動態管理システム比較8選!おすすめアプリ&サービスを徹底紹介

 

テクノロジーの発展が目まぐるしい中で、アプリケーションやソフトウェアを活用したサービスが日進月歩で受け入れられています。多くの業務車両やシステムを抱える企業において、車両の情報を活用した動態管理システムで業務の効率化を進めることには注目が集まっています。

この記事では、そんな動態管理システムについて仕組みやメリット、また実例を交えながら解説を行い、疑問点を解消していきます。

動態管理システムとは?

動態管理システムは、営業車などに搭載したGPSを使って車の位置情報を把握し管理することができるシステムになります。

システムを利用することで、事務所にいる管理者がパソコン上で各営業者の情報を逐一把握することができます。

また、位置情報データを集約して走行距離や稼働時間を管理したり、急ブレーキの情報などから危険運転の察知なども可能になります。

動態管理システムの仕組みとは?

動体管理システムの仕組みには様々なものがあります。車両情報を特定する場合、GPSを利用して行いますが、GPSの電波が届く地域とそうでない地域によって、詳細な手法は変わってきます。また、ドライバー情報を把握する際には、ドライバー自信が申告するものと、ドライバーにビーコンをつけて自動的に特定するものがあります。

情報の取得手段としては、エンジンのOn/Off情報やエンジン回転数、車内に搭載されたセンサーなどのデバイスを経由して、それらを手掛かりに車両の状態を把握します。

動態管理システムを導入するメリット

動態管理システムを導入することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、動態管理システムを実際に導入した際のメリットとなるポイントについて、5つほど上げて解説していきます。主に、項目としては以下のものが挙げられます。

  1. 事故発生を低減できる
  2. 発送指示を効率化できる
  3. 従業員の負担を効率化できる
  4. 無駄なコストを削減できる
  5. 従業員の健康管理ができる

メリット①:事故発生を低減できる

動態管理システムによって、速度やブレーキを計測、または感知し管理者が察知できるために、その運転データを活用して事故防止や安全運転指導などを行うことが可能になります。

他にも、ドライバーの運転状況をランキング形式でレポート出力する機能を用いることで、誰がより安全な運転を実施しているのかが分かるようになります。

これらの施策によって、従来よりもより安全な業務環境を実現できます。

メリット②:発送指示を効率化できる

管理者が、各車両の位置情報をリアルタイムで把握できることは、配送や集荷などの指示をより効率的に行えることを指し示しています。集荷の際に、電話などをかけて逐一状況を確認しなくてもよいことは、業務を簡易化させることができるポイントの一つだと言えます。

メリット③:従業員の負担を減らせる

動態管理システム上には、従業員がこれまで手動で行ってきたような日報の作成なども自動で行えるようになります。

これによって、ドライバーの負荷が軽減されることになり、雇用者と従業員にとって双方にメリットがあるシステムであると言えます。

メリット④:無駄なコストを削減できる

配送支持の効率化や車両の稼働状況の把握は、無駄な稼働や待機車両の抑制につながるので、必要以上に車両を回さなくてもよくなります。また、稼働率が低い車両がいた場合、車両の数を減らすことも可能です。

これらの一つ一つの施策によって、わずかながらにでも業務を効率化していくことができます。全体的に見れば、大きな費用対効果になるため、メリットは大きいものと言えます。

メリット⑤:従業員の健康管理ができる

動態管理システムのメリットとしては、従業員の健康管理ができることも挙げられます。

システム上で走行ログが記録されるため、連続走行時間が一定時間を超えていないかを確認するなどして、長時間労働や負荷を軽減することができます。

動態管理システムの費用対効果を上げるには?

動態管理システムを導入する場合、費用対効果を上げるにはどのような点に注意すべきなのでしょうか。成果を生むポイントについて3つほど解説していきます。

  1. ドライバー側のメリットも伝える
  2. データの活用方法を検討しておく
  3. 導入成果を共有する

ポイント①:ドライバー側のメリットも伝える

動態管理システムの導入は、管理者側だけではなく、働く側にとっても大きくメリットがあるということを認識しなければなりません。

例としては、効率化が目的の第一にある場合、その旨をしっかりと伝えることが重要と言えます。単純に、目的だけを説明するだけでは伝わりづらいため、従業員が被るメリットについても具体的に解説しつつ、理解を深めていくと良いでしょう。

ポイント②:データの活用方法を検討しておく

データの活用方法をあらかじめ検討しておくことも、動態管理システムを運用する際には重要になってきます。位置情報や走行データなどは、具体的にどのように利用していくかを決めておくことで無駄なく運用することができます。

また、データだけ取得しているという状況になり情報を全く生かし切れていないというのも問題と言えます。

ポイント③:導入成果を共有する

動態管理システムを導入して、運用が効率的に行えているかどうかを定期的に確認することも重要だと言えるでしょう。

これらの作業は、管理者や経営陣だけが参画すればよいものではなく、作業にかかわる人員すべてが認識を逐一更新していかなければなりません。成果がわかるようになれば、それまで疑を持ってかかっていた仕事に対しても見方が変わるでしょう。

また、データをどのように活用しているのか、もしくはデータをいかに活用していくべきなのかを議論することで、費用対効果を最大化できるでしょう。

動態管理システムの選び方・比較ポイント

動態管理システムの導入検討時に確認すべきポイントについて目的別に選ぶ方法と、車載器で選ぶ方法の二つを挙げて解説していきます。

ポイント①:目的に沿ったシステムを選ぶ

動態管理システムの選び方として、一つ上げられるのは目的に沿ったシステムであるかどうかで検討することです。目的については、以下のようなものが挙げられます。

  1. 事故を減らしたい
  2. 運行日報作成の手間を減らしたい
  3. 配送効率をアップしたい

それぞれについて順を追って解説していきます。

目的①:事故を減らしたい

事故を減らしたい目的で導入する場合、急発進や急ブレーキの際の通知方法がわかりやすいもので選ぶと良いでしょう。

また、レコーダー機能が搭載されている場合、事故後の検証などに利用できるため、こちらも選択肢として上がってきます。

目的②:運行日報作成の手間を減らしたい

運行日程作成の手間を減らすという目的で動態管理システムを選ぶのもありと言えます。

この機能については、ほとんどのサービスでついていますが、自社の報告書とって必要な項目が網羅されているか、運転者の手間なく作成できるかなど、操作性や見栄えを軸にして選ぶと良いでしょう。

目的③:配送効率をアップしたい

配送効率のアップが目的で選ぶ場合、GPSの精度が高いものを選んだほうがいいと言えます。

また、配送指示の伝達方法が配達員や管理者に使いやすいかどうかなども、選ぶポイントとして挙げられます。

ポイント②:車載器で選ぶ

車載器で選ぶ場合、その車載器のタイプによって選んでいくのがいいでしょう。車載器は多くの種類があり、通信手段があるものやスマホとペアリングするもの、リースで利用するものなど多岐にわたります。

今回は、以下のタイプについて解説していきます。

  1. OBD- II ポート型
  2. ドライブレコーダー型
  3. アプリ型
  4. その他

タイプ①:OBD-IIポート型

OBD  - IIポート型は、運転席の足元にある自己診断装置の差し込みポートに設置するものを指しています。

これは専門業者による工事が不要であり既存のシステムと比べて比較的誰でも簡単に設置できるのが特徴です。

タイプ②:ドライブレコーダー型

危険運転をすると動画が位置情報と同時にシステムにアップされるなどといった、ドライブレコーダーとしての機能が付いたものを選ぶのもあります。

この場合、ドライブレコーダーを新しく導入したい場合に同時に導入してしまうのも効率的です。

タイプ③:アプリ型

スマートフォンのアプリとして車載器を設置してしまうというのもあります。この場合、ドライバーに社内用スマートフォンを携帯させていればよく、コストを抑えて運用を始められるのが魅力的です。

しかし、スマートフォンの電池が切れてしまったり、GPS機能が何らかの原因で利用できないくなっていたりすると、効果的な利用ができなくなるため注意も必要です。

タイプ④:その他

そのほかのタイプとして、管理者からのメッセージを表示できるなどのカーナビ画面ならではの特性を生かしたものもあります。

また、シガーソケットに取り付けるだけで簡単に設置できるものなどもあり、検討してみると良いでしょう。

おすすめ動態管理システム8選

ここでは、おすすめの勤怠管理システムとして実際に利用されている8つの製品を紹介していきます。

上記のポイントや導入する目的などを踏まえて、以下のシステムを比較・検討してみてはいかがでしょうか。

  1. SmartDrive
  2. Cariot
  3. Docoですcar
  4. DRIVE CHART
  5. Vehicle Manager
  6. Loogia
  7. KITARO
  8. ロジこんばすLite

上記システムについて順を追って解説していきます。

①Smart Drive(株式会社スマートドライブ)

 

シガーソケット型、ドライブレコーダー型、そして様々な他社製デバイスとの連携が可能です。特徴としては、以下の5つが挙げられます。

  1. 走行履歴、安全運転診断、リアルタイム車両位置、車両予約、業務記録、日報作成など10の機能を搭載
  2. クラウド型車両サービス導入実績No1
  3. 動態管理システムによくある「位置が実際と異なる」や「記録されていなかった」などのトラブルを未然に防ぐ仕組み
  4. シンプルなデザインで圧倒的な使いやすさ
  5. お客様のデバイスで最適なものと連携
  6. 安心のサポート体制
  7. 無料のスマホアプリでドライバーもサポート

車載器タイプ

料金

主な機能

様々なタイプに対応

要問合せ

走行履歴、安全運転診断、リアルタイム車両位置、車両予約、業務記録、日報作成など10の機能を搭載

無料デモも実施しているSmartDriveについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

\まずは、無料トライアル/

Cariot(株式会社フレクト)

 

Cariotは、リアルタイム情報活用と管理業務のデジタル化を一元的に行えるサービスです。車両が今どこにいるのかや、いつ頃に到着するのかなどを電話を介してやり取りすることなく、対応することができます。

車両の位置情報を確認する作業の効率化によって、電話を介さないで済むため、人件費の削減につながります。また、配送の遅延を検知すると、配送先に対して自動的にメッセージを送る機能などもあり、効果的に配送を実施できるようになります。

車載器タイプ

料金

主な機能

OBD-IIポートタイプ

要問合せ

位置情報の共有

日報作成

配送計画等

 

docoですcar(NTTコミュニケーションズ株式会社)

 

docoですcarは、3000社の導入実績と10万を超える稼働台数を誇るシステムになります。AIが搭載されたドライブレコーダーによって、安全運転支援や位置情報の共有などを実現しています。車両の位置情報をリアルタイムで把握できるようになることで、運行管理の効率化やコストの削減、迅速な対応が可能になります。

安全運転管理者の業務効率化として、白ナンバー事業者向けのアルコールチェックサービス申し込みを開始しています。

車載器タイプ

料金

主な機能

ドライブレコーダータイプ

月額2000円/台

ヒヤリハットマップの作成

位置情報の共有等

DRIVE CHART(株式会社Mobility Technology)

引用元:DRIVE CHART公式Webサイト

AIを搭載したドライブレコーダーになります。わき見運転や信号無視などのリスク運転について、映像をリアルタイムで警告できる機能が搭載しています。

これによって、効率的にドライバーの安全運転を指南できます。カスタマーサポートも充実しているため、導入後も安心して運用できます。

車載器タイプ

料金

主な機能

ドライブレコーダータイプ

要問合せ

AI機能

クラウドとの連携

自動日報作成等

Vehicle Manager(NTTコミュニケーションズ株式会社)

 

Vehicle Managerは、OBD- IIポートタイプのシステムになります。車載器で各種運行情報を取得し、情報を共有します。通信機能やGPS機能を内蔵した小型車載器を設置することで運行日報や運転傾向分析、車両稼働実績などをWebアプリケーション上で管理できます。

主な特徴としては、車載器をワンタッチで設置できることや、安価な累積コストで済むことが挙げられます。

車載器タイプ

料金

主な機能

OBD- IIポートタイプ

月額1500円/台

自動日報作成

各種運行情報の共有

安全運転サポート等

Loogia(株式会社オプティマインド)

 

Loogiaは、動態管理も可能なクラウド型配送ルート最適化アプリです。

ドライバーアプリを利用することでリアルタイムにドライバーの管理ができるため、配送ルート作成時の効率化と合わせて動態管理をしたいと考えている企業の選択肢となります。

車載器タイプ

料金

主な機能

アプリタイプ

要問合せ

位置情報の共有

AI機能

配送ルート作成等

KITARO(株式会社アクシス)

 

KITAROは、OBD- IIタイプのアダプタ型、デジタコ搭載型、ドライブレコーダー搭載型から選べる動態管理システムになります。

位置情報や走行履歴の管理のほかに、危険運転管理や日報の自動作成、安全運転サポートなどが充実しています。スマートフォンアプリと連携することで、より多くの機能を享受できます。

車載器タイプ

料金

主な機能

OBD- II ポートタイプ

月額2800円/台

日報作成

安全運転サポート

スマートフォン連携等

ロジこんぱすLite(株式会社システック)

 

ロジこんぱすLiteは、OBD- IIポート型の動態管理システムで、現在位置や走行軌跡、速度超過などをGPSを用いてリアルタイムに把握できます。

また、そのほかにも運転日報や月報の自動作成機能、運転成績表など、多くのオプションを選択することもできます。

車載器タイプ

料金

主な機能

OBD-II ポートタイプ

要問合せ

位置情報の共有

自動日報作成

運転記録機能等

まとめ

今回は、「おすすめの動態管理システム」について解説してきました。動態管理システムの選び方やポイントについておさらいしてみましょう。

動態管理システムのメリット

  1. 事故発生を低減できる
  2. 発送指示を効率化できる
  3. 従業員の負担を効率化できる
  4. 無駄なコストを削減できる
  5. 従業員の健康管理ができる

動態管理システムの選び方

目的で選ぶ

  1. 事故を減らしたい
  2. 運行日報作成の手間を減らしたい
  3. 配送効率をアップしたい

車載器で選ぶ

  1. OBD- II ポート型
  2. ドライブレコーダー型
  3. アプリ型
  4. その他

動態管理システムは、自社の目的に応じて選んでいくことが重要と言えます。

深く検討した上で導入すれば大幅な業務の効率化やコストの削減にも繋げられるため、今回紹介したポイントや選び方を参考にしながら自社にあったシステムを選んでみてください。

おすすめの記事