アウトソーシングで実現できること
業務の一部を外部の協力先に委託する事で業務を効率化し、生産性の向上やコスト削減が実現可能。

アウトソーシングのサービス一覧

◆ LIFRELLのインスタグラム運用代行
満足度の高い完全運用代行サービス
  • 経験豊富なプロがインスタグラムを運用してくれる
  • ターゲット像を明確にする
  • ユーザー目線でみたい投稿を企画
  • コンテンツ企画・投稿・分析まですべて任せられる
◆ 【カケハシ】代理店・フランチャイズ店を募集したい企業必見!
代理店募集・フランチャイズ募集専門サイト
  • 営業支援、開業支援付き!サポート体制に優れている
  • 国内エリアのみならず海外エリアにも対応している!
  • 代理店のみならずフランチャイズ、業務委託、副業にも対応している!

製品選びにお困りの方!

ツール選びのサポートをさせて頂きます!

ツール選びに迷っている方は、「ミツモルコンシェルジュ」にご相談下さい。
第三者目線で、貴社の課題解決に最適なサービスをご紹介させて頂きます。

アウトソーシングとは

1.アウトソーシングの種類

アウトソーシングは業務内容によって「BPO」「ITO」「KPO」の3つの種類に分類されます。

  1. 「BPO」
    BPOとは、企業や組織がコア業務に資源を集中するために一部業務を外部に委託することです。
    人材派遣や外部人材活用と異なり、各部門の定型的な業務の運営を外部に委託することです。
    業務を担う人材の採用・教育も専門的なノウハウを持つ外部企業に任せることで、企業は自社のコア業務に専念でき、より高度な業務に集中する事ができます。
  2. 「ITO」
    ITOとは、IT分野に関わる専門的な業務を外部に委託することです。
    近年ではクラウドサービスやIot、AIなど高度なITが必要になっている為、需要が高まっているサービスです。
  3. 「KPO」
    KPOとは、情報分析を中心とした知的業務処理を社外に委託することです。
    KPOでアウトソーシングする主な業務は、データ収集やデータの分析。
    データを扱う業務は専門性が高いので、数字に強い外部業者に委託することで、会社の売上アップになるのです。

2.アウトソーシングが必要な理由

  • 顕著な人手不足
アウトソーシングの需要が近年高まっている理由に大きく関係しているのが「慢性的な人材難」です。
少子高齢化の波が止まらない現代においては、当たり前ですが労働人口が減少しており、業種・業態を問わずにあらゆる場所で人手不足が深刻です。そのため、多くの企業では「限られた人員でおおくの業務を遂行する」ことが求められています。
営業活動や主要な生産業務などコア業務を進めるために、それ以外の業務をアウトソーシングし、コア業務へと人材を集中させる戦略が必要になってます。

3.アウトソーシングの導入メリット

  1. コア事業を強化して競争力を強化する
    企業が他社との競争力を強化するためには、独自のノウハウやスキルなど、顧客が競合を上回る優位性を提供する必要があります。
    その為には、新たなサービスの開発や成長などが必要ですが、そのためには社内のリソースを集中させてコストを割いていく必要がありますが、
    一から人材を採用して育成するとなると多くの時間やコストがかかることになります。
    そのため、コア業務以外は、アウトソーシングして社員のリソースをコア業務に一点集中させることで競争力を高めることができます。
  2. 業務の処理速度と品質が大幅にアップする
    以前に比べて、アウトソーシングをしたことで、業務の処理速度が上がり、品質も高まったという話しをよく耳にします。アウトソーシング業者は、すでに専門分野に関する多くの知見があり、さまざまな技術や最新のノウハウを身に付けています。
    業者内の競争力を維持するために、常に最新の知識を追跡しています。そのため、専門業者はより短期間で効率良く対応できるのです。また、専門業者はさまざまなクライアントから業務を委託されているので、より効率的に業務処理の手法を取り入れていることが多いのです。
  3. 業務効率化や組織の肥大化を阻止
    業務をアウトソーシングする委託先企業(アウトソーサー)は、その業務において専門的なノウハウを持っています。
    そのため自社ですべての業務を内製化するよりも、専門の企業に一部業務をアウトソースすることで、業務の品質向上やコスト削減を目指すことができます。
    また一部の業務をアウトソースすることで、事業拡大に伴い組織が肥大化するのを防ぐメリットもあります。
  4. コスト削減
    アウトソーシングをすることにより、従業員にかかる人的コストについても削減する事が可能です。
    それにより社員の配置に関する自由度が上がり、資産を有効に使う事が可能です。

4.アウトソーシング導入時の注意点

  1. 社内にノウハウが蓄積されない
    業務をアウトソースすると、社員がその業務に関する経験値を高めることができないため、社内ではノウハウが蓄積できません。その為、継続的にアウトソースする前提で検討するようにしましょう。
  2. 情報漏洩につながるリスクがある
    多くの業務では、個人情報を取り扱う業務や社外秘の情報を取り扱う業務をアウトソースする際には
    外部に漏洩してしまうリスクも事前に考慮しなければなりません。
    業務をアウトソースする場合には、業者の信頼性について良く調べる事をお勧めします。

5.アウトソーシング導入時に比較するべきポイント

  1. 委託業務が委託先の専門分野かどうか
    複数ある企業の中から、自社の課題に適した企業を選ぶ必要があります。
    各企業の持つ強みと自社の解決したい課題が合うのかどうか、ノウハウやアプローチ方法において現実性のある提案を受けられるのかどうかなどが選定ポイントと言えるでしょう。
  2. 導入実績
    委託したい業務が業界固有のものである場合には、その業界での運用実績がある方が信頼性は高いでしょう。
    一般の企業にはない固有業務の実績があれば、ノウハウがある分より良い提案や業務改善を期待することができます。
  3. コンプライアンス・セキュリティ体制
    業務によって、個人情報や機密情報の取り扱いが必要となります。
    その場合、コンプライアンスやセキュリティ体制が万全かは当然確認しておかなければなりません。
    例えば、ISMS認証のような認証第三者機関から取得済みの企業であれば信頼性は高いと言えます。
  4. 費用はどうか
    見積りが適正な金額であるかを見極める必要があります。
    委託業務量と費用が見合っているかどうかを見極めなくては、かえって効率が低下する可能性を招きかねないからです。

掲載について

ツール選びのサポートをさせて頂きます!

ツール選びに迷っている方は、「ミツモルコンシェルジュ」にご相談下さい。
第三者目線で、貴社の課題解決に最適なサービスをご紹介させて頂きます。

「ミツモル」に貴社のサービスを掲載しませんか?
サービスの掲載を通じて、認知度の向上・見込み客の獲得のサポートをさせていただきます。
掲載につきまして初期費用や固定費は頂かず、お見積り依頼時に料金が発生する完全成果報酬型となっております。

アウトソーシングの記事一覧