ビジネスローンとは?メリットや注意点、おすすめの商品を8つ紹介!

資金調達を行う方法は融資などさまざまな方法がありますが、その中でも近年利用されているのがビジネスローンです。

法人や個人事業主を対象としており、個人が利用することはできない金融商品となります。

今回は、これから活用されている法人や個人事業主のために、ビジネスローンとは何か、メリットや注意点についても紹介します。

また、数ある中からおすすめの商品についても紹介するので、比較しながら検討したい事業者は参考にしてみてください。

ビジネスローンとは?

そもそもビジネスローンとは、法人経営者や個人事業主が利用できる借入方法の一つです。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などが提供する商品となり、種類も豊富にあります。

個人事業主に関しては利用することが可能ですが、事業を営んでいない方は対象外です。

また、通常の融資と比べて早く資金調達ができますが、金利は高めに設定されているのが特徴の一つとなります。

そのため、クレジットカードのように計画的に利用することが大切です。

使用用途は?

ビジネスローンは、クレジットカードとはまったくの別物と考えていいでしょう。

理由としては、そもそも使用用途が異なります。

主に資金の使途は商品によって異なりますが、多くのケースでは事業性資金です。

事業性資金は、下記のリストで具体的な例を紹介しているので参考にしてみてください。

 

  • 新規事業の立ち上げ資金
  • 設備にかかる投資費用
  • 運転資金
  • 取引先への支払い
  • その他事業のために使用する資金

 

これらの内容が事業性資金となりますので、例えばショッピングのために融資してもらうことはできません

カードローンとの違い

クレジットカードとの違いは明確に理解できたかと思いますが、カードローンとは何が異なるのでしょうか。

カードローンの対象者は、主に個人が融資をしたい場合に対象となる金融商品です。

利用目的も生活資金などに活用することも可能なため、ビジネスローンとは大きく異なります。

また、借入れが総量規制の対象になるかについても異なる点があるのです。

総量規制については、カードローンでは対象となりますので、年収の3分の1までに制限がされています。

ビジネスローンはというと、総量規制の対象外です。

そのため、近年では500万円や1,000万円まで融資が可能なものもあるなど、金額が高めに設定されていることも多く見受けられます。

その他にも違う点としては、連帯保証人の有無です。

カードローンは保証人が必要ないケースも多く、比較的簡単に審査にも通過するでしょう。

それに比べてビジネスローンは、連帯保証人が必要なケースが多いです。

しかし、中には不要なこともあるので必ずしも必要というわけではありませんが、特に法人プランでは連帯保証人を求められることがほとんどとなります。

このように、そもそも利用目的から異なる点が多々あるため、同じ商品ではないことがわかります。

ビジネスローンのメリット

申し込みについて悩んでいる事業者の中には、具体的なメリットを知りたいと思っている方も多いでしょう。

ここでは活用することでどんなメリットがあるのか詳しく紹介します。

事業資金として使える

それぞれの金融商品には目的が異なりますが、その中でもビジネスローンは事業資金として利用が認められているのが特徴の一つと言えます。

例えば個人が使用できるタイプでは、事業資金の使用は認められていません。

事業に使うためにクレジットカードなどを活用しようというのは原則NGです。

それに比べてビジネスローンは事業資金としての利用のみ認められているケースが多いため、事業の目的であれば自由に活用することができます。

資金調達がしやすくなるメリットがありますし、資金を確保できることでチャンスも広がるので、法人や個人事業主は持っておいても損はしないと言われています。

資金確保までのスピードが早い

事業資金を調達するためには、日本政策金融公庫や銀行の融資を検討する方が多いでしょう。

余裕を持って行うことができれば問題ありませんが、これらの資金調達方法のデメリットとしては融資完了までの期間が長いことです。

しかし、ビジネスローンであれば最短で申し込み翌日から融資できる商品もあったり、遅くても1ヶ月程度と短期間で資金調達ができます。

このようなスピード感は他の融資にはないメリットとなりますので、特に緊急時などに役立てられるでしょう。

総量規制の対象ではない

個人が所有するクレジットカードなどには総量規制があり、年収の3分の1までが限度となっております。

これはメリットの部分でもあり、デメリットとも言えますが、ビジネスローンは総量規制の対象ではありません。

そのため、年収の3分の1以上の資金も調達することができるのです。

それぞれの商品によって限度額は異なりますが、クレジットカードの限度額よりも大幅に超えて設定することが可能なため、大きな額を一時的に調達しなければならないケースでも安心でしょう。

ビジネスローンのデメリット

メリットとなる部分もある一方で、注意しなくてはならないデメリットの部分も存在します。

上手に活用するためにも注意点は事前にチェックしておきたいところなので、ここでは特に確認しておきたいことについて紹介します。

金利は高めに設定されている

銀行や公的機関で資金を調達するケースに比べ、最高金利は10%前後から18%までに設定されているところが多くなっています。

銀行は2%台が多く、日本政策金融公庫などの公的機関は0.3%〜2%前後となるので、これらと比べても大幅に高く設定されていることがわかるでしょう。

そのため、返済方法には特に注意したほうがいいと言えます。

借りる額が多く、返済期間も長いとそれだけ負担も大きくなります。

負担が大きすぎて返せないとならないためにも、計画的な利用が大切でしょう。

借入額は融資に比べて低い

公的機関や銀行は企業の規模によってもことなりますが、数千万円から数億円程度に設定されていることが多く、多額の資金を調達することも不可能ではありません。

しかし、ビジネスローンは数十万円から数百万円といった内容がほとんどとなっており、通常融資と比べると少額に設定されています。

これらの金額の借入れで問題が解決するならデメリットとはなりませんが、数千万円以上必要なケースではあまり意味がないとも言えるでしょう。

将来的に融資をする予定があるなら注意が必要

基本的に、ノンバンクから借入れを行う場合はリスクがあることを理解しておくことが大切です。

法人が融資を行う際、必ず必要になるのが決済書の借入れ内訳の記入です。

ここでどこから借入れしているのかを確認することができ、ノンバンクからの借り入れがあることもわかってしまうため、銀行や公的機関からリスクが高いと判断されるかもしれません。

審査結果に影響が出る可能性が高いため、特に返済期間が長く、返せる見込みのない借入れは避けるべきです。

計画的に活用できれば便利ですが、利用計画をされていないまま使用すると将来にも響く可能性があるので、その点は注意しましょう。

審査は厳しい?

「審査を受けたいけど、簡単には通過できないのでは?」と思われている方も多いでしょう。

確かに個人が扱えるローンに比べると厳しいこともありますが、それほど審査が厳しいことはありません。

しかし、簡単だからといって適当に申し込みをすると審査落ちのリスクもあります。

そのため、本当に活用したいと思っている方は、審査で見られるポイントなどもチェックしておいたほうがいいでしょう。

一般的なポイントとしては、次の項目の内容を見られることが多いでしょう。

申し込み条件に該当しているか

申し込み条件とは、例えば事業者であるかどうかの確認などです。

もちろん事業者でない個人は申し込みを行うことができないため、万が一申し込んでしまった場合は通過することはないでしょう。

しかし、事業者といっても個人事業主で事業を営んでいないケースでは審査落ちの可能性が高いでしょう。

そのため、しっかりと条件に該当しているか確認をしてから申し込むことが大切です。

財務状況の確認

基本的には財務状況に問題がなければ審査に通過する確率は高いでしょう。

しかし、その中でも債務状況は最もチェックされるポイントとなり、他での借入れが多すぎるとなれば落ちてしまうケースもあります。

また、支払い遅れなどが常に発生しているなど、これらのデータが確認された場合もマイナスポイントとなるでしょう。

収益性や貸した場合の安全性は見られるポイントとなるので、利用する予定の事業者はこれらの項目はしっかりと確認しておきましょう。

融資希望額が適性かどうか

審査は比較的通過しやすくても、その会社に見合っていない融資希望額である場合落とされる可能性も高いでしょう。

例えば、使用目的よりも大幅にオーバーした希望額であれば、用途に見合っていないと判断されるケースも少なくありません。

「できる限り多くの金額を借りることができたらいい」という感覚で申し込んでしまうと通過しないことも多いため、しっかりと計画を立ててから提出することをおすすめします。

返済の見通しができるか

審査では返済できるかどうかはしっかりと確認されます。

なぜなら返済できないところにはリスクが高いため、できる限り貸したくないと考えているからです。

そのため、高い確率で審査に通過したいと考えているなら返済するための資源をどのように確保していくのか説明できるようにしましょう

例えば、資金繰り表を提出するなど信頼性を高めるための行動も検討することで通過する確率が高まります。

審査に通過しない場合は信用情報に原因がある

申し込みの条件を満たしており、特に問題がないと思っても審査に落ちてしまうケースもあります。

原因がわからない場合は下記の項目に該当していないか確認しましょう。

 

  • 融資の返済遅れがないか
  • ここ最近で自己破産をした経験がある
  • 赤字決済
  • 税金の滞納が頻繁にある

 

など、信用情報にキズがあるケースでは通りにくいとされています。

そのため、上記の項目の問題が発生しないよう、日頃から注意できるポイントは守るようにしましょう。

審査に通りやすいビジネスローンの基準とは

ビジネスローンを取り扱っているところは幅広く存在しますが、その中には審査に通過しにくいものから通過しやすいところまであります。

ここでは、審査に通りやすい商品の見分け方について紹介するので参考にしてみてください。

消費者金融が提供している商品

消費者金融はいわゆるノンバンクが提供している商品です。

例えば個人が所有しているクレジットカードなどの審査を見てもわかりますが、最近では主婦でも通りやすいなど比較的緩いのが特徴です。

ビジネスローンに関しても緩いケースが多いため、どうしても審査に通過したいなら消費者金融が提供している商品をおすすめします。

また、大手よりも中小の消費者金融のほうが審査は緩い傾向にあると言われているので、消費者金融の中でも選び方は大切です。

金利が比較的高めに設定されている商品

金利は低ければ低いほど審査が厳しいと言われています。

逆に高いものは貸し倒れリスクを回避しやすいため、審査にも通りやすいのです。

しかし、どうしても借入れを行いたいと思っている場合に限ります。

やはり金利は高ければ高いほど返済の負担が大きくなるのが特徴です。

審査が甘いという理由だけで申し込むのは危険なので、返済の計画が立っている事業者だけおすすめと言えるでしょう。

おすすめのビジネスローン8選!

数ある商品の中から比較しながら検討したい事業者向けに、ここでは特におすすめできるビジネスローンを紹介します。

表や特徴などを比較しながら自社に合うものを選んでみてください。

アイフルビジネスファイナンス

 

金利3.1%〜18.0%
限度額50万円〜1,000万円
返済期間

・元利均等返済:最長60回以内

元金一括返済:最長12回以内

担保・保証人

原則担保・保証人不要

※法人の場合は代表者に連帯保証人が必要

必要書類

法人

・代表者の本人確認書類

・決算書

個人事業主

・本人確認書類

・確定申告書

・事業内容確認書

審査スピード最短翌日
入金までの期間最短翌日

アイフルビジネスファイナンスの特徴

アイフルビジネスファイナンスは、審査、入金ともに最短翌日から利用することが可能です。

対象者は法人のみならず個人事業主も必要書類の提出を行い、審査に通過することで利用することができます。

また、基本的に来店不要で申し込みを行えるため、必要書類を用意すればスマートフォンからでも気軽に利用することが可能です。

その他にも融資限度額が他のサービスと比べても高めに設定されており、最大で1,000万円まで借りられます。

ただし、返済期間は最長でも60回までとなりますので計画的に利用しましょう。

PayPay銀行ビジネスローン

公式サイトはこちらから:PayPay銀行ビジネスローン

 

金利2.8%〜13.8%
限度額最大500万円
返済期間借入れ額に応じて毎月1万円〜10万円の範囲で返済
担保・保証人

担保は不要

代表者の連帯保証は必要

必要書類

原則書類不要

※審査過程で決済書の提出が必要なケースあり

審査スピード最短翌日
入金までの期間審査通過後すぐに利用可能

PayPay銀行ビジネスローンの特徴

PayPay銀行ビジネスローンは、来店不要でWEB完結で申し込みが行えるサービスです。

気軽に申し込めるのはもちろん、原則複雑な書類を用意する必要もありません。

金利についても比較的低めに設定されており、2.8%〜13.8%の間です。

返済は1万円から10万円の範囲で自動的に計算されます。

例えば、10万円までの借入れの場合、返済額は1万円です。

400万円から500万円以下の返済額は10万円となります。

借入額が増えれば返済額も高くなりますので、事前に返済計画は立てておくことが大切です。

PayPay銀行ビジネスローンは審査も比較的緩めに設定されていると言われており、利用開始までの期間も短いのが特徴になります。

そのため、できる限り早めの資金調達を望む事業者にとっておすすめと言えるでしょう。

オリックス VIPローンカードBUSINESS

公式サイトはこちらから:オリックス VIPローンカードBUSINESS

 

金利6.0%〜17.8%
限度額最大500万円
返済期間

毎月1.5万円〜8万円の間で返済

即時振り込み・即時返済に対応

担保・保証人不要
必要書類原則不要
審査スピード最短即日
入金までの期間最短即日

オリックス VIPローンカードBUSINESSの特徴

オリックス VIPローンカードBUSINESSは、簡単に説明するとビジネスローンとカードローンがセットなったサービスです。

例えば、通常のカードでは運転資金や仕入れ資金、納税などの用途で使用することは認められていません。

逆にビジネスローンは生活資金としてプライベートで使用することはできない特徴を持っています。

しかし、VIPローンカードBUSINESSであれば、事業に必要な資金に使用することはもちろんのこと、プライベートでの使用も認められているのです。

新しいサービスとなっているため、どちらでも利用したい事業者におすすめと言えるでしょう。

注意しなければならない点としては、返済方式です。

方法は一回払いかリボリビング払いの二択となりますので、一回払い以外で利用を検討されている場合は注意が必要と言えるでしょう。

株式会社オージェイ

公式サイトはこちらから:株式会社オージェイ

 

金利

・個人事業主18.0%〜20.0%

・法人10.0%〜18.0%

限度額

最大2,000万円

個人事業主は100万円まで

返済期間1ヶ月〜60ヶ月
担保・保証人

個人事業主は原則不要

法人は代表者の保証が必要

必要書類

個人事業主

・身分証明証2点

・収入証明書類

・印鑑

法人

・登記簿謄本・決算書2期分

・印鑑証明・身分証明書

・納税証明書

審査スピード最短即日
入金までの期間最短即日

株式会社オージェイの特徴

株式会社オージェイではさまざまな商品を取り扱っていますが、その中でも無担保で利用できるビジネスローンが人気です。

個人事業主向けと法人向けに分かれており、表にもあるとおり金利もそれぞれ異なります。

個人事業主にとってはそれほど魅力的なサービスとは言えないかもしれませんが、法人は最大2,000万円までの融資を受けられます。

高額融資に対応しているため、急な資金繰りに困ったときなど気軽に利用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

審査にもそれほど時間がかからず、緊急時には最短即日で利用が可能です。

株式会社オージェイで申し込みを行う場合は、WEB完結型ではないため、来店が必要になります。

必要書類も個人事業主、法人でそれぞれ異なるので、準備してから申し込みを行うようにしてください。

ビジネスパートナー

公式サイトはこちらから:ビジネスパートナー

 

金利9.98%〜18.0%
限度額最大500万円
返済期間最長5年の60回以内
担保・保証人

原則不要

法人は代表者の連帯保証が必要

必要書類

法人

・本人確認書類

・登記事項証明書

・印鑑証明

・決算書

個人

・本人確認書類

・印鑑証明

・確定申告書

・借入計画書

審査スピード最短即日
入金までの期間契約から5日後

ビジネスパートナーの特徴

ビジネスパートナーは、無担保で利息を除く手数料が無料で利用できるサービスです。

来店も原則不要となっており、郵送ですべての手続を完了させることができます

申し込みから借入れまで最短5日で行うことができ、スピード融資にも対応しています。

追加での融資を希望している方は、マイページにアクセスして申し込みを行うことで簡単に借入れすることが可能です。

手間がかからず借入れを行うことができるため、緊急時にも柔軟に対応してくれます。

また、セブン銀行ATMからの借入れと返済の両方が行えるため、コンビニなどからでも操作可能です。

アクト・ウィル

公式サイトはこちらから:アクト・ウィル

 

金利7.5%〜15.0%
限度額最大5,000万円
返済期間12ヶ月以内
担保・保証人

原則不要

※担保・保証人が必要なサービスもあり

必要書類

法人

・本人確認書類

・登記事項証明書

・印鑑証明

・決算書

個人

・本人確認書類

・印鑑証明

・確定申告書

・借入計画書

審査スピード最短即日
入金までの期間最短即日

アクト・ウィルの特徴

アクト・ウィルは、事業者向けの融資を専門的に行っている会社です。

幅広いビジネスローンを取り扱っており、担保が不要なものから不動産担保、有価証券担保、車担保などそれぞれ対応している商品は異なります。

どのサービスを利用するかで融資額は異なりますが、例えば不動産担保で融資を受けた場合、最大で5,000万円まで利用可能です。

高額な融資にも対応しているため、多くの資金を調達したいという場合でも利用しやすいのが特徴と言えるでしょう。

アクト・ウィルはWEB完結型にも対応しており、全国の事業者が利用できます。

そのため、申し込みの手間がかからず、多くの資金を調達したい事業者におすすめです。

東京スター銀行 スタービジネスカードローン

公式サイトはこちらから:東京スター銀行 スタービジネスカードローン

 

金利4.5%〜14.5%
限度額最大1,000万円
返済期間利用残高によって決められた金額を毎月4日に返済
担保・保証人不要
必要書類

・本人確認書類

・直近1期分の収入がわかる書類

・法人は商業登記簿謄本

・個人事業開業届出済証明書

審査スピード最短5日
入金までの期間契約後即時

東京スター銀行 スタービジネスカードローンの特徴

スタービジネスカードローンは、東京スター銀行が提供するビジネスカードローンです。

申し込みから契約まで来店の必要がなく、インターネットからすべての手続を完結させることができます

融資額は50万円〜1,000万円まで対応しており、10万円単位から利用可能です。

金利も他サービスと比べて低めに設定されているため、無理なく利用しやすいのがおすすめできる理由の一つと言えるでしょう。

また、契約は毎年自動更新することができ、最長で69歳になるまで利用可能です。

利用できる年齢が高めに設定されているのも、事業者にとって嬉しいポイントとなるでしょう。

その他にも無担保・保証人なしで利用できるのが特徴の一つなので、特に個人事業主や法人代表者におすすめです。

セゾンファンデックス

公式サイトはこちらから:セゾンファンデックス

 

金利2.65%〜9.9%
限度額最大5億円
返済期間最大25年まで
担保・保証人不動産担保
必要書類

・本人確認書類

・住民票

・収入証明書

・商業登記簿謄本

・決算報告書

・納税証明書など

審査スピード-
入金までの期間-

セゾンファンデックスの特徴

セゾンファンデックスは、不動産を担保にしたビジネスローンです。

無担保のサービスと比べても金利が低く設定されていることが特徴の一つとしてあげられ、融資額も最大5億円まで対応しています。

これらの多額な融資は、税金を未納していたり、創業して間もない企業だったりすると金融機関で審査に通過することはほとんどないでしょう。

しかし、セゾンファンデックスなら独自の審査基準を採用しており、金融機関よりも審査は緩めに設定されています。

そのため、急な資金調達などに活用できるなど、利用方法によっては便利と言えるでしょう。

ただし、不動産の担保が必要となるため、万が一返済できないとなってしまった場合は建物が失われてしまうケースもあります。

比較的リスクが高いビジネスローンではあるため、利用の際にはじっくりと計画を立ててから行うことが大切です。

まとめ

今回はビジネスローンを検討中の事業者に向けて、特徴から注意点まで具体的に紹介しました。

金融機関や公的機関の融資と比べても、全体的に審査が早いのが特徴の一つとなり、最近では融資額も高めに設定されているケースが増えています。

しかし、便利な半面金利が高めに設定されているなど、必ずしもメリットだけがあるとはいい切れません。

注意点も理解しながら利用することによって最悪のケースは防ぐことができるので、利用する際にはよく検討してから申し込みを行いましょう。

また、おすすめの運営会社の紹介もこの記事ではしているので、どこで申し込みをしようか迷っている方は比較しながら選定してみてください。

おすすめの記事