顧客管理ツールで実現できること
顧客情報の管理やアプローチを効率的に行うことが可能。
顧客と良好な関係を長期的に築くことで顧客生涯価値の向上・管理業務の効率化を実現。

営業・顧客管理ツールのサービス一覧

◆ Thumva BIZ
店舗での相談窓口をオンライン化し、売上・対応品質の向上をサポート!
  • 店舗のオンライン接客を実現するオンライン接客ツール
  • 要望を応えられるように受付タイプを4種類ご用意
  • 機能が豊富で売上アップ、品質向上を目指せる
◆ どこでもSHOWBY
1対1に特化したオンライン商談ツール
  • オンライン商談に必須の機能が充実!
  • 「バーチャルエントランス」を標準機能として搭載!
  • インストール不要で、TPOに応じて接続方法を使い分け!
◆ Sansan
法人向け名刺管理サービス
  • 帝国データバンクが提供する、最新の企業情報を標準搭載!
  • 人や企業のつながり、メールや商談の履歴など、あらゆる接点情報をデータ化し活用が可能!
  • SFAやCRM、MAをはじめとする複数のシステムと連携!
  • 企業の人事異動情報や最新ニュースなどから顧客の動きをタイムリーに把握、接点情報を分析して営業戦略に活用!
◆ エバーオートメーション
安価なコストで導入できる自動電話対応システム
  • 初期費用&システム利用料0円で手軽に始められる!
  • 最大10,000件/時間の発信が可能(※100ch設定)
  • SMS連動型の為、お客様の返答率が高い!
◆ UPWARD
営業力を強化し、売上を伸ばすDXサービス
  • 営業組織が強化される
  • 面倒な事務作業が不要で業務効率UP!
  • クラウドなのでどこからでも入力・確認ができる

製品選びにお困りの方!

ツール選びのサポートをさせて頂きます!

ツール選びに迷っている方は、「ミツモルコンシェルジュ」にご相談下さい。
第三者目線で、貴社の課題解決に最適なサービスをご紹介させて頂きます。

顧客管理ツールとは

1.顧客管理ツールの主な機能

  • 顧客情報を管理
    顧客の様々な情報を一つのソフトで管理する事が可能です。
  • 営業支援(SFA)
    既存顧客の管理も非常に大事です。
    電話、メールの受付や顧客のステータスなどを管理する機能です
  • 顧客サポート機能
    ソフトによっては、SFA機能が備わっているソフトがあります。
    商談やメールなど営業活動管理機能、日報管理やスケジュール共有、
    売上予測機能や在庫管理機などの機能が備わっていることで分析も可能になります。
  • マーケティング支援
    ソフトによっては、マーケティングの支援機能があります。
    キャンペーン管理機能や一括メール配信機能やソーシャルメディア連携機能などです。

2.顧客管理ツールの導入メリット

  1. 顧客情報の一元管理できる
    顧客管理ソフトを導入すると、これまで様々なツールで行っていた顧客情報の管理を一つのソフトで管理できます。
    また、まとめた顧客情報をもとに、詳細な分析をすることが可能になり工数が減少します。
  2. リアルタイムで情報を確認出来る
    顧客管理ソフトを導入することで、従業員の業務効率化や生産性向上につながります。
    顧客情報が集約させれることにより、案件ごとのステータスや進捗をリアルタイムで確認ができ、
    これまで情報共有や内容の把握に多くの時間がかかっていた業務を省くことが出来ます。
  3. 顧客の満足度上昇につながる
    顧客管理ソフト利用は企業側だけではなく、顧客側に対してもメリットがあります。
    今までは、画一的な顧客管理が一般的でしたが、顧客管理ソフトの利用によって、顧客ごとに最適な管理が可能になります。それにより、顧客目線でアプローチが行えるようになり、顧客満足度の向上に繋がります。

3.顧客管理ツール導入時の注意点

  1. 導入に時間と費用がかかる
    顧客管理ソフトで満足のいく情報を集めるには、どうしても時間がかかってしまいます。
    「導入してもメリットがでない」「新規顧客に対しては効果が薄い」と感じるかもしれません。
    さらに、費用も発生する為多くの企業が断念していく傾向にあります。
    しかし、顧客情報が蓄積されていけば効率的なアプローチや一元管理が出来るため有用性が高くなるでしょう。

4.顧客管理ツール導入時に比較するべきポイント

  1. 組織内での課題を解決できるか
    顧客管理ソフトを導入する際には、事前に組織内の課題や導入目的を明確にしておくことが非常に大切です。
  2. かかるコストが負担にならないか
    業務効率や生産性が高まるからといって、導入によって想定できるコストに対して費用対効果が見合わない結果となってしまっては、企業にメリットはありません。
    顧客管理ソフトは機能もサービスの内容も様々です。
    問題解決のために必要不可欠な機能やサービス面とコストとのバランスを見極めて、導入する事が大事です。
  3. 使うのは簡単か
    顧客管理ソフトを検討する上で大事な項目なのが、「誰でも簡単に使えるか」ということです。
    基本的に、導入する方はもちろんそれ以外の方が使う事もあります。
    実際に導入してもツールを使う者に「使いにくい」、「見にくい」と思われてしまうと、
    定着しなかったり、従業員の負担になってしまいます。
  4. 他のシステムとの連携は可能か
    導入する顧客管理ソフトによっては、自社内で利用しているシステムと連携させることでより利便性が向上したり、効率化につながります。
    しかし、ソフトによっては現在利用している機能と連携できないこともあるので、事前に確認する事が必要です。
  5. 導入前後のサポート体制
    システム側からの手厚いサポートが期待できるかどうかもポイントです。
    そのほかにも、対応時間や電話連絡が可能かなど様々な面でチェックしておきましょう。

掲載について

ツール選びのサポートをさせて頂きます!

ツール選びに迷っている方は、「ミツモルコンシェルジュ」にご相談下さい。
第三者目線で、貴社の課題解決に最適なサービスをご紹介させて頂きます。

「ミツモル」に貴社のサービスを掲載しませんか?
サービスの掲載を通じて、認知度の向上・見込み客の獲得のサポートをさせていただきます。
掲載につきまして初期費用や固定費は頂かず、お見積り依頼時に料金が発生する完全成果報酬型となっております。

営業・顧客管理関連の記事一覧