売掛保証とは?活用の重要性やおすすめのサービスについても比較!

商品やサービスを顧客に販売や提供したものの、受け取っていない代金を請求できる権利のことを売掛債権と言います。

企業によってはこの売掛債権を多く保有しているケースも多いですが、

万が一取引先が倒産してしまった場合はその売掛債権を回収できないリスクがあるのです。

できる限り安全に回収したいときに活用すると便利なのが、売掛保証になります。

今回はこの売掛保証について気になっている事業者のために、活用する利点や保証サービスの比較ポイントなども紹介するので参考にしてみてください。

売掛保証とは

売掛保証とは、一言で説明すると売掛債権に対して保証を行ってくれるサービスです。

似たサービスで言うと保険と同じような意味があり、保険料を支払うことによって

万が一売掛債権の回収ができなかったとしても保証してもらうことができます。

安全に回収できる一つの方法となるため、企業は活用したほうが安心にもつなげられるのです。

売掛保証のメリット

売掛保証サービスを活用することで得られるメリットは大きく分けて3つあります。

活用について検討している方は参考にしてみてください。

売掛保証のメリット
  1. 未回収のリスクを解消できる
  2. 与信審査や管理を行ってくれる
  3. 取引先に知られることもないから安心
  4. 未回収のリスクを減らし取引先を増やすことができる

未回収のリスクを解消できる

売掛保証サービスは、未回収のリスクを考える必要がないことが大きなメリットとしてあげられます。

万が一取引先が倒産してしまったり、払えない状態になったりしても保証してもらえるので、回収できる安心感があるのです。

取引先企業の経営状況がわかる場合は活用しなくても問題ないかもしれませんが、やはり実態の把握が難しい企業との取引には不安があります。

しかし、売掛保証サービスを活用すればこういったケースでも安心して取引ができるので、利用して損をすることはないでしょう。

与信審査や管理を行ってくれる

取引先の与信審査や管理までも代行してもらえるのは大きなメリットと言えるでしょう。

審査や管理を行うのは、専門的知識がある人ではないと難しいのが現状です。

特に経験がない企業が行うのは手間もかかりますので、あまりおすすめできません。

しかし、売掛保証サービスなら専門的知識を持つ担当者が与信審査から管理までを行ってくれるため、

取引先の実態を把握するのに手間がかかることはないのです。

保証サービス以外にも対応してもらえるので、企業にとって強い味方となってくれるでしょう。

取引先に知られることもないから安心

売掛保証サービスを活用することによって、「取引先から信用してもらえていないと怒られたらどうしよう」と不安に思われている企業も多いでしょう。

しかし、サービスを利用することで取引先に知られることはまずありません

知られずに保証をかけられるのがメリットの一つでもあるため、安心して利用することができます。

未回収のリスクを減らし取引先を増やすことができる

万が一、取引先が倒産するといった事態になっても保証会社から代金を回収することができます。

そのため、売掛金の未回収リスクを減らしながらも取引先を拡大することができます。

未回収が原因となる、売上があるのに資金がなくなってしまうような黒字倒産を回避することにつながります。

会社経営者であれば、売掛債権の不渡りは何が何でも回避しなければなりません。

売掛保証を活用することは、キャッシュフローに対しての安心感を買うといったメリットにもなります。

未回収のリスクが減ることによって、安心して取引先を増やすことができれば自社の売上増に専念した営業活動を増やすこともできます。

売掛金保証の注意点とは

活用するうえで知っておきたい注意点について紹介します。

ここでは2つの注意点について説明するので参考にしてみてください。

売掛金保証の注意点
  1. 必ずしも保証されるわけではない
  2. すぐに現金を回収できるとは限らない
  3. 手数料がかかる

必ずしも保証されるわけではない

取引先の経営実態がわからないときに利用できる便利なサービスではありますが、

あまりにも信用力が低い場合は審査に通過しないケースもあるので注意しましょう。

審査に落ちて代金が返ってこないとならないためには、取引先の経営実態を把握しておくことが大切です。

例えば周りから情報を得るなど、ちょっとしたことでも問題ありません。

ある程度情報を把握できていれば、この会社とは契約しないほうがいいなど最悪の事態を回避できます。

情報がわからないケースではそもそも契約をしないなど、取引を避けることも重要でしょう。

すぐに現金を回収できるとは限らない

これは売掛保証サービスによって異なりますが、例えば未入金の報告を行ったとしても、すぐに現金を回収できるとは限りません。

中には数ヶ月以上かかるケースもあるなど、送金まで時間がかかることもあるのです。

しかし、運営会社によって最短で10日ほどで送金してもらえるところもあるので、

できる限り早く回収をしたいと思っている企業は、比較しながら自社に合うところの選定が大切となります。

手数料がかかる

売掛保証は言わば売掛債権への回収保険ですのでもちろん手数料がかかります。

売掛をする取引先との取引額に応じて手数料が5%~15%程度で設定されていることが多いです。

取引を拡大すればするほど手数料がかかることが気になるという経営者様には、月額料金のみの定額プランで保証してくれるサービスの導入も考えられます。

しかしながら、取引先との信頼関係構築や自社の資金繰りによるリスクマネジメントを考えると、費用対効果がある手数料といえます。

売掛保証の実際の流れ

売掛保証の実際の流れは以下の通りです。

売掛保証 実際の流れ
  1. 会員登録
  2. 取引先の登録
  3. 保障開始
  4. 未払い報告
  5. 保証会社からの入金

会員登録

会社情報などを入力しアカウント登録をします。

登録が完了すると会員サイトを使えるようになります。

取引先の登録

取引先の登録をして審査が始まります。

審査にあたっては取引先の情報や取引内容の提出を求められることがあります。

保障開始

与信の専門家による調査が入り、業績などの数値情報や各種取引先や社内からの評判などから総合的に審査します。

未払い報告

取引先との間に未払いが発生したら、会員サイトから未入金の報告と代金請求手続きをします。

その際に取引内容や請求書などの提出を求められることもあります。

保証会社からの入金

保証会社での審査や未払い調査が完了すると指定口座に入金されます。

売掛保証をおすすめしたい企業の特徴

売掛保証サービスで大切なことは、自社がどういう位置付けで売掛保証を利用するかをしっかり考えた上で、経営対策として活用しましょう。

経営戦略やリスクマネジメントなど自社の経営に対する一つの武器と考えると効果を上げることができます。

売掛保証おすすめ企業の特徴
  1. 取引先企業が少なく集中している
  2. 与信管理を効率化したい
  3. 売掛金を確実に回収したい

取引先企業が少なく集中している

少ない取引先企業で売掛金が集中していると、売掛金を回収できなかった時のリスクが高まります。

一つの取引先で多額の売掛金が回収不能に陥ってしまうと、今後の経営に大ダメージとなってしまいます。

売掛保証を利用することで、リスクマネジメントを高めることができます。

与信管理を効率化したい

与信管理業務はいざリスクに直面したときに、経営へも大きく影響します。

徹底的にリスクマネジメントを行う場合には、与信管理業務をアウトソーシングして効率化を考えることもポイントです。

自社で毎回データリサーチするよりも、効率的に与信調査ができます。

その分自社では違う業務に集中することができることもメリットです。

売掛金を確実に回収したい

売掛金を確実に回収するために最も大切なことは、取引先の与信管理をしっかりと行うことです。

与信額を一度決めて終わりではなく、定期的に見直すことも実施しましょう。

経済の情勢を考えると先行きが不確実な時代と言えますので、与信管理能力を高めたい企業にもおすすめです。

回収不能が分かってから対策するよりも、事前に安心して取引できるようにすることで業務に集中することができます。

売掛保証の比較ポイント

納得のできる売掛金保証サービスを選ぶためには、比較しながら検討することが大切です。

比較したいポイントはいくつかありますが、その中でもここで紹介する2つのことは大切になるため、必ず比較してから選定してください。

売掛保証の比較ポイント
  1. 自社に合うプランを取り扱っているか
  2. 保証の対象範囲を比較する

自社に合うプランを取り扱っているか

利用する際には、企業規模に応じて最適なプランを契約できるかが重要なポイントです。

例えば取引額が小さいケースですが、この場合に保証額の制限がないプランを選んでしまうとコストがかかりすぎて赤字になることもあります。

逆に高額取引を複数行っている企業が、保証額の制限があるプランを選んでしまうと1割ほどしか返ってこなかったとなるケースもあるのです。

利用して後悔しないためには、自社に合う最適なプランを用意しているかがポイントとなるため、比較する際にはしっかりと確認しましょう。

保証の対象範囲を比較する

売掛保証サービスを比較する際には、保証の対象範囲もチェックしましょう。

例えば取引先が倒産したときのみ対応しているところもあれば、資金難や夜逃げによる支払い遅延にも対応しているところもあります。

対象範囲はできる限り広いほうが代金が返ってくる可能性が高いため、この部分も比較して見極めてから登録をしましょう。

売掛保証サービスおすすめ5選!

売掛保証サービスは先ほども紹介しましたが、比較しながら選ぶことで後悔する可能性を少しでも減らすことができます。

ここでは表などを活用しながらそれぞれの特徴を比較します。

活用について考えている企業は参考にしながら自社に合うサービスを選んでみてください。

売掛保証サービスおすすめ5選
  1. URIHOの特徴
  2. GMO BtoB 売掛保証の特徴
  3. T&G売掛保証の特徴
  4. アラームボックスの特徴
  5. 三菱UFJファクターの特徴

URIHOの特徴

URIHOはネット完結型で申し込みを行える手軽なサービスとして人気を集めています。

申請には来店の必要もないため、多忙な企業でも安心して利用できるのが特徴の一つと言えるでしょう。

また、保証対象範囲も倒産のみならず、1ヶ月以上の支払い遅延にも対応してくれます。

URIHOはプランも豊富に用意されており、中小企業から大企業までもが活用しやすいサービスです。

特にCプランでは1取引あたりの保証額の制限がないため、高額取引を行っている企業でも安心して利用することができます。

また、定額料金で対応してくれるのも嬉しいポイントの一つです。

初期費用や審査料などさまざまな手数料が発生することはないので、リーズナブルな点もおすすめできる理由の一つでしょう。

GMO BtoB 売掛保証の特徴

GMO BtoB 売掛保証は、新規取引先の場合1社から保証が可能なサービスです。

また、既存プランだけではなく、カスタマイズプランも用意されています。

企業の要望に応じたプランの用意がされているため、納得できるプランに申し込むことができるでしょう。

取り入れている企業は、主に企業間での取引で売掛金が発生する広告代理店や卸売業などです。

その他にも利用している業界は数多くあり、使いやすいサービスとして人気があります。

料金も取引が少ない企業向けから、高額な取引を行う場合など幅広く対応しているので、余分なコストを支払わなくても済むのは魅力的です。

T&G売掛保証の特徴

T&G売掛保証は導入社数11,000社を突破し、アパレル業や建材卸業、飲食卸業からの利用が多いサービスです。

企業から活用されているのはもちろんのこと、手軽なプランもあることから個人事業主の利用も増えています。

また、スピード審査にも対応しているため、即日から3営業日以内に審査の完了が可能です。

早く対応してもらえるのは多くの企業がメリットと感じている部分となるでしょう。

審査の可決率は93%と高く、新設企業など審査が難しい場合の保証実績もあるので安心です。

T&G売掛保証はネット完結型で申し込みができるため、審査依頼から保証の申請までネットで完結されることができます。

アラームボックスの特徴

アラームボックスは、Web上でいつでも申し込みを行えるネット完結型の売掛保証サービスです。

入金が確認できない場合は気軽に申請ができるため、取引先の倒産などを気にすることなく業務に専念できるのが魅力の一つになります。

サービスを利用するにあたって月額料金が発生しますが、リーズナブルな価格で対応してくれるため、企業側の負担もそれほどありません。

また、30日間は無料で試すことも可能なので、気になっている方はそちらから利用してみてください。

三菱UFJファクターの特徴

三菱UFJファクターは、大手銀行の三菱UFJ銀行が母体となっている売掛保証サービスです。

限度額内であれば売掛債権を100%保証してもらえるため、高い確率で代金を回収できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、売掛債権の回収だけではなく、与信管理も行ってくれるのが魅力の一つです。

取引先の経営実態など、細かく調べることも可能なので、取引先の実態をしっかりと把握したいと思っている企業にとってもおすすめになります。

ただし、小規模事業者や取引先が少ない企業にとっては利用できないケースもあるので、取引が多い企業向けと言えるでしょう。

具体的には保証希望先を10社以上でなければ申し込めないのが特徴です。

また、事前審査も比較的厳しめとなっているため、必ずしも利用できるとは限りません。

しかし、条件に当てはまる企業は大手からサポートを受けられることとなるため安心できるでしょう。

まとめ

HRの業務内容

今回は売掛保証についての紹介をしましたがいかがだったでしょうか。

特にBtoBでの取引が多い企業にとっては、売掛債権は多く発生します。

放置することで代金の回収が遅れる、中には支払ってくれないリスクもあります。

それらを防ぐために売掛保証サービスがあり、最近では手軽に利用できるものも多くあります。

企業を守るためにも大切なサービスとなるため、特に売掛債権で悩まれている企業は活用について検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事