【法人向け】工事不要すぐ使える人気のおすすめ置くだけWiFiルーター

 

インターネット回線工事が不要なWiFiは、効率よくネット環境を整備するために注目のサービスです。

回線工事が不要になると、当然初期費用を抑えられるため、光回線に比べて導入しやすく、コスパの高い選択となるでしょう。

インターネット環境が不可欠となっている今、新しいシステムを導入するならなるべく簡単に安く早くできる方法を選びたいものですね。

本記事では、工事不要で利用できる「置くだけWiFiルーター」について「ポケットWiFi」や光回線と比較しながら解説しています。

インターネット回線の工事とは

インターネット回線工事は、光ファイバーケーブルをオフィスや自宅近辺の電柱から屋内に引き込んでインターネットを利用可能にする開通工事です。

工事によって、LANケーブルやWiFiルーターなどを通過してデバイスの通信ができるようになります。

回線工事を行う際は、以下の準備を事前にすることが必要です。

  • 工事日程を決める
  • PC周辺機器の設置場所を決める
  • 設置場所付近のコンセントに空きがあるかを確認する
  • 有線LAN接続場合はLANケーブルを用意する
  • 無線LAN接続の場合は無線LANルーターを用意する
  • 賃貸オフィスや住宅の場合、オーナー様や管理会社様の承諾を得る

    回線工事にかかる工事期間は、およそ1時間程度で、利用者の立ち合いのもと作業が行われます。

    気になる工事費は15,000円~40,000円程度になり、設置場所や契約会社によって価格は異なります。

    回線工事が不要なWiFiとは?

    以上のようにインターネット回線工事は、実際にWiFiを利用開始できるまでに準備と工事に時間がかかります。

    では、回線工事が不要なWiFiについて解説していきます。

    回線工事が不要なWiFiには「ポケットWiFi」と「置くだけWiFiルーター」があります。

    回線工事が不要な理由は、無線で基地局から電波を通信するため工事が不要になるからです。

    工事不要なWiFi2種類
    • ポケットWiFi:外出先で利用できる
    • 置くだけWiFiルーター:屋内に設置して利用できる

      ポケットWiFi

      「ポケットWiFi」は、外出先のどこでも自由に利用できるコンパクトサイズの通信機器です。

      工事不要なので、申し込み完了後に最短即日で利用できます。

      法人用として「ポケットWiFi」を利用する事例として、外出の多い営業部の社員や在宅ワークとオフィスワークを兼ねている社員など、業務を社外で行う機会が多い場合に便利な通信機器となります。

      「ポケットWiFi」は持ち運びが簡単な小型機器なので、移動中や出張中などに活用できます。

      「ポケットWiFi」を使う際の注意点としては、同時接続数が少ないので3人以上で使う場合には利用できない可能性もあります。

      また、広範囲での利用は難しいので、あくまでも外出先まで持ち運んで使えるWiFiとして、使う用途や場所、利用者数に合わせて使用すると良いでしょう。

      置くだけWiFiルーター

      「置くだけWiFiルーター」は、屋内に設置して利用する通信機器です。

      「ポケットWiFi」と同様に工事不要なので、申し込み完了後に数日で利用することができます。

      「置くだけWiFiルーター」と光回線との最大の違いは、回線工事の手間が省けて早くインターネット利用ができる為、社内オフィスのネット環境を早くて安く簡単に導入できるメリットがあります。

      持ち運び自由な「ポケットWiFi」と比較すると機器の形状は大き目になりますが、その分搭載されているアンテナの性能が良いので通信速度が安定しています。

      また、同時接続数が「ポケットWiFi」よりも多いので複数人での利用も可能です。

      利用する際はオフィス内に設置して付属の電源ケーブルをコンセントにさすだけで、すぐにインターネットを利用することができます。

      初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

      工事不要WiFiのメリット・デメリット

      WiFi利用する前に工事不要となった場合のメリットやデメリットを解説します。

      工事不要WiFiのメリット

      • 回線工事費用が必要ない
      • 配線がない
      • 利用開始がすぐできる

      「ポケットWiFi」や「置くだけWiFiルーター」は、光回線のように回線工事が不要なので、かかる費用も当然不要です。

      法人用で導入する場合にも初期費用が抑えられるメリットがあり、光回線と比較すると導入コストが安く済みます。

      オフィス内に設置する「置くだけWiFiルーター」の場合は、ルーター付属の電源ケーブル以外の配線は無いので、オフィスの床回りで邪魔になる配線もありません。

      オフィスのレイアウトに配線の始末を考えなくて良いので、スッキリとしたワークスペースとPC周辺の掃除も楽になります。

      また、申し込みしてから数日でWiFiを利用開始できるため、オフィス業務に支障がなく、ネット環境を整えることができます。

      工事不要WiFiのデメリット

      • 容量を超えると通信制限がかかる
      • 対応エリア外では利用できない

      工事不要WiFiは、決められた容量を超えたり高い負荷がかかった場合に通信制限がかかる場合もあります。

      「ポケットWiFi」や「置くだけWiFiルーター」は通信容量が完全無制限でないものが多いので、利用する容量によって検討する必要があります。

      また、対応するエリアについては、契約する前に確認して準備を行いましょう。

      工事不要の置くだけWiFiルーターの導入の流れ

      1. 回線工事は不要なので、工事予定や工事業者の立ち合い、工事費も不要です。
      2. 申し込み契約後に、置くだけWiFiルーター(端末)がオフィスに届きます。
      3. 置くだけWiFiルーターをオフィス内に設置し、コンセントをさします。
      4. 利用開始です。

      申し込みから最短3日~1週間で利用できるようになり、固定回線や光回線と比較して安く早く導入することができます。

      まとめ

      工事不要WiFiについて解説しました。工事不要WiFiには2種類、「ポケットWiFi」と「置くだけWiFiルーター」があります。

      それぞれの活用法は利用する場所や利用者の人数など用途によって選ぶことができます。

      「置くだけWiFiルーター」は光回線と比較すると、工事不要で初期費用も抑えられ利用開始まで時間がかからないことが大きなメリットです。

      オフィス内で利用する目的や業務内容によって、光回線と比較して導入を検討すると良いでしょう。

      なお、工事不要の「置くだけWiFi ルーター」を購入検討されている事業者の方向けに、置き型WiFi ルーター「BizAir」がおすすめです。

      「BizAir」は、高速で大容量通信の5G対応で、全国どこでも利用できるサービスです。本記事で解説した工事不要WiFiのメリットに十分対応していますので、ぜひ購入の参考にしてみてはいかがでしょうか。

      初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

      おすすめの記事