厚生労働省から2021年4月に施行された令和3年度介護報酬改定における改定事項について内で、
2024年から介護業でのBCP策定が義務づけられました。

 

BCP対策製品で実現できること
様々な緊急事態に遭遇する事を想定して事業継続のために対策を講じることで、緊急時の早急な復旧が実現可能。

BCP対策製品のサービス一覧

◆ パワーゲートジャパン/蓄電池
7,000Wの大容量可搬式蓄電池
  • 企業のBCP対策に役立ちます
  • 企業価値の向上につながります
  • 停電対策以外にも活用できます
◆ e安否
安否確認システム運営11周年!
  • GPSで位置情報が確認できる!
  • 細かい料金設定で無駄なく使える!
  • 10年以上のノウハウを生かした的確なサポートも魅力!
◆ セコム安否確認サービス
セコム安否確認サービスは導入実績国内No.1
  • セキュリティ事業で培った豊富なノウハウ
  • 24時間365日のサポート体制がある
  • セコム安否確認サービスは導入実績国内No.1
◆ 安否コール
1200社以上が導入する安否確認システム!
  • ID・パスワードが不要なので管理がラクラク!
  • 直感的に使える画面デザインで誰でも使いやすい!
  • 3.11でも問題なく稼動した、安心の実績。
◆ トヨクモ安否確認サービス2
無料のお試しプランあり!
  • 無料のスマートフォン専用安否確認アプリ
  • キャンぺーン適用で導入費用を抑えられる
  • ショップにはない特別プランが適用可能!
 

製品選びにお困りの方!

ツール選びのサポートをさせて頂きます!

ツール選びに迷っている方は、「ミツモルコンシェルジュ」にご相談下さい。
第三者目線で、貴社の課題解決に最適なサービスをご紹介させて頂きます。

BCP対策製品とは

BCP(Business Continuity Plan)とは、企業が自然災害やテロなどの緊急事態に直面した際に事業を継続したり復旧を迅速に行えるように対策を講じることが目的です。
分かりやすくいうと、問題が起きた時に事業を中断させないための計画です。
近年発生した大震災や感染症などで、BCPを作成しているか否かで企業の復旧率に大きな差が出たこともあり、BCP対策ソリューションを導入する企業が急激に増えています。
復旧のためのデータバックアップやデータレプリケーション、災害時の社員の安否確認、自宅からでも仕事ができる環境を提供するリモートアクセスなどが、BCP対策を支援するBCP対策ソリューションです。

1.BCP対策製品の重要性

  • BCP対策がないとどうなるのか
    BCP対策の導入を義務付けている法律や条例はありません。
    しかし、大きな災害などの非常事態への対策がないと、業務が長期間停止し続けることになります。
    そうすると自社だけでなく、取引先や顧客に影響を及ぼすことになるでしょう
    その事が原因で事業の縮小を余儀なくされたり、復旧できずに倒産してしまうケースも存在します。
  • BCP対策はどのような企業で必要になるのか
    すべての企業において策定する事をおすすめします。
    BCP対策というと大企業のみが行うべきものと考えるかもしれません。
    ですが、実際には大企業が事業を継続させるためには、中小企業の存在が必要不可欠です。
    その為、大企業からすると中小企業が「BCP対策を策定している企業でなければ取引を行わないという」ことも実際にあります。
    やはり災害発生時に少しでも自社の損失を減らすためには、自社のみではなく取引先の事業継続性を重視することが必要だからでしょう。

2.BCP対策製品の導入メリット

  1. 緊急事態発生時にスムーズな普及が可能になる
    やはり、どんな企業でも一定のリスクは想定出来るはずです。
    その想定するリスクに対して、事前に対策が出来ているのか、そうでないのかでは大きく変わります。
    マニュアルがあれば、有事にすぐに対応出来ることは最大のメリットといえます。
    事業を早期復旧することで、企業の経営面で被害を最小限にとどめることが可能になるでしょう。
  2. コア業務や普及の優先度が可視化できる
    BCPを策定する過程で、まずは企業にとってどの業務・事業を優先して復旧させるかを策定する必要があります。
    自社にとって最も優先すべきコアとなる業務を把握することで、有事の際の対策だけではなく、普段見えない部分が可視化され経営戦略の見直しにつながるでしょう。
  3. 取引先企業からの信頼性向上になる
    もし、災害やテロに直面し、事業継続が困難になった場合には自社はもちろんのこと取引先の企業にまで影響が及ぶことは容易に想像できると思います。
    その為、一部企業では「BCP対策」を講じていない企業との取引を行わない企業もあります。
    BCO対策が整っている企業は、対外的に見ても信頼性の向上につながることも大きなメリットになるでしょう。

3.BCP対策製品導入時の注意点

  1. 策定するのにかかる費用
    策定方法によって異なりますが、自社で行う場合は策定担当の人件費が外部に委託する場合には+コンサルティング費用など一定の策定費用が発生します。
    策定作業は、あくまでも準備の作業で実際に有事が起きた時に社員が迅速な対応がとれるよう、落とし込む時間や費用が発生します。さらに、かかる費用はコストに対して利益はありません。
    その為、策定にかかる費用を確保することから課題になります。

掲載について

ツール選びのサポートをさせて頂きます!

ツール選びに迷っている方は、「ミツモルコンシェルジュ」にご相談下さい。
第三者目線で、貴社の課題解決に最適なサービスをご紹介させて頂きます。

「ミツモル」に貴社のサービスを掲載しませんか?
サービスの掲載を通じて、認知度の向上・見込み客の獲得のサポートをさせていただきます。
掲載につきまして初期費用や固定費は頂かず、お見積り依頼時に料金が発生する完全成果報酬型となっております。

BCP策定・BCP商品の記事一覧