法人WiFiの選び方と導入メリットや注意点とは?

インターネット普及によりワークスタイルの多様化が進む中、オフィスの快適なWiFi環境は不可欠となっています。

法人向けWiFiの特徴は、LANケーブルの配線に縛られずに自由にワークスペースを確保できるため、固定回線と比べて、導入しやすい利点があります。

本記事では、オフィスで活用できる法人向けWiFiの選び方と利用した場合のメリット・注意点など、導入する際にヒントとなる内容を解説します。

法人向けWiFiとは

オフィスでネット環境を整備する方法には、法人向けWiFiと光回線が主流となる固定回線があります。

法人向けWiFiには、持ち運び自由なポケットWiFiとオフィス設置型のホームルーター(置くだけWiFi)などがあり、設置に手間がかからない据え置き型のホームルーター(置くだけWiFi)は、簡単で時間もかからず導入できるため、広く利用されています。

法人向けWiFiは、家庭向けと異なり接続できる台数が多いため、オフィスでデバイス台数が増えても安定して速いスピードで利用することができます。

  • 固定回線:オフィス内にLANケーブルを直接引き込み、光回線などでインターネットが利用できるようになる接続方式です。通信環境が安定してストレスなく利用できます。ただし、利用する際はケーブルを引き込む回線工事が必要となるため、初期費用と設置するまでの時間が必要です。
  • ホームルーター(置くだけWiFi):法人向けWiFiとして利用できるホームルーター(置くだけWiFi)は、コンセントをさすだけでインターネットが利用できる接続方式です。無線でインターネットに接続が可能なため、回線工事は不要です。オフィスで気軽にネット環境を整えたい場合に便利なタイプです。

法人向けWiFiの選び方

では、オフィスのネット環境を整えるために、法人向けWiFiを選ぶ際の3つのポイントについて解説していきましょう。

レンタル契約または年間契約で選ぶ

法人向けWiFiを利用するときは、まずはじめに「レンタル契約」または「年間契約」か選びましょう。

契約の選び方の目安は、利用期間と目的です。

例えば、利用期間が1年くらいになる場合は年間契約の方がおすすめです。

一方、短期間で利用する場合は、1日か?1ヶ月以上か?どのくらいの利用期間かによって割高になってしまうこともあります。

選ぶ契約によってメリットがデメリットになってしまう場合もありますので、適切な契約タイプを選ぶようにしましょう。

  • レンタル契約:1日〜1ヶ月単位でレンタル契約できるサービスです。短期間のレンタルWiFiの利用は、安い料金と返却が簡単であるメリットがあります。
  • 年間契約:月額、または年額で契約できるサービスです。年間契約では、縛り期間のあるサービスと無いサービスがありますので、必要となる利用期間を想定して契約をすると良いでしょう。

    回線の種類で選ぶ

    有線タイプのインターネット回線の種類には、光回線・ADSL・CATV・ISDNがあります。

    無線タイプのインターネット回線の種類には、5G、4GLTE、WiMAXなどがあります。LTEは無線を利用したスマートフォンや携帯電話用の通信規格で、広い地域まで通信をカバーするメリットがあります。

    ポケットWiFiを取り扱うWiMAXは、光回線と異なり回線開通工事が必要ないため利用がすぐに開始できるメリットがあります。

    移動通信システムの第5世代である5Gは、4Gや4GLTE よりもスピードが速く、次世代の通信インフラとしてDX推進の観点からも注目されている通信の種類です。

    回線の種類は、利用目的や設置環境に合わせて選びましょう。

    通信データ量と回線速度で選ぶ

    法人向けWiFiでは、月間通信データ量の制限があるタイプと、無制限のタイプがあるため、利用する容量を見積もってから選ぶようにしましょう。

    ネット回線の通信制限については、法人向けの場合、無制限サービスもあります。

    会社で利用する際に業務上支障がないようになっているものもあるので、導入する際は確認すると良いでしょう。

    また制限ありのタイプの場合、通信データ量の制限を超えて利用すると回線速度に影響を及ぼすため、法人向けWiFiを導入する際は、利用できる通信データ量と回線速度について確認が必要です。

    法人向けWiFiのメリット

    法人向けWiFiを導入した場合のメリットについて解説します。

    法人向けWiFiは固定回線と比較してリーズナブルに導入することができます。

    使用開始がすぐできる

    法人向けWiFiは、初期工事が必要ないので、機器到着後すぐに使用開始できます。

    そもそもWiFiには、オフィスに据え置くタイプのホームルーター(置くだけWiFi)やポケットWiFiがあります。

    主な違いとして、ホームルーター(置くだけWiFi)はコンセントにさすだけなので、導入が簡単です。

    ポケットWiFiは、持ち運びの自由さが特徴で、外回りが多い場合等に重宝します。

    導入コストがかからない

    固定回線では初めに工事費用がかかりますが、法人向けWiFiの場合は初期工事が必要なしで導入できます。

    つまり、低コストで利用開始できるメリットがあります。

    LANケーブルが不要

    有線のLANケーブルが必要ないため、オフィス環境がスリムに設定できて、レイアウトの自由度が高くなります。

    社員の人数に合わせてデバイスを増やしたりする際に、レイアウトの変更もしやすくなります。

    法人向けWiFi導入の注意点

    法人向けWiFiを導入した場合の注意点について解説します。

    セキュリティリスクが高くなる

    無線LANの場合、電波の届く範囲であれば第三者に情報が漏れてしまうケースもありえます。

    また、パスワードを第三者が取得してしまった場合、不正にアクセスされて企業データの流出や悪質な行為に巻き込まれる可能性もあります。

    法人向けWiFiでのセキュリティ対策では、通信データの暗号化・端末認証・アプリケーション制御・ゲストWiFiなど、第三者からのアクセスを遮断する対策が必要です。

    通信が安定しない場合もある

    法人向けWiFiを使用している周辺の環境によって電波が不安定になるケースもあるため、通信状況によっては利用がしにくいことも想定することが必要です。

    また異変を感じた際は、WiFiルーターの不具合や故障をチェックすることや、パソコンの設定のチェック、またはパソコン機器の故障など、確認しながら利用環境を整えることが必要です。

    オフィス据え置き型ホームルーター(置くだけWiFi)

    オフィスに設置できるタイプのホームルーター(置くだけWiFi)は、コンセントに繋いで使う、据え置き型タイプの法人向けWiFiです。

    ホームルーター(置くだけWiFi)のメリットは、回線工事がいらないことです。

    ルーターを設置するだけですぐに利用開始できるため、電源をつけて初期設定すれば、即WiFiが使用できる環境を整えることが可能です。

    モバイル型WiFiルーターよりも通信が安定しており、同時接続できるデバイス数も多く対応することができます。

    また、オフィス移転の際も手間のかかる作業が無く、移転先でコンセントをさすだけで利用開始ができます。

    まとめ

    法人向けWiFiについて解説しました。

    法人向けWiFiは固定回線と比較して、初期費用がかからず簡単に設置できるメリットがあります。

    また、オフィス内に据え置きするタイプのホームルーター(置くだけWiFi)は、コンセントにさすだけですぐに利用できるため、ネット環境を最短で整備できます。

    なお、オフィスで新しくホームルータ―購入を検討されている方は、導入が早くて安くて、高速・大容量通信の5G対応の「BizAir」がおすすめです。

    BizAirが気になる方はこちらからご確認ください。

    初月利用料・初期費用・工事費用がトリプル0円キャンペーン中

    おすすめの記事