのサービスを訴求しました。

応募者には自家製カクテキを先着200名にプレゼントするクーポン付で、主に主婦層に向けてアプローチしたところ大きな反響を呼びました。LINEで配信するメッセージの中には、LPへのURLを明記し、LPでは、メニューの詳細からこだわりの調理法などを紹介しました。

このLINEとLPのすみ分けができたことにより、ユーザーが理解しやすく売上増加にもつながった結果となりました。

・いちょう通りランゲージ

東京都練馬区で英会話教室を営む、いちょう通りランゲージでは、全てのユーザーからの問合せをLINE公式アカウントに一本化することで、業務の大幅な効率化につなげました。

英会話教室では園児から大人まで幅広い顧客を抱えており、電話やメールでは即時対応できなかったところに、LINEのチャット機能を活用することで、顧客満足度の向上につなげることができました。

 

TicTokの成功事例

・江崎グリコ株式会社

お菓子メーカーの江崎グリコは、11月11日のポッキー&プリッツの日に合わせてTicTok内イベントを開催しました。

ユーザーに「#ポッキー何本分体操」とハッシュタグをつけた形で動画投稿を促し、採用された動画は渋谷の街頭ビジョンや他のSNSアカウント内で流すことでブランディングや認知度向上を図ったキャンペーン企画となります。

若年層を中心にショート動画による投稿が集まるTicTokでは、話題性のあるイベントにおける反響につながりやすく、実際多くのユーザーによる投稿が拡散される結果となりました。

・UQモバイル

通信メーカーのUQモバイルも同様に、TicTok内イベントを展開しました。

UQモバイルは、テレビCMと連動し、ユーザーに「#UQ三姉妹チャレンジ」のハッシュタグをつけたダンス動画の投稿チャレンジを促しました。

優秀作品はUQモバイルのホームページや他のSNSなどで紹介され、話題性を集めるとともに多くのユーザーに参加・拡散いただくことにつながりました。

 

まとめ

SNSを利用するユーザーが高まるとともに、企業にとってもSNSをマーケティングツールとして活用する動きが活発化してきています。

ユーザーとの距離が近いため、積極的にSNSマーケティングを運用することでブランディングや認知度向上、新規ユーザーの獲得などにつながる可能性も高まります。とはいえ、効果を高めた運用につなげるためには、それなりの戦略と企画力が求められます。

今回紹介した他社の成功事例は、今後SNSマーケティングを運用していく上で参考になるでしょう。

自社の目的をふまえ、効果的なSNSマーケティングにつなげていきましょう。

おすすめの記事